韓国旅行|【イ·ジョンジェ – コン·ユ – パク·ボゴム – ソン·ジュンギ – キム·ソンホetc..】すでにわくわくするOTT期待作♪

韓国旅行|【イ·ジョンジェ – コン·ユ – パク·ボゴム – ソン·ジュンギ – キム·ソンホetc..】すでにわくわくするOTT期待作♪







2024年、新年が明けました。 甲辰年は青龍、すなわち青い龍の気運に満ちた年を指します。 エンター業界も明るく強い青龍の気運を受け、新たな期待と希望に満ちています。

経済寒波の展望の中でも好況期を迎えたKコンテンツは今年も内実のある結果物を準備しており、Kポップスターは今年もグローバルトレンドを先導し持続的な成長が期待されます。

今年一年を輝かせるスターと大衆に愛される作品も待っています。新年を迎え、エンターテインメント業界のあれこれを展望してみました。

2023年「ザ·グローリー」、「ムービング」等、よく作られたKコンテンツがOTTに乗って全世界を強打しました。

そして独歩的な影響力のNETFLIXとその後を追っているDisney+は強大な資本を土台に2024年にも強力なコンテンツを出します。

特に今年は全世界が注目する期待作であるイ·ジョンジェ、イ·ビョンホン主演の「イカゲーム2」をはじめとしてソン·ガンホ、コン·ユ、カン·ドンウォン、パク·ボゴム、アイユ、イ·ミンホ、ソン·ジュンギ、キム·ソンホ、キム·ウビンなど名前だけ聞いても錚々たる俳優たちが大挙OTTを席巻する予定だと期待を集めています。




◇最高期待作「イカゲーム2」、2024年も席巻するのか?







2024年に公開されるOTT作品の中で最高の期待作はやはり「イカゲーム2」です。 2021年に公開された「イカゲーム」はNETFLIX史上最も多くの視聴時間を記録し、全世界でシンドロームを巻き起こしました。

ソン·ギフン役のイ·ジョンジェをはじめ、イ·ビョンホン、イム·シワン、カン·ハヌル、パク·ギュヨン、パク·ソンフン、ウィ·ハジュン、ヤン·ドングン、イ·ジヌク、チェ·スンヒョン(TOP)、コン·ユなどが出演します。

具体的な公開時期は決まっていないものの、現在撮影が真っ最中の中で2024年下半期公開が有力です。











イ·ジョンジェは「イカゲーム2」と共にDisney+で公開予定の「スターウォーズ」の新シリーズ「アコライト」でも全世界の視聴者に会います。

「スターウォーズ:エピソード1-見えない危険」の100年前の話である「アコライト」は共和国時代末期を背景に銀河系の暗い秘密と新しく浮び上がるダークサイドの話を盛り込みました。

イ·ジョンジェは主人公のマスタージェダイ役を演じました。 これに対しイ·ジョンジェは最近所属事務所を通じて「2023年は撮影がとても多かった年です。 2024年にはドラマと映画でよく会えると思います。」と伝え、期待を高めました。











「イカゲーム2」に続き、NETFLIXのシーズン制シリーズも大挙公開されます。 知られている通り「スイートホーム」シーズン3は今夏に訪れ、ヨン·サンホ監督の「地獄」シーズン2もやはり期待作として取り上げられています。

wavveからNETFLIXに移ったパク·ジフン主演の「弱い英雄Class2」は撮影に突入し、「今、私たちの学校は…」シーズン2は現在オーディションを進行し製作段階に入りました。

AppleTV+はユン·ヨジョン、イ·ミンホの「パチンコ」シーズン2を公開する見通しです。 同名の小説を原作とする「パチンコ」は1900年代初め、韓国から1980年代の韓国、米国、日本までの韓国移民家族の希望と夢を描く作品で、すでに撮影を完了しています。





◇コン·ユ、ソ·ヒョンジンからパク·ボゴム、アイユまで···わくわくする期待作







NETFLIXは1月5日「京城クリーチャー」パート2を皮切りにヨン·サンホ監督が執筆した「ソンサン」で1月を埋め尽くします。

「ソンサン」は存在さえ忘れて過ごしていた叔父の死後、残されたソンサン(善山)を相続することになり不吉なことが連続し、これと関連した秘密が明らかになって起きる話で、キム·ヒョンジュとパク·ヒスン、パク·ビョンウン、リュ·ギョンスが出演します。

ソン·ソックはチェ·ウシク、イ·ヒジュンと「殺人者のパラドックス」で戻ってきます。 「殺人者のパラドックス」は偶然殺人を始めた平凡な男と彼を激しく追う刑事の話で、コマビ作家の同名人気ウェブトゥーンを原作としています。

コン·ユとソ·ヒョンジンは「トランク」で初共演します。 「トランク」は湖畔に浮かんだトランクによって明らかになり始めた秘密の結婚サービスとその中に置かれた2人の男女の奇妙な結婚物語を描いた作品で、現在撮影中です。











パク·ボゴムとアイユは「本当にお疲れ様でした」で戻ってきます。

「椿の花咲く頃」のイム·サンチュン作家と「私のおじさん」のキム·ウォンソク監督が意気投合した「本当にお疲れ様でした」は1950年代済州で生まれた「要望の反抗児」エスン(アイユ)と「八不出の鋳鉄」グァンシク(パク·ボゴム)の冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマです。

パク·ボゴムとアイユの他にイ·ジュンヨン、ムン·ソリ、パク·ヘジュン、ナ·ムニ、イ·スギョン、オ·ジョンセ、ヨム·ヘランなどが出演し、キム·ソンホも特別出演して力を加えます。

パク·ボゴムの除隊後初のドラマであり、アイユとキム·ウォンソク監督の2回目の出会いとしても期待を集めています。










イ·ビョンホン監督はリュ·スンリョン、アン·ジェホン、キム·ユジョンと手を組んで「タッカンジョン」で戻ってきます。

「タッカンジョン」はある日謎の機械に入った タッカンジョンに変わった娘ミナ(キム·ユジョン)を取り戻すための父親ソンマン(リュ·スンリョン)と彼女に片思いするペクジュン(アン·ジェホン)の孤軍奮闘を描いたコミックミステリー追跡劇です。

「リュ·スンリョン+チキン=興行」公式が今回も有効か注目が集まっています。

ハン·ジェリム監督の初シリーズ「The 8 Show」にも会えます。 8人の人物が8階に分かれた秘密の空間に閉じ込められ、時間が積もればお金を稼ぐ、甘いが危険なショーに参加して起こる話を扱った作品です。

リュ·ジュンヨル、チョン·ウヒ、パク·ジョンミン、イ·ヨルウム、パク·ヘジュン、イ·ジュヨン、ムン·ジョンヒ、ペ·ソンウが出演します。

また、キム·ユンソク、ユン·ゲサン、コ·ミンシ、イ·ジョンウン主演の「誰もいない森の中で」、ソル·ギョングとキム·ヒエの「突風」も撮影を終えて公開を待っています。




◇Disney+、TVING、Coupang Play再跳躍狙う







昨年「ムービング」と「ビジランテ」で良い成果を上げたDisney+は先に言及した「アコライト」の他にイ·ドンウクとキム·ヘジュン主演の「ア・ショップ・オブ・キラーズ」で年初を満たします。

小説「殺人者のショッピングモール」を原作とする「ア・ショップ・オブ・キラーズ」は両親を失いショッピングモールを運営する叔父の手で育った姪が叔父の突然の死以後、顧客に訃報を知らせながら繰り広げられる話を描きます。










また、ソン·ガンホの初シリーズ物である「サムシクおじさん」も上半期公開されます。

「サムシクおじさん」は混沌の1960年大韓民国、戦争中にも一日3食を必ず食べさせるというサムシクおじさん(ソン·ガンホ)と皆がよく食べて豊かに暮らす国を作ろうとしたエリート青年キム·サン(ビョン·ヨハン)が会って一緒に夢を叶えようとする熱い話を描いた作品です。

さらにキム·ハヌルとチョン·ジフンが「ファイン家のスキャンダル」でグローバル興行を狙います。

「ファイン家のスキャンダル」は大企業ファイングループの後継者と結婚し上流層の完璧な人生を夢見ていたワンス(キム·ハヌル分)がいつも自分のそばを守ってくれるボディーガードドユン(チョン·ジフン)に会い、ファイン家の秘密に向き合うことになる話です。

TVINGはアン·ジェホン、イ·ソム主演の「LTNS」で2024年に砲門を開きます。

「LTNS」は「Long Time No Sex」の略で人生に轢かれて関係まで疎遠になった夫婦がお金を稼ぐために不倫カップル脅迫に乗り出し、その過程ですでに壊れていた彼らの関係に向き合う話を盛り込んだシリーズです。










イ·ジュニョクは「秘密の森」スピンオフで戻ってきます。

「良いか悪い、ドンジェ」は「秘密の森」シリーズで憎らしいが憎めないキャラクターソ·ドンジェ(イ·ジュンヒョク)を主人公にしたシリーズで、スポンサー検事という過去から抜け出し現在として認められたい検事ソ·ドンジェと彼の前に現れ、過去の過ちを暴くイホン建設代表ナム·ワンソン(パク·ソンウン)が退くことのない泥仕合を始める話です。 原作を執筆したイ·スヨン作家がクリエイターとして参加しました。

チョン·ジョンソは「于氏王后」で初の時代劇に挑戦します。「于氏王后」は突然の王の死で王位を狙う王子たちと権力を握ろうとする5部族の標的になったウ氏王妃が24時間以内に新しい王を立てるために孤軍奮闘するアクション時代劇で、チョン·ジョンソはキム·ムヨル、チ·チャンウク、パク·ジファン、イ·スヒョク、チョン·ユミなどと共演します。

王室の赤通姫である華里姫が夫を直接指名する釜馬直間宅のために世の中の外に出て自由な恋愛を楽しみながら繰り広げられるロマンス時代劇「春花恋愛談」はコ·アラ、チャン·ユル、チャンヒ、ソン·ウヒョン、イム·ファヨン、ハン·スンヨンが出演します。

「パラサイト半地下の家族」の共同脚本家であるハン·ジンウォン作家の演出デビュー作「ランニングメイト」、同名の学院心理スリラーウェブトゥーンを原作とした「ピラミッドゲーム」、ピョ·イェジンとイ·ジュンヨンが呼吸したロマンス「私は堂々とシンデレラを夢見る」にも会える見通しです。










イム·シワン主演の「少年時代」で大きな反響を起こしたCoupang Playはイ·ボヨンと共に「ハイド」を出す。 「ハイド」はある日夫が消えた後、彼の失踪にまつわる秘密を追跡しながら耐え難い大きな真実と向き合うことになる女性の話でBBCウェールズドラマ「キーピングフェイス」を原作としています。

イ·ボヨンとイ·ムセンが夫婦として共演します。 JTBCでも放映される予定です。

日本の俳優坂口健太郎の出演で話題を集める「愛のあとにくるもの」もCoupang Playで公開されます。 同名のベストセラー小説を原作とする「愛のあとにくるもの」は、日本留学中だったホン(イ·セヨン)がジュンゴ(坂口健太郎)に会って切ない愛と別れを経験した後、5年ぶりに韓国で再会して繰り広げられる物語です。




◇マ·ドンソク、ソン·ジュンギ、カン·ドンウォン、キム·ウビン映画、OTT登板







NETFLIXは映画ラインナップも華やかだです。 1月26日公開を確定したマ·ドンソク主演の「荒野」は廃墟となった世の中、ただ力が支配する無法天地の中で生きていく者たちが生存のために繰り広げる最後の死闘を描いたアクションブロックバスターです。

ホ·ミョンヘン武術監督の初演出作であり、マ·ドンソクとイ·ヒジュン、イ·ジュンヨン、ノ·ジョンイ、アン·ジヘが強烈なアクションシナジーを伝えます。

「ロ·ギワン」は人生の最後の希望を抱いてベルギーに到着した脱北者ギワン(ソン·ジュンギ)と人生の理由を失った女マリ(チェ·ソンウン)の出会いと別れ、愛を描いた映画で、ソン·ジュンギが主演を引き受け期待を集めます。

カン·ドンウォンもOTTへの挑戦に乗り出します。「チョン·ラン」は倭乱が起きた混乱の時代、共に育った朝鮮最高の武臣家の息子ジョンリョ(パク·ジョンミン)と彼の召使いチョンヨン(カン·ドンウォン)が宣祖(チャ·スンウォン)の最側近武官と義兵として敵になって再び会う話を描いた映画で、パク·チャヌク監督が製作と共同執筆に参加しました。

カン·ドンウォンとパク·ジョンミン、チャ·スンウォンをはじめ、キム·シンロク、チン·ソンギュ、チョン·ソンイルが共にして注目を集めています。

キム·ウビンは「青年警察」キム·ジュファン監督と「武道実務官」で戻ってきます。

「武道実務官」はテコンドー、剣道、柔道合が9段であるイ·ジョンド(キム·ウビン)が犯罪を感知する触感と武道実力を調べた保護観察官キム·ソンミン(キム·ソンギュン)と共に電子足輪対象者を監視し犯罪を予防する「武道実務官」仕事をすることになって起きる話を描いたアクションコメディ映画。

武道実務官は再犯の危険が高く保護観察処分を受けた電子足輪の対象者を監視し犯罪を予防し、市民の安全を守る仕事をする。 イ·ジョンドが偶然電子足輪をつけた犯罪者の攻撃を受けた武道実務官を救った後、代打で5週間武道実務官の仕事をすることになり本格的な話が始まります。




◇OTT議論の中で「マンネイン」、「バルク」、「全てが叶うだろう」






キム·ジウン監督とキム·ソンホ、パク·ギュヨンが手を組んだ「マンネイン」とチョ·ウジン、チ·チャンウクが出演する「バルク」もOTT編成を議論中です。

6部作「マンネイン」は極端な選択をした妹の死を信じられない姉が該当事件を暴きながらミステリーな男に会って起きる内容を描いた作品で、すべての撮影を終えました。

また「バルク」は江南の夜を背景に警察と主流世界に携わっていた解決師、検事が一つのチームになってブラックコネクションを追う犯罪ドラマで、現在撮影中でありDisney+JTBCが有力です。









キム·ウンスク作家の新作である「全てが叶うだろう」もOTT公開を議論中であり関心が集まっています。

「全てが叶うだろう」はお互いの生死与奪権を握った感情過剰ジニー(キム·ウビン)と感情結与ガヨン(スジ)が幸運なのか刑罰なのか分からない3つの願いをめぐって繰り広げるストレスゼロ、知る味ロマンチックコメディで、キム·ウンスク作家とイ·ビョンホン監督が意気投合した作品です。

また、キム·ウビンとスジがKBS「むやみに切なく」以後初めて再会し、MBC「恋人」でギルチェ役で吸引力の高い熱演を繰り広げたアン·ウンジンも共にする予定であり期待を集めています。



ひとこと


これだけ網羅しても、まだまだ今年公開のドラマの一部というのが恐ろしいほど、注目作、大作が列をなしています…何をどう観るか交通整理が必要になりそうですが、楽しみMAXの2024年ですね♪



✳︎写真はjoynewa24,各局他より記事はjoynews24.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«