韓国旅行|『恋人vsファーストレスポンダーズ』『悪霊狩猟団vsヒップタッチの女王』…土曜日、ドラマ大激突♪

韓国旅行|『恋人vsファーストレスポンダーズ』『悪霊狩猟団vsヒップタッチの女王』…土曜日、ドラマ大激突♪







◆ 金·土「恋人」VS「ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム2」








まず、金土ドラマは地上波の競争です。 4日、各々午後9時50分と10時、10分の差で初放送を始めたMBCドラマ「恋人」とSBS「ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム2」(以下「ファースト・レスポンダーズ2」)の競争が目を引きます。

7.1%で始まった「ファースト・レスポンダーズ2」と5.4%で出発した「恋人」の初成績は「ファースト・レスポンダーズ2」の勝利であり、3話放映視聴率も6.5%、5.5%で依然として「ファースト・レスポンダーズ2」の視聴率が高くなっています。










しかし初放送対比視聴率を比較した時「恋人」は上がった数値であり、「ファースト・レスポンダーズ2」は落ちた数値という点に注目。また、差もやはり1%pでまだ序盤である点を勘案すれば錚々たる数値と見ることができます。 (ニールセンコリア基準)

放送と同様に同日行われたドラマ制作発表会で、各ドラマのメインロールを担当したキム·レウォンとナムグン·ミンは、ドラマのタイトルをめぐって妙な神経戦で争って話題を集めました。 果たして最後の勝者は誰になるのか、今後2つのドラマの展開に注目が集まっています。




◆ 終映「天女ドリアン ~時を超える愛~」








ピービー(イム·ソンハン)作家の新作で注目を集めた「天女ドリアン ~時を超える愛~」は13日に終映します。

タイムスリップ三角ラブラインから嫁姑ラブライン、30才目ラブラインなど多様な愛の棒を見せてくれた「天女ドリアン ~時を超える愛~」は作家の名前にふさわしい破格場面を見せたりもしました。

初回放送4.2%から12話7%まで、急ではないが着実な上昇傾向を見せてきた「天女ドリアン ~時を超える愛~」は残りの15~16話を通じてどんな結末を見せるか帰趨が注目されています。




◆ 土日「悪霊狩猟団カウンターズ2:カウンターパンチ」VS「ヒップタッチの女王」










tvNではOCN歴代最高視聴率を更新した「悪霊狩猟団カウンターズ」のシーズン2を「カウンターパンチ」というサブタイトルと共に土日ドラマに編成しました。

放映前、チョ·ビョンギュの校内暴力論難で主演俳優交替なしにリスクを抱いて行く姿に憂慮の声があったりもしましたが「悪霊狩猟団カウンターズ2:カウンターパンチ」は2回視聴率全国平均5.4%、最高6.8%を記録しました。

新しい能力と新入メンバーの迎え入れからカン·ギヨン、キム·ヒアラ、キム·ヒョンウクなどさらに強力になったVILLAINの登場で今後の展開に期待を加えています。












今日(12日)初放送を控えている「ヒップタッチの女王」は、これまで興行を続けてきたJTBC土日ドラマという点で目を引きます。

「ヒップタッチの女王」は犯罪のない清浄農村村ムジンでお尻を触ることで発揮するサイコメトリー超能力で動物や人の過去が見えるようになった誠実な獣医イェブン(ハン・ジミン)と、ソウル広域捜査隊復帰のために彼女の能力が必要な欲望の塊エリート刑事ジャンヨル(イ・ミンギ)コンビが繰り広げるコミック捜査活劇です。

先立ってハン·ジミンが引き受けたボン·イェブンのキャラクターに「お尻を触ってこそ超能力が発揮される」という設定がありセクハラではないかという憂慮の声が出たりもしました。

10日に行われた製作発表会でキム·ソギュン監督は「前後の脈絡がなければそのように見えるかもしれないが、全くそのような部分がない。 放送を見ればそのような憂慮が解消されると思います。 」と話しました。

演出は「まぶしくて」「私の解放日誌」のキム・ソギュン監督、脚本は「まぶしくて」のイ・ナムギュ作家が担当しました。

「まぶしくて」のハン・ジミンと、「私の解放日誌」のイ・ミンギが主演することでも話題を集めています。



ひとこと


さすがは週末ドラマ大戦ですが、今夜からハン・ジミンxイ・ミンギの「ヒップタッチの女王」がスタート。NETFLIXグローバルの順位も気になりますね♪


✳︎写真=MBC,SBS,tvN,NETFLIXより記事はxportsnews.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«