韓国旅行|「弱体」Disney+ →「後発」Coupang Playは笑った…反転OTT戦争♪

韓国旅行|「弱体」Disney+ →「後発」Coupang Playは笑った…反転OTT戦争♪







2023年OTT業界はまさに戦争でした。昨年OTTで公開された数十編のコンテンツのうち、一部の作品は好評を得ましたが、期待を集めた他の作品は意外な酷評を受けたりもしました。これに対して誰かは笑いましたが、誰かは物足りなさの涙を飲み込まなければならなかったのです。

NETFLIXは昨年第1四半期「ザ·グローリー」で利益を得ました。一昨年12月30日公開のパート1に続き、昨年3月10日パート2まで公開された「ザ·グローリー」は幼年時代の暴力で魂まで壊れた一人の女性が一生をかけて緻密に準備した凄絶な復讐とその渦に陥る人々の話を描いたドラマ。

NETFLIXが先月12日に発表した視聴現況報告書によれば「ザ·グローリー」パート1は昨年上半期に全世界で6億2280万時間視聴され全世界視聴時間順位3位に上がるほど全世界的に興行に成功しました。











国内でも「ザ·グローリー」に向けた関心は爆発的でした。ソン·ヘギョ(ムン·ドンウン)の大胆な変身、イム·ジヨン(パク·ヨンジン)の悪党演技に対する良い評価が続き、2人は第59回百想芸術大賞、第2回青龍シリーズアワードなど昨年開かれた授賞式の主人公になりました。

「「私の地獄へようこそ、ヨンジン」「私、今すごく楽しい」などドラマのセリフも流行語として拡散しました。

しかし、NETFLIXの栄光はここまででした。 以後、成績が芳しくありません。 特に昨年下半期「D.P.」と「スイートホーム」、「毒戦」など成功を収めた作品のシーズン2を相次いで公開しましたが、良い成果を出せませんでした。

いずれも前作の面白さと完成度に及ばなかったという酷評を受けなければなりませんでした。

この他にも「配達人」、「ブラッドハウンド」、「セレブリティ」、「マスクガール」、「いつかの君に」、「盗賊:刀の音」をはじめ、映画「キル·ボクスン」、「バレリーナ」など多くの作品を出しましたが、『ザ·グローリー』に匹敵する興行を記録することはできませんでした。

先月22日に公開された「京城クリーチャー」Part.1も好き嫌いが分かれている状況です。












NETFLIXが停滞している間に食い込んだのはDisney+です。

「カジノ」の他にこれといった作品を出せなかったDisney+は昨年上半期までは韓国市場撤退説が出回るほど国内で定着できなかった状態でした。

ですが、8月に「ムービング」を公開し存在感を表わしました。「ムービング」は超能力を隠したまま現在を生きていく子供たちと過去の痛い秘密を隠したまま生きてきた両親が時代と世代を越えて迫る巨大な危険に共に立ち向かう超能力アクションヒーロー物。

ハイティーンロマンスで始まり、アクション、メロ、ノワールなど多様なジャンルを洗練して解きながら、同時に巨大な世界観まできめ細かく連結したという好評が続きました。

その結果、Disney++アジア太平洋地域および米Huluで国内サービス作の中で最多視聴時間を記録し、最終話は公開初週対比3倍以上視聴時間を記録しました。

ウォルト·ディズニーのボブ·アイガー最高経営責任者(CEO)は11月の業績発表で、この作品について「第4四半期の新規加入者(700万人)確保に貢献した主要タイトルの一つ」と述べたほどです。

米国大衆文化マガジンVarietyも「「イカゲーム」(2021)に続きアジアで誕生したヒット作」と評価しました。













同時期の在来OTTには変化の風が吹きました。 先立って8月、Coupang Playが月MAU(月間活性利用者数)562万5295人を記録し、同期間MAU539万8255人を記録したTVINGを抜いて国内OTT1位の座に上がったのです。

11月まで着実にトップの座を守ったCoupang Playは「少年時代」でも成功を収めました。

「少年時代」は1989年忠清南道、殴られず生きていくことが生涯の目標である一人ぼっちのビョンテ(イム・シワン)がある日、扶餘(プヨ)郡のイルチャン(一番喧嘩が強い人)と誤解されることで繰り広げられるストーリーを描くドラマです。

公開以後、5週間連続でCoupang Play人気作1位をはじめ、初週対比全体視聴量2914%垂直上昇、NAVER「多く訪れるドラマ」1位、本編ハイライトYouTUbe人気急上昇動画1位など数多くの記録を達成しました。

コミカルな素材をうまく生かしたという評価が続き、中毒性のある忠清道方言まで視聴者の間で話題になりました。












一方、TVINGはCoupang Playに押され、8月以降、国内OTT2位にとどまっています。TVINGは昨年「アイルランド」「放課後戦争活動」「残酷なインターン」等を出しましたが反響を起こすことができませんでした。

それでも「運の良い日」と「もうすぐ死にます」がある程度関心を受けました。しかし、会社の赤字状態を解決するにはコンテンツの成功は微々たるものでした。実際、昨年第3四半期のTVINGの営業損失は312億ウォンに達しています。

結局、TVINGはwavveとの合併を推進する方式で活路開拓に乗り出しました。wavveも昨年「パク·ハギョン旅行記」と「取引」を公開したものの、低調な成績を出した状況です。

CJ ENMとSKスクエアは自社のOTTサービスであるTVINGとwavveの合併のための了解覚書(MOU)を先月4日締結しました。

合併が実現すれば、国内最大のOTTが誕生するものと予想され 、グローバルOTTの独走を牽制できるという肯定的な展望も出ています。

ただ、持分構造が複雑で公正取引委員会の企業結合審査などが残っているだけに、まだまだ先は遠いというのが現実。

二つのOTTプラットフォームの結合議論が国内OTT市場の版図にどのような変化をもたらすか関心が集まっています。



ひとこと


海外OTTに飲み込まれることを防ぐために合併が模索されていたとは…視聴者にとってはそれぞれに料金を支払わないで済むのでウエルカムだと思いますが、OTTの今後を占う上で大きな賭けになりそうですね♪


✳︎写真はNETFLIX,Disney+,CoupangPlay,TVINGより記事はnews.mtn.soからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«