韓国旅行|『シュルプ』から『財閥家の末息子』まで…2022 K話題作、”英語のタイトル”を調べてみると…♪

韓国旅行|『シュルプ』から『財閥家の末息子』まで…2022 K話題作、”英語のタイトル”を調べてみると…♪






「イカゲーム」の大成功以後、Kドラマは全世界の人々が愛するコンテンツとして浮上しました。 OTTが新しいコンテンツ消費窓口として位置づけられ、今はNETFLIX、Disney+、AppleTVなどグローバルOTTを通じて全世界の人々がKドラマを一緒に見ます。

今年も世界各地でまさに熱く愛されたKドラマです。 最近話題の中で幕を閉じた「財閥家の末息子」をはじめ、夏をより一層熱くした「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」とフュージョン時代劇で話題を集めた「シュルプ」まで。

2022年を輝かせたKドラマは、どんな英語タイトルでグローバルファンに届いたのかを見てみました。



#ウ・ヨンウ弁護士は天才肌は
「Extraordinary Attorney Woo」です!






この夏、一番熱く愛されたドラマを挙げると「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」が欠かせません。

ENAチャンネルの認知度を大幅に高めたこの作品はNETFLIXでサービスされ、非英語圏テレビ部門のグローバルトップ10になんと21週間もランクインしました。

「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」の英語タイトルは「非凡な弁護士ウ」です。「変だ」と言えばよく「Strange」を思い浮かべますが、この単語が持っている否定的なニュアンスを避けるために「非凡だ」という意味の「Extraordinary」を使った点が目を引きます。

前から読んでも後ろから読んでも同じ「ウ·ヨンウ」という名前は苗字だけを取って「Woo」と単純に表現されました。




#流れ星ですが…
「Sh**ting Stars」






空の星のようなスターを輝かせるために後ろから血、汗、涙を流すスタッフの話を盛り込んで話題と共感を呼び起こしたドラマ「流れ星」もやはり世界各国で愛されました。

「流れ星」の英語タイトルは「Sh**ting Stars」で辞書的意味の「流れ星」と意味が合っています。

ただ、真ん中にアルファベット「O」の代わりに「星印」(*)を使ってテレビの中のスターという意味を込めています。 この星印は、よく悪口に挿入される記号でもあります。

そのため、「シューティング」という単語が妙に「うんち」を意味する「Shit」に見えることもあり、これは「星のうんちを片付ける星の人々」という韓国語タイトルの含意を生かしたものといえます。




#シュルプは「Under the Queen’s Umbrella」
王妃の傘の下です!






Kコンテンツオンライン競争力調査で数週間ドラマ部門の話題性1位の座を守った「シュルプ」はフュージョン時代劇で、韓国の伝統文化に関心を示す海外視聴者の間で人気を集めました。

「シュルプ」は傘の古語です。 王室の悩みの種であるトラブルメーカーの王子たちを皇太子にしなければならない王妃(キム·ヘス)の孤軍奮闘記が描かれています。

「シュルプ」の英語タイトルは「王妃の傘の下」である「Under the Queen’s Umbrela」です。

王子たちが起こすあらゆる事件·事故を防ぎ歩き回る中前の話を盛り込んだという感じがタイトルから感じられます。




#「転生」に焦点を合わせた「財閥家の末息子」は「Reborn Rich」





ソン·ジュンギという大型韓流スターを筆頭にした「財閥の末息子」もやはり世界各地に広がっていきました。

この作品はNETFLIX、Disney+だけでなく、アジアで強力な影響力を誇るOTTビューViuでもサービスされ、それこそ世界各地の視聴者に会いました。

Viwは作品の大きな話題性に支えられ、ソン·ジュンギのアジア記者会見をシンガポールで行ったこともあります。








「財閥家の末息子」は国内屈指の大企業であるスンヤングループに高卒特別採用として入社したユン·ヒョヌが殺害危機をむかえた以後、スンヤングループの末孫として生まれ変わって起きる話を扱った作品。

ユン·ヒョヌが新しく得た地位を強調した韓国語タイトル「財閥の末息子」とは異なり、英語タイトルでは「生まれ変わった」という部分に集中しました。

財閥の末息子」の英語タイトルは「金持ちに生まれ変わる」という意味の「Reborn Rich」で、「転生」と「金持ち」という2つの意味をすべて盛り込みました。



ひとこと


英語のタイトルはドラマ全体を深く理解した上でかなり練られて作られていることがわかり興味深いです。色々なドラマの英語タイトルを見に行ってみたくなりますね♪


✳︎写真はNETFLIX,jtbc他より記事はedaily.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«