韓国旅行|【スジ – ユナetc…】「秋のスカーフ」素敵なスタイリング方法♪

韓国旅行|【スジ – ユナetc…】「秋のスカーフ」素敵なスタイリング方法♪



スジ、ユナ、パク・ミニョン



朝と夕方に結構肌寒くなっても厚い服を着るわけにはない秋の天気。

こういう時に簡単に保温性を高めることができる「スカーフ」に目を向けてみましょう。

スカーフは、首だけ軽く囲むだけで、すぐ暖かくなる上、素敵なポイントアイテムとしても活用でき、季節の変わり目の「イトアイテム」に挙げられます。

秋のファッショニスタへの変身を助けるスカーフ、スターはどのように演出したのでしょうか。スターのスカーフスタイリングを集めました。



◇ジャケットに軽くさっと!



オ・ヨンソ、シン・ミナ、オム・ジョンファ、チャ・ジョンウォン



スターたちはネックラインがあらわれるジャケットを着るときにスカーフを合わせました。結び目を作ったスタイルで演出したのがポイント。

俳優オ・ヨンソとシン・ミナは、細長いデザインのスカーフである「アップデートウィリー」を選択しました。

オ・ヨンソは、単純なリボン結びで若々しい雰囲気を生かし、フォーマルルックとスカーフをマッチしたシン・ミナは、横に長く垂らしエレガントな印象を出しました。

俳優チャ・ジョンウォンと歌手兼俳優オム・ジョンファは、スカーフを片側の横に渡し自然な雰囲気を生かしました。





スジ、チョン・リョウォン、オム・ジョンファ、キ・ウンセ



スカーフストラップ方式を異にして、別の服を着たように風変わりな雰囲気を演出したスターたちもいます。

歌手兼俳優のスジは、グレーのウールのジャケットにネイビーポイントが入ったスカーフを、まるでリボンブラウスを着たように演出し、俳優キ・ウンセは、クラシックなツイードジャケットにベージュ色のパターンのスカーフを波形状演出タートルネックを着たような感じを出しました。

オム・ジョンファは、オーバーサイズのジャケットの中にパターンのスカーフをかけてパターンシャツを着たように演出しました。





スジ、キ・ウンセ、俳優ソ・イェジ



スカーフはライダースジャケット、トレンチコート、カーディガンなど、様々なアウターと合わせても素敵です。

スジが演出したようにシックなライダースジャケットの上に愛らしい色味の大き目のスカーフをマントのようにかけたり、俳優ソ・イェジようショールカーディガンの上にブラウンスカーフを複数回巻いて演出すると温かな雰囲気を出すことができます。



◇シャツ・カットソーの上にさっと!



ユナ、ソンミ、イ・ヘリ、スジ



スカーフは、ネックラインがあらわれるシャツ、ブラウスと合わせたときに、エレガントな魅力が倍になります。

歌手兼俳優ユナとダビチイ・ヘリのように、スカーフを首に複数回巻きすっきりと結び目スタイルでポイントを加えると、キュートなスタイルを演出することができます。

歌手ソンミのようにカラフルなパターンのブラウスに、パターンのスカーフをマッチして大胆なスタイルを演出してもよく、スジのような大きなスカーフを肩にマントのようにかけると保温性を高めることができます。






パク・ミニョン、ヒョヨン、イ・ヘリ、オ・ヨンソ




ラウンドネックニットにスカーフを合わせればキュートなポイントを加えることができます。

カラーニットと合わせる時、スカーフのトーンをニットの色と合わせると素敵です。

俳優パク・ミニョンのようにミントカラーのニットに、ミントカラーベースのパターンのスカーフを巻いたり、イ・ヘリのようにイエローのニットにイエローストライプスカーフを巻く方式です。

オ・ヨンソようにブラック、オレンジがミックスされたスカーフをニットの中に入れて演出すると、パターンのシャツをレイヤードしたような感じを出すことができますので参照してください。



◇「バッグ」にさっと!




BLACKPINKロゼ、チョン・リョウォン、ジェシカ、ソン・ユリ



スカーフをバッグにマッチする素敵なアクセサリーになります。

バッグアクセサリーのように使用している途中に肌寒くなれば、再び首に巻くこともでき一石二鳥です。

BLACKPINKロゼは、大き目のオレンジ色のクロスバックにオレンジ、ブルーの配色が素敵なロングアップデートウィリースカーフを長く垂らし、ポイントを加えました。

スカーフポイントカラーとバッグを合わせて素敵な感じを倍にしました。

俳優チョン・リョウォンは、ベージュバッグにブルゴーニュカラーパターンのスカーフを、俳優ソン・ユリは、赤いミニバックにパテントウィリーを結んでバッグのアクセサリーのように活用しました。

歌手ジェシカのように、アップデートウィリースカーフをバッグの持ち手にする演出も良いでしょう。

ジェシカはキャメルカラートートバッグハンドルをカラフルなパターンツイルリーでぐるぐる巻いて個性的な感じを出していました。



ひとこと


ヨーロッパの女性のようにスカーフを上手に使いこなすのは永遠の憧れ。タンスの肥やしにしないよう皆さんをお手本に練習しなくては…♪


*写真と記事はMoneyTodayよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«