韓国旅行|2024 熱心にスタート!【イ·ミンホ – キム·スヒョン – パク·ボゴム】嬉しい作品復帰♪

韓国旅行|2024 熱心にスタート!【イ·ミンホ – キム·スヒョン – パク·ボゴム】嬉しい作品復帰♪







俳優のイ·ミンホとキム·スヒョン、パク·ボゴムまで韓国を代表する韓流スター3人が2024年に公開される新しい作品で視聴者と観客に会います。

3人の俳優はいずれも短くて2年、長くは3年余り続いた作品の空白を破り、新年を迎えるとともに活発な活動を予告し、期待を集めています。




イ·ミンホ「パチンコ」の次は宇宙ステーションへ···コン·ヒョジンとロコの出会い







イ·ミンホは新しいドラマ「星たちに聞いてみて」でApple TVドラマ「パチンコ」以来2年ぶりに作品に復帰します。

「星たちに聞いてみて」は、韓国で初めて試される宇宙ステーションを背景にしたロマンティック·コメディドラマ。 劇中、イ·ミンホは宇宙観光客の身分で宇宙ステーションに入城した産婦人科医コン·リョン役を演じます。

彼は劇中、宇宙飛行士キャプテンのイヴ·キム役のコン·ヒョジンと呼吸を合わせ、広大な宇宙を背景に運命のように会って起きる特別なロマンスを描き出す予定です。

宇宙を背景にしたドラマであるだけに、多数のVFX(Visual Effects)使用で現在後半の作業に力を入れています。





キム·スヒョン「星から来たあなた」のパク·ジウン作家と3度目の出会い···シナジー期待







キム·スヒョンは2021年に公開されたCoupang Playシリーズ「ある日」以来、3年ぶりに新しい作品「涙の女王」でカムバックを控えています。

「涙の女王」は「星から来たあなた」(2013)、「プロデューサー」(2015)を共にしたパク·ジウン作家とキム·スヒョンが3番目に会う作品です。

「涙の女王」でキム·スヒョンはヨン·ドゥリ里長の息子でありスーパーマーケット王子ベク·ヒョヌ役を演じ、クイーンズグループ財閥3世でありデパートの女王ホン·ヘイン役のキム·ジウォンと共にくらっとする危機から再び始まる奇跡のような愛まで、3年目夫婦のわくわくするロマンスを見せてくれる予定です。

キム·スヒョンが3年ぶりのカムバック作でパク·ジウン作家とのシナジー効果を見せることができるか期待を高めています。




パク·ボゴムミュージカルの新人俳優として新たな一歩···公開予定作だけで3編






パク·ボゴムは映画「ワンダーランド」(監督キム·テヨン)とNETFLIXドラマ「本当にお疲れ様でした」、JTBC新ドラマ「グッドボーイ」を通じて挨拶を伝えます。

パク·ボゴムは2020年8月、海軍入隊後、その年9月から10月まで放送されたtvN月火ドラマ「青春の記録」と2021年4月に公開した映画「ソボク」(監督イ·ヨンジュ)で軍入隊の空白期の隙間を埋め尽くしました。

イム·サンチュン作家の新作「本当にお疲れ様でした」は1950年代済州で生まれた賢い反抗児エスンと”愚かな鋳鉄(精神的にも肉体的にも強くて頑丈なものを例えていう言葉)”のようなグァンシクの冒険いっぱいの一生を四季で描いたドラマ。

パク·ボゴムは堅い忠誠心でひたすらエスン(アイユ)だけを見つめるグァンシク役を演じ、視聴者に特有の澄んだ気運を伝える予定です。

「本当にお疲れ様でした」に先立ち、パク·ボゴムが2022年4月除隊後、公式的な初作品活動として選択したのはミュージカル「レットミーフライ」。

1969年のある日の夜、ラジオ周波数の影響で70才の祖父になった南原が過去に戻るための未来探査作業に突入して繰り広げられるドタバタ日常を描いた「レットミーフライ」でパク·ボゴムは青年南原役を引き受け昨年9月から12月まで進行されたソウル公演を終えました。

11日には下半期に放送予定の「グッドボーイ」出演のニュースも公式に伝えられました。 さらに入隊前に撮影を終えた「ワンダーランド」も後半作業終了後、観客と会う時間を待っており、今年はいつにも増して多彩な「俳優パク·ボゴム」の顔に引き続き向き合うことができる予定です。



ひとこと


早くから制作の便りが伝えられた作品がいよいよ今年公開!ひたすら待つ日々も良い思い出になりそう…楽しみですね♪


✳︎写真・記事はxportsnews.comよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«