韓国旅行|『ソボク』『スンリホ』etc…オフライン?オンライン? 映画界「再び機嫌伺い」♪

韓国旅行|『ソボク』『スンリホ』etc…オフライン?オンライン? 映画界「再び機嫌伺い」♪





1年中悩みと悩みの変動だけを無限に繰り返している映画界です。紆余曲折の末、夏と秋を耐えて待望の冬を準備中です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)勃発後、映画界は事実上すべての決定を政府方針に従って動いています。

特に、多重利用施設に分類され特殊空間となった劇場の活用が正常に行われず、封切りから製作まで映画界の産業全般が絡み合っているのです。

一度でも公開を変更しなかった作品がないほど、し烈な「ご機嫌取り」を繰り広げた映画界は、それさえも一息ついていた夏市場と最善の選択で締めくくった秋夕(チュソク)連休が過ぎ、簡単にはいかないと予想される冬市場への備えをそろそろ始めています。

この過程で、本格的なオフライン行事まで苦心しているという事実。







封切りが延期された作品をダウンロードするだけでも、冬のスクリーンはすでにあふれています。ただ「計画通り冬に行くのか、それとも年を越すのか」からすでに行き詰まる問題です。

現在まで冬の封切りを推進中の作品は、『ソボク』(イ·ヨンジュ監督)、『スンリホ』(チョ·ソンヒ監督)、『シンクホール』(キム·ジフン監督)、『英雄』(ユン·ジェギュン監督)、『人生は美しい』(チェ·グクヒ監督)などです。

各配給会社は今年12月から、遠くは2021年の旧正月連休まで、あらゆる可能性を開き、電卓をたたいています。

いったんCJエンターテインメントは夏の封切りを準備しました。保留させた「ヒーロー」と、コンユ – パク・ボゴム主演映画「ソボク」のカードを同時にいじっています。

両作品ともに力を入れた大型プロジェクトであるだけに、最適の「グッドタイミング」を狙うしかない状況です。









夏に続き秋夕まで捨てた「スンリホ」もそのまま待機中。秋夕を狙った「シンクホール」も冬の出会いを希望しています。

『人生は美しい』は予告編の公開とともに12月の公開が確定し、その自信をうかがわせました。 共通点は基本100億~200億台の製作費で、歴代級の規模を誇るということだ。 まさに超豪華な冬市場となっています。

封切りが正常だったなら広報·マーケティングに総攻勢をかけただろう大作。各作品ごとに意味も格別です。

「ヒーロー」と「人生は美しい」は韓国ミュージカル映画の本格的な時代を切り開き、「スンリホ」は韓国SF映画の出発点になる見通しです。

「ソボク」は複製人間を素材に未来志向的な新鮮さを誇るものと期待されています。







このため各映画関係者らは、新型コロナウイルス時局最善の結果物を選り出せる広報·マーケティングポイントに熱を上げています。

幸い、社会的距離を置くことが1段階緩和され、オフライン行事の可能性にまで領域を広げ、計画、反応を見るという立場です。

現在、公式の映画行事は、製作報告会はオンライン、試写会はオフラインで行われています。 試写会後の懇談会はライブカンファレンスなど直接対面なしに現場で生中継することもありましたが、「サムジングループ英語TOEIC班」は再び対面懇談会を行いました。

冬の映画は11月の製作報告会からオフラインを欲している状況です。8月には『スンリホ』がオフライン製作報告会を企画しました。

新型コロナウイルスの再流行で全面取り消し、封切りまで延期される不祥事を経験した前例があるため、簡単には確定できない模様です。

オフライン制作報告会が実現すれば、今年2月17日の「コール」以来のことになります。

ある関係者は「オウムのように”多様な方式を苦心中”としか言えず、もどかしいのも事実です。 しかしイベントはもちろん公開から何も確答できないのも事実です。」

「新型コロナウイルスの状況がこれ以上悪化しないことを願っているだけです。近いうちに、良い映画に出会えればと思います。」と強調しました。



ひとこと


今日は”「スンリホ」もNETFLIXで公開か?”の記事が出て「映画=劇場」という公式がもはや通用しなくなったことを痛感させられました。舞台挨拶もなくなるのは本当に寂しいです…。


✳︎写真はjtbc他より記事はjtbcからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«