韓国旅行|ポン・ジュノ『寄生虫』韓国初のカンヌ映画祭最高賞”パルムドール”獲得!

韓国旅行|ポン・ジュノ『寄生虫』韓国初のカンヌ映画祭最高賞”パルムドール”獲得!



カンヌ映画祭パルムドールを受けたポン・ジュノ監督




ポン・ジュノ監督の映画「寄生虫」が25日(現地時間)、フランスカンヌで開かれた今年の第72回カンヌ映画祭で最高賞パルム・ドールを獲得しました。

韓国映画史上パルムドールの栄誉を抱いた人は、ポン監督が初めて。










韓国映画が世界3大映画祭(カンヌ、ベルリン、ベネチア映画祭)で最高賞を受けるのは、2012年キム・ギドク監督の「ピエタ」がベネチア映画祭で金獅子賞を受けた後、7年ぶりです。

カンヌ映画祭本賞受賞は、2010年イ・チャンドン監督の「詩」(脚本賞)以来9年ぶりです。









ボン監督の「寄生虫」は、今年のカンヌ映画祭に招待されたクエンティン・タランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイムであるハリウッド」、ジャン・ピエール・・リュックダルデンの「ヤング・アーメド」、ペドロ・アルモドバルの「ペイン・アンド・グローリー」、など21作品のうち、最高賞を受けました。

ボン監督はこの日、舞台の上に上がって「いつも、フランス映画を見てインスピレーションを受けていました」

「「寄生虫」という映画は、信じられないほどの冒険でした。その作業を可能にしてくれたのは、私と一緒にしてくれたアーティストたちがいたからです。」

「何よりも素晴らしい俳優がなければ、一場面も撮ることができなかったです。俳優たちに感謝申し上げます。」と所感を明らかにしました。

彼は「映画監督を夢見た愚かな12歳の少年がパルムドールのトロフィーに触れるなんて…」と感激の気持ちを隠せませんでした。









それとともにポン監督は「この場に一緒に来てくれた最も偉大な俳優であり、私の仲間ソン・ガンホの感想を聞きたい」と席を譲りました。

舞台に上がったソン・ガンホは「忍耐と聡明さ、情熱を教えてくれた尊敬する大韓民国のすべての俳優に栄光を捧げます」と栄光を渡しました。

ボン監督は引き続き韓国記者たちと会った席で、「このような状況が来るとは想像していなかったです」

「普段はノンフィクション映画を撮ろうとしてきましたが、今はファンタジー映画と似た感じ」と笑いました。

ボン監督は、2006年の「怪物」で監督週間に招待され、カンヌ映画祭と縁を結びました。

2008年と2009年の「東京!」と「マザー」がそれぞれ「ある視点」部門に招請されました。

2017年NETFLIX映画「オクジャ」でコンペティション部門にデビューし、「寄生虫」で2回目のコンペティション部門に進出してパルムドールの栄誉に輝きました。










「寄生虫」パルムドール選定は、審査委員全員一致によることが分かりました。

競争部門審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は授賞式直後開かれた記者会見で、「寄生虫」について「面白くユーモラスで温かい映画」と評しました。

彼は、全体的な勝者選定について「私たちは、政治的な、または社会的な理由で受賞作を決定していない。監督が誰であり、どの国の映画の認知度は重要でない」

「映画そのものだけで評価する」と強調しました。









カンヌ映画祭は、昨年の是枝裕和監督の「万引き家族」に続き、今年「寄生虫」にパルム・ドールをアンギムこと2年連続アジア映画に最高賞を与えた。

「寄生虫」は、全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描いています。

貧しい家族と裕福な家庭の話を介して普遍的な現象である貧富の格差の問題を取り上げた作品です。

共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにしました。



ひとこと


おめでとうございます!昨年の是枝監督の「万引き家族」に続いて2年連続アジアの映画に最高賞が与えられるのはとても嬉しいこと。日本での公開も待たれますね♪


*写真はOSEN,YONHAPNEWS,gettyumagekorea他より記事はyonhapnewsからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

トラックバック(s)

コメント(s)

  1. LuLu より:
    ブラボ~ 東洋の映画界活躍で嬉しいです^^
    今週末、ソウルなので上映していたら鑑賞したいです!


Leave a Reply for bookandhope


»
«