韓国旅行|【コンユ – パク·ボゴム – ナム·ジュヒョク – パク·ソジュン】家具業界、男性モデルにハマる♪

韓国旅行|【コンユ – パク·ボゴム – ナム·ジュヒョク – パク·ソジュン】家具業界、男性モデルにハマる♪





家具業界で男優モデルの旋風が巻き起こっています。

世帯の主要消費層が家族連れや中高年層で、単身世帯の拡大、新型コロナウイルスによるホームインテリアの需要増加でMZ世代(ミレニアル·Z世代、1980年代初めから2000年代初めまで)にまで拡大し、モデル選定にも変化が起きているのです。

これと共に、モダンでシンプルな最新インテリアトレンドを反映した製品を家具業界が相次いで発売し、多方面で活動しながら消費者にやさしい印象を与える俳優をモデルを起用しています。

彼らは、家具とよく似合うだけでなく、ブランドアイデンティティと感性をより効果的に伝え、顧客と幅広い共感を形成して広告効果が大きい俳優たちです。





DESKER専属モデルのナム·ジュヒョク [写真=DESKER]



ホームオフィスの新しい基準を提示する家具専門ブランド「DESKER」はブランド発売後初の専属モデルに俳優ナム·ジュヒョを抜擢しました。

DESKERは心温まる都市的イメージのナム·ジュヒョクをモデルに抜擢することで、DESKERブランドの認知度を高める計画です。

ナム·ジュヒョクが持つ洗練された感性的なイメージは、無駄なくすっきりとしたモダンさが際立つDESKERと調和して肯定的なシナジー効果を出すものと見られています。

ナム·ジュヒョクは、今年下半期の最高期待作に挙げられるtvNドラマ「スタートアップ」でスタートアップ·サムサンテックの創業者で左脳型人間ナム・ドサン役を演じ、さわやかな青春の姿を披露します。

ナム·ジュヒョクは、スタートアップする人々と共に成長しようとするDESKERブランドミッションとうまく調和するものと期待されています。

DESKERの関係者は「2016年の発売以後初めて専属モデルとしてナム·ジュヒョクを抜擢することでDESKERならではのモダンで感覚的な感性を追求し、消費者との接点を拡大していくことができます。」

「最近在宅勤務の拡散でホームオフィスの需要が高まるにつれ、DESKERはナム·ジュヒョクと共に多様な活動を続けていく計画です。」と伝えました。





ESSAファブリックソファーモデル パク·ソジュン [写真=Harper’s BAZAAR]



ジャコモのファミリーブランド「ESSA」は、ファブリックソファーのモデルとして、俳優のパク·ソジュンを抜擢しました。

ESSAは「境界のないフィルモグラフィを作っていく俳優のパク·ソジュンの興行成功と肯定的なイメージがESSAと出会い、良いシナジー効果を出すことを期待して選定しました。」と伝えました。

俳優パク·ソジュンのインタビュー映像も、ESSAのホームページで確認できます。





ACE BEDの専属モデル、パク·ボゴム [写真=ACE]



ACE BEDは、2018年から俳優のパク·ボゴムと広告キャンペーンを行っています。

最近ではモデルのパク·ボゴムとACE BEDの「良い眠りがたまる、良い自分を作る」キャンペーンの5番目のシリーズを行い、ACE BEDが伝えるメッセージを込めた軽快な新規テレビコマーシャルが披露されています。

今回の広告は、パク・ボゴムの軍入隊前の最後の広告として、さらに注目を集めました。これまでパク·ボゴムと共にした広告キャンペーンも全て大衆に愛されています。





iloom長寿モデル コンユ [写真=iloom]



生活家具専門ブランド「iloom」は、ブランド公式モデルのコンユと、2014年から7年間共にしてきました。

iloomは、消費者にフレンドリーで肯定的なイメージを持った長寿モデルのコンユを通じて消費者にブランドに対する信頼感を高めています。





アン・ヒョソプ [写真=iloom]



最近は「一人iloom、一人ライフプロジェクト」のアンバサダーに俳優アン·ヒョソプを選びました。

iloomは、実際にも家で多くの時間を過ごすことで知られている自炊経歴5年目の俳優アン·ヒョソプと共に、1人世帯の日常を自然に見せることで、20代の自炊生たちの共感を呼んでいます。



ひとこと


「新しい生活」様式が開始されおうち時間が長くなる今らしい流れでしょうか。安定した信頼感の上に優しさのある男優さんたちの起用は納得ですね♪


✳︎記事はasiae.coよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«