韓国旅行|[23回BIFF]多作王【 チュ・ジフン】→ママ【イ・ナヨン】…幸い釜山は喧騒の中に♪

韓国旅行|[23回BIFF]多作王【 チュ・ジフン】→ママ【イ・ナヨン】…幸い釜山は喧騒の中に♪



▲左側の上から時計回りにヒョンビン、チュ・ジフン、ユ・アイン
イ・ナヨン、ソン・ユナ、キム・ヒエ



10月4日に開幕した第23回釜山国際映画祭が閉幕までわずか3日だけ残し大詰めに向かって走っています。

2014年のセウォル号を扱った映画「ダイビングベル」の上映を弾圧、独立性を損なうという理由で映画のボイコットを呼び起こした釜山国際映画祭は、政権交代後、再び国内最大映画祭りとしての座を取り戻しました。

最近数年間で、最も多くの映画人でにぎわった釜山海雲台を熱くしたスターのあれこれを調べました。


 
◇レッドカーペットに浮かんだチャン・ドンゴン – ヒョンビン






チャン・ドンゴンとヒョンビンは10月4日、釜山海雲台映画の殿堂で開かれた釜山国際映画祭開幕式にスーツを装備着出席しました。

二人は25日、映画「流布」(監督キム・ソンフン)の封切りを控えています。

私的にも親しい間柄であるチャン・ドンゴンとヒョンビンは「流布」で対立し血闘を展開するといいます。

開幕式のレッドカーペットに上がったチャン・ドンゴンとヒョンビンは存在それだけで舞台を輝かせるには十分でした。



◇誰がなんと言おうと、今年最高多作王はチュ・ジフン








チュ・ジフンは釜山国際映画祭で「韓国映画の今日」セクションの招待作「神と共に – 因と縁」(監督キム・ヨンファ)と「工作」(監督ユン・ジョンビン)二編を持って参加しました。

また、10月3日に公開されて上映中の映画「雌雄殺人」(監督キム・テギュン)の野外舞台挨拶に上がることもしました。

なんと三本の映画を介して映画ファンに会ったのです。

今年佳作多作な俳優の一人チュ・ジフンに向かって歓声を上げるファンのために釜山海雲台はにぎやかでした。



◇寝ても覚めても後輩愛ユ・アイン








ユ・アインは映画「バーニング」(監督イ・チャンドン)でフランスのカンヌに続き、釜山も訪れました。

しかし、順調ではありませんでした。10月6日午後3時に予定された「バーニング」オープントークが台風の影響によりキャンセルされたのです。

しかし、観客に会いたいというユ・アイン、チョン・ジョンソの強い意志に支えられ、同日午後7時に戻って開くことができました。

映画への情熱はもちろん、新人チョン・ジョンソが多少無茶な(?)答えをするたびに忠実に解釈するユ・アインの姿で特別な後輩愛が感じられました。



◇「Her Story」で主演女優賞はキム・ヒエ







キム・ヒエは釜日映画賞授賞式で映画「Her Story」(監督ミン・ギュドン)でナ・ムニ、ヨム・ジョンア、キム・テリ、イ・ソムを抜いて、主演女優賞を胸に抱きました。

慰安婦裁判素材の映画で賞まで受けることになったキム・ヒエは「この映画は、実話をもとに作られた映画です。日帝時代大変だったおばあちゃんと、数十年の間集めた財産をおばあちゃんたちのために使って献身いただいた方の話を映画化したものです。」と格別な所感を伝えました。



◇16年ぶりに釜山国際見つけたソン・ユナ








ソン・ユナは、「韓国映画の今日」セクションの招待作「石ころ」(監督キム・ジョンシク)でなんと16年ぶりに釜山国際映画祭を訪れました。

野外舞台挨拶に上がったソン・ユナは、「映画界では多く見つけてくれなくて、16年ぶりに釜山に来るようになりました」と冗談を交え、「「光復節特赦」に次ぐ釜山国際映画祭です。感慨深く新鮮で光栄です。」と感想を明らかにしました。

ソン・ユナのスクリーン復帰に予備観客の注目が集まっています。



◇ママになったイ・ナヨン、ママの役割で帰って来る








結婚出産後、6年ぶりに復帰したイ・ナヨンが今年の釜山国際映画祭の火ぶたを切りました。

開幕作「ビューティフルデイズ」(監督ユン・ジェホ)で脱北女性であり、急峻な日々を生きてきた「女性」役を引き受けたイ・ナヨンは開幕作の記者会見を始め開幕式、オープントークまで全方位でプレーし、映画人としての情熱を再び燃やしていました。



ひとこと


華やかに開幕したBIFFも、もう残りわずかだそうです。より豪華で新鮮な顔ぶれが揃って日々のニュースも楽しみでしたね♪


*写真はNewsen,OSEN,TVREPORT,SPRTSCHOSUN他より記事はNewsenからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

トラックバック(s)

コメント(s)

  1. LuLu より:
    2018釜山国際映画祭 いつも弾丸個人旅行なので次回はもう少しゆっくり滞在し、映画を沢山見たいです。
    今年のレッドカーペットキム・ヒエさんのエレガントさ、イ・ナヨンさんの
    ヘアースタイル、超足長のパンツスタイルが記憶に残ってます。
    • bookandhope より:
      >LuLuさん

      おはようございます。
      個人で映画祭にご旅行!素敵ですね^^/
      ヒエさんとナヨンさんのエレガンスには本当に
      息を飲みます。。。目の前でご覧になられた感動は
      永遠に消えないでしょう。羨ましいです!


Leave a Reply for LuLu


»
«