韓国旅行|「妖精世(ヨ・ジョンセ)」をご存知ですか? 『サイコだけど大丈夫』【オ・ジョンセ】取扱説明書♪

韓国旅行|「妖精世(ヨ・ジョンセ)」をご存知ですか? 『サイコだけど大丈夫』【オ・ジョンセ】取扱説明書♪






◇俳優オ·ジョンセに惚れてしまったいくつかの理由

おじさん俳優を見るために本番死守に努力したのは、どれほどぶりでしょうか。

隣の家の女性たちがみんな好きだという最近のキヨミでもないし、まだ品切れになっていないセクシーガイでもないのに「オ·ジョンセ」を見るためにテレビのリモコンを握っているのです。

正直に告白すると、最近この「妖精」にすっかりはまってしまったのです。







俳優のオ·ジョンセ。ファンの間で「妖精世(ヨ・ジョンセ)」というニックネームでも呼ばれています。

辞書的な意味で「妖精」とは、本来「主に西洋伝説や童話によく出てくる、人の姿をして不思議な魔力を持つ超自然的な存在」です。

幼い頃に童話や漫画でよく見た妖精は可愛かったり美しい形状で神秘的な才能を発揮したりしていました。

「もし妖精と友達になったら、妖精が私のそばにいたら、どんなに楽しくて幸せだろう」というファンタジーを、一度は夢見なかった人がいるのでしょうか。







ところが「意外にも」私の妖精は2020年、私よりわずかに年上の男優オ·ジョンセだったという事実。

彼は毎日テレビとスクリーンで演技し、「私たちと同じくこの時代を生きている一人」です。

彼に取り憑かれた、正確に言えば、彼の演技に魅了され、彼がメディアを通じて見せてくれる黙々とだが不断の生き方に心を奪われました。

そういえば、妖精は大げさなものなのでしょうか。演技という秘技一つで、これほど多くの人々を笑い、泣かせる神妙な力の持ち主。

いくら40代の中厚なおじさんでも妖精は妖精です。







オ·ジョンセは最近、tvNの土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」で自閉症スペクトラム患者のムン·サンテ役を熱演しています。

劇中、精神病院の保護士ムン·ガンテ(キム·スヒョン)の年の離れた兄で、童話作家コ·ムニョン(ソ・イェジ)の「チン」ファン。

発達障害3級の高機能自閉患者で、年齢より発達が遅れていて幼児的な性向も表れていますが、驚くべき暗記力と天賦的な絵の実力を持っています。








ムン·サンテを演じるオ・ジョンセを見れば、彼がどれほど演技に対して真剣かが読み取れます。

昨年、彼に演技大賞助演男優賞を抱かせたKBS第2テレビのミニシリーズ「椿の花が咲く頃」で、彼は弁護士の妻を持つ町の眼鏡士ノ·ギュテ役を熱演しました。

軍需腕章をつけたい欲望とは程遠く、脂質で足りない部分が多く、トン・ベク(コン·ヒョジン)やヒャンミ(ソン·ダムビ)と絡んで不倫の匂いも漂いましたが、結局、糟糠の妻のホン·ジャヨン(ヨム·ヘラン)から脱することができなかった男。

オ·ジョンセが表現した多少コミカルながらも人間的なノ·ギュテは、キャラクターそのものとして愛されただけでなく、ドラマの人気を牽引するのに相当な役割を果たしました。

その結果、彼を応援するドラマファンが一気に増え、業界で俳優のオ・ジョンセを眺める視線も一変したといいます。







クラスが変わったので、ゆっくり選んで演技するのではないかと思いましたが、オ·ジョンセは『椿の花が咲く頃』後、SBSドラマ『ストーブリーグ』に登場し、また『サイコだけど大丈夫』を選日ました。

今度は自閉スペクトラム患者の役割で挑戦を続けています。

それだけでなく、JTBCの月火ドラマ「模範刑事」ではまた全く別の悪役として登場しています。

これまで多数の映画やドラマでいわゆる「 빌런(ハングル発音:ビルロン)意味:あることに過度に執着する人、または、 非凡な変わり者」のキャラクターを披露してきた彼は、今回の「模範刑事」を通じて今まで見たことのない変わった「悪い奴」を見せるという覚悟です。

「サイコだけど大丈夫」と同時期に電波に乗るだけに、視聴者は平日と週末の夜、はっきり違うオ·ジョンセの活躍ぶりを目にすることができるでしょう。

すでに「サイコだけど大丈夫」のムン・サンテを想像できない「絶対悪党」のカリスマ性で話題になっています。








このようにオ・ジョンセは今日も変わらず走っています。

昨年初め、1600万人の観客を動員した大ヒットコメディー「極限職業」のテッド·チャンとして短いが強烈なインパクトを植えつけ、テレビ放映されたSBSドラマ「ストーブリーグ」と「椿の花が咲く頃」まで次々と成功し、今ではスクリーンでもお茶の間でも大衆的認知度確かな俳優として評価されていますが、彼の変奏はとどまるところを知りません。

デビューの時から考えてみると、ほとんど毎年何作品もこなす多作型俳優ですが、それよりもっと注目すべき点は留まらず拡張するという事実

多様な役割を選択し、毎回違う服を着替えながら見る人を退屈させないセンス、また毎回新しい能力値を証明する内功がオ・ジョンセの価値を押し上げています。







さらに、この「妖精世(ヨ・ジョンセ)」に夢中になった理由を1つ追加します。

「一人の男」オ・ジョンセの純愛ストーリーのためであることは否めないです。

彼は、以前マスコミとのインタビューで、「小学校6年生の時、パートナーとして初めて会った妻と19年恋愛の末結婚した」と打ち明けました。

生涯他の女性は考えたことがなく、生まれ変わっても今の妻と愛すると堂々と話す男。

芸能界を代表する愛妻家、チェ·スジョンとショーンも泣きそうになった恋人たちではないですか!







1997年に端役で演技を始め、すでに20年以上俳優として暮らしていますが、彼が世の中の光を見手からは、実はそれほど長くないです。

オ·ジョンセはその他大勢役に耐えて出会った2012年の映画『男子の使用説明書』で俳優イ·シヨンと主演、大器晩成の末に名前を刻印させることができました。

実はその長い歳月を映画、ドラマ、また役を問わず牛のように働いた末、今日の「妖精世(ヨ・ジョンセ)」が誕生したのです。

小学生時代の初恋の人と今でも幸せだという人間オ・ジョンセの粘り強さまで、それこそ「魅力金持ち」に違いありません。












ひとこと


「サイコ」2回のサイン会に向かうサンテのはしゃぐ姿に心を持っていかれた一人です。ミュージカルのように楽しいシーンで軽やかに演じる”おじさん妖精”?に見惚れました^^;

✳︎写真はtvNより記事はIze.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«