韓国旅行|『イカゲーム→シュルプ→カジノ』世界中に広がる”Kドラマの底力” ♪

韓国旅行|『イカゲーム→シュルプ→カジノ』世界中に広がる”Kドラマの底力” ♪







NETFLIXオリジナルシリーズ「イカゲーム」以後、海外で「K-ドラマ」に対する関心が熱いです。 海外オンライン動画サービス(OTT)では韓国オリジナルシリーズの製作拡大に乗り出し、国内ドラマもOTT人気シリーズTOP10に名を連ねています。



◇「イカゲーム」から始まり「恋慕」まで…愛されているKドラマ

NETFLIX「イカゲーム」が世界的なシンドロームを引き出しました。456億ウォンの賞金がかかった疑問のサバイバルゲームに参加した人々が最後の勝者になるために命をかけて極限のゲームに挑戦する話を盛り込んだこの作品は9月、米国プライムタイムエミー賞で2冠王を獲得しました。









「イカゲーム」の主演俳優イ·ジョンジェは、アジア俳優初、非英語圏ドラマ初の「エミー賞」ドラマシリーズ部門主演男優賞を受賞し、ファン·ドンヒョク監督は非英語圏初のエミー賞監督賞を獲得しました。

今回の作品を皮切りに、海外で国内ドラマに対する関心が一気に高まりました。21日(現地時間)に開かれた第50回国際エミー賞授賞式ではKBSドラマ「恋慕」がテレノベラ部門で受賞しました。国内ドラマが国際エミー賞を受賞したのは初めてなので、さらに意味深い意味を生見ました。









「ヨンモ」は双子に生まれ、女児という理由だけで捨てられていた子供がオラビの世孫の死で男装を通じて世子になって起こる秘密の宮中ドラマです。

国内でも男装をした女王という素材と運命的ロマンスを流麗に解き放ち、最高視聴率12.1%(ニールセン、有料プラットフォーム加入基準)を記録し、時代劇で初めてNETFLIXグローバルTOP10で非英語シリーズ部門4位に上がる気炎を吐きました。










さらにtvN土日ドラマ「シュルプ」もKドラマの底力をもう一度証明しています。 最終話までたった2回だけを残した「シュルプ」は、トラブルメーカーの王子たちのために王室教育に飛び込んだ中殿の波乱万丈な宮廷奮闘記を描きました。

国内でも直近に放送された第14回(11月27日放送分)は14.1%と、自己最高視聴率を更新しました。NETFLIXでも放送されているだけに、「シュルプ」は11月7日から27日まで非英語圏テレビ部門で3位を守っています。

また、10月24日から11月27日までの計5週間の累積視聴時間は6433万時間に達します。 世界中のコンテンツレビューを見ることができるIMDBでも興味深い展開、俳優たちの熱演、ドラマの中の風景と韓国固有の美しさを盛り込んだ衣装、小物などに好評が相次いでいます。



◇Kドラマへの投資拡大に乗り出した海外OTT…「映像美とOSTも一役買いました」

「イカゲーム」シンドローム以後、OTTでオリジナルシリーズ製作に力を入れています。 Disney+では韓国のKコンテンツが独歩的な優位を占めています。

Disney+は来年、韓国オリジナルコンテンツであるカンフル人気ウェブトゥーン原作「ムービング」と「サウンドトラック」シーズン2、「ザ·ゾーン:耐えてこそ生きる」シーズン2、「刑事ロック」シーズン2、「レース」、「最悪の悪」、「愛と言います」などを披露する予定です。











他にも来月21日に公開予定の犯罪シリーズ「カジノ」が大衆の耳目を集中させています。 チェ·ミンシクの25年ぶりのスクリーン外への挑戦で話題を集めた今回の作品は来年シーズン2が公開される予定です。

The Walt Disney Companyのルーク·カンアジア太平洋地域総括社長は30日(現地時間)、シンガポールマリーナベイサンズで開かれた「ディズニーコンテンツショーケース2022」で「ディズニーはより多くの地域的特殊性に投資している。 K-ドラマなどにもっと投資する予定。」と明らかにしました。

今年ディズニーはアジア太平洋地域のオリジナルコンテンツ45個を公開、中でも「ビッグマウス」、「サウンドトラック」、「IN THE SOOP フレンドケーション」は公開初週にアジア太平洋地域TOP10に名を連ね、アジアコンテンツの視聴時間は前年比8倍も増加させました。











このように海外の人々が国内ドラマに関心を注ぐのには、しっかりとした構成と仕組みのあるストーリーが強みに挙げられています。 またロマンスやスリラー、推理など多様な素材が使われるのも一つの要因であるわけです。

これに対しパク·ソンア大衆文化評論家は「K-ドラマが海外で世界的な文化コンテンツとして名実共に定着できた理由は、しっかりとした構成だけでなくドラマの速い展開、退屈する暇もなく進行するストーリー、俳優たちの演技力がキャラクターに対する没入を高めたため。」と分析しました。

続けて「さらに感覚的な映像美とドラマOSTが共に人気を集めるようになり、K-カルチャーが持つ力をドラマを通じてよく溶け込ませ多様に見せたことが、海外視聴者の好奇心を刺激したと思います。一つの作品の中で面白さと感動まで持っていけるので、このすべてが人気要因に挙げられるでしょう。」と付け加えました。



ひとこと


OTTの乱立の中、やはり2大巨頭で放送される作品はより注目を浴び、世界中の視聴者の目を惹きつけることができるよう…。どのOTTに乗せるかが世界的成功の鍵になるのは間違いないですね♪


✳︎写真はNELIX,Disney+より記事はnewspim.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«