韓国旅行|【ナムグン·ミン】『恋人』10%突破!【キム·レウォン】『ファーストレスポンダーズ2』足踏み状態…金土劇完勝♪

韓国旅行|【ナムグン·ミン】『恋人』10%突破!【キム·レウォン】『ファーストレスポンダーズ2』足踏み状態…金土劇完勝♪







俳優ナムグン·ミンがキム·レウォンに完勝しました。「恋人」が視聴率10%を突破した反面、「ファーストレスポンダーズ2 」は6%台の足踏みを繰り返しています。

26日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、25日放送された地上波金土ドラマは全く異なる結果を受けたことがわかりました。

MBC金土ドラマ「恋人」第7話は10.2%で自己最高視聴率を突破した反面、SBS金土ドラマ「ファーストレスポンダーズ2」は6.2%で足踏み状態だったためです。ナムグン·ミン主演作「恋人」の完勝です。

「恋人」は丙子胡乱を経験しながら交錯する恋人たちの愛と民の生命力を扱ったヒューマン歴史メロドラマです。

陵郡里最高の美人として高慢に生まれ育った世間知らずのユ·ギルチェ(アン·ウンジン)が表面は戦乱の渦から引き続き自分を救ってくれるミステリーな男イ·ジャンヒョン(ナムグン·ミン)と会って恋に落ちる話を中心に見せてくれます。

彼らと共にする人々の話を通じて丙子胡乱という大きな戦争に見舞われた当時の民の生と戦乱にも花咲く愛の純愛を切なく描き出しています。












「恋人」は特にナムグン·ミンの抜群の演技力が好評を得ています。「ミステリーな男」という修飾語がぴったりであるほどイ·ジャンヒョンは、矛盾的な男性主人公です。

外見は両班ですが、露骨に財物を欲しがり、男女の恋愛に格別に厳しい朝鮮でも自由に恋愛をします。

山城に閉じ込められた王を救うために義兵に合流するどころか避難し、その一方で蛮族に流される人々のために再び戻ってきて華麗な刀さばきで皆を救いました。

知れば知るほど矛盾していますが、その行動一つ一つが周囲を生かすイ·ジャンヒョンの姿は自然に好奇心を誘発します。

彼のミステリーと過去には何があったのか。また同時に、そんな男がユ·ギルチェに惚れてどんな姿まで見せるのか、謎を呼びます。

「恋人」を執筆したファン·ジニョン作家は5年余の時間の間、落ち着いて資料調査から執筆までやり遂げ「恋に落ちた人々がどこまでできるだろうか」を想像して「恋人」を書いたと明らかにしました。

彼の忍苦の時間がナムグン·ミンという俳優に会って台詞一言、一文章、一段落まで生かす「ディテール」を通じて光を放っています。些細な変化も逃さずに捉えるキム·ソンヨン監督の感覚もシナジー効果をもたらしています。









反面、「ファーストレスポンダーズ2」は主人公の一人であるドジン(ソン·ホジュン)の退場後、なかなか反騰を図れずにいます。

3話でドジンが虚しく早く退場した以後、また別の主人公ホゲ(キム·レウォン)が新しい視聴者流入ポイントを作り出すことができない様子です。

「ファーストレスポンダーズ」シリーズだけの強力な事件、これを科学的に解決する方式は依然として残っているものの、シーズン1から活躍した主要キャラクターの降板、彼に代わる新規キャラクターの流入が大きな魅力を残せないものと分析されます。

その間、ナムグン·ミンの「恋人」に対する好評があふれ、本番死守よりは再視聴VODサービスで観望していたドラマ視聴者たちを皆掃いていった状況。

「ファーストレスポンダーズ2」は6.1%、7話では6.2%で6%台の足踏み状態を見せています。反面「恋人」は4回まで5%台を転々としていましたが、5回から8%台、7回には10.6%で初回放送より2倍の視聴率上昇を示しました。












あいにくキム·レウォンとナムグン·ミンは4日、並んで初放送を始め競争をスタートしました。これに対し、両作品の製作発表会でもお互いに対する競争意識が言及されていました。

キム·レウォンは「『恋人』のタイトルも知らなかった」と話し、ナムグン·ミンは「2文字なのにタイトルも知らなかったなんて、ですが私は自信があります」と笑顔で返しました。

もちろん俳優たちは視聴率の成績や競争作よりは、それぞれ作品の完成度に邁進するだけに、編成競争をお互いに機転よく昇華させたものと分析されています。

しかし、視聴率競争の勝者は確実に決まったようです。少なくとも現在まではナムグン·ミンの「恋人」に。



ひとこと


“5年余を費やした作家の忍苦の時間がナムグン·ミンという俳優に会って台詞一言、一文章、一段落まで生かす「ディテール」を通じて光を放っている”…結果がこの数字に。じっくり観たい作品ですね♪


✳︎写真はMBC,SBSより記事はOSENからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«