韓国旅行|『マスクガール』→『ムービング』→?…全世界を魅了するK-ウェブトゥーンストーリー♪

韓国旅行|『マスクガール』→『ムービング』→?…全世界を魅了するK-ウェブトゥーンストーリー♪







ウェブトゥーンを映像化した作品のパワーが日増しに強まっています。

グローバルOTT(オンライン動画サービス)ディズニー+のオリジナルドラマ「ムービング」が20話を最後に幕を閉じると、ディズニー+のDAU(日刊の活性化利用者数)は100万人を超えるなどヒット街道を走りました。

ドラマムービングはカンプル作家がカカオ、ウェブトゥーンの初期形態である’次漫画の中’で2015年に連載したウェブトゥーンです。

私たちの周辺にもあるような平凡な人物たちの英雄的活躍を韓国の歴史的背景の中に溶け込ませた’韓国型ヒーロー物’で、国内累積照会数2億回を記録したヒット作。











「ムービング」はディズニー+韓国とグローバルコンテンツを合わせて公開初週に最多視聴時間1位という珍記録を打ちたてました。

米国Huluでも公開初週に韓国オリジナルシリーズの中で視聴時間基準最もたくさん視聴した作品になりました。

韓国、日本、香港、台湾、東南アジアなど、ディズニー+アジア太平洋地域で公開初週に視聴時間基準最もたくさん視聴したシリーズに勝ち進みました。










その結果、カカオページを合算したものをベース原作「ムービング」の8月の総売り上げは映像化の情報が本格的という以前の6月と比較して35倍に上昇しました。

7月比上昇率は11倍だった。ムービングと世界観を共有するいわゆる’カンプル・ユニバース’作品’ブリッジ’は6月比8月の売上と照会数がそれぞれ24倍、9倍増加するなど、つられて興行が上昇しています。

「ムービング」だけではありません。NETFLIXオリジナルシリーズ「マスクガール」が740万アクセス数を突破、NETFLIXグローバルトップ10 TV部門(非英語)1位を記録しました。









外貌コンプレックスを持った平凡な会社員のキム某がマスクで顔を隠したまま、インターネット放送BJとして活動して起こる話を7部作として扱って人気を集めました。

マスクガール原作はセミ・ヒセ作家が過去2015年8月から2018年6月まで、NAVERのウェブトゥーンで連載した同名の作品です。

完結してから5年が経ちましたが、NETFLIXの放送後、10日(8月19~28日)を合算国内取引額が初放送一ヵ月前、10日(7月9~18日)の取引額と比較して166倍急増しました。日本では同期間、「マスクガール」の日本(LINEマンガ)取引額が112倍も急騰しました。











この他にもウェブトゥーン、ウェブ小説が映像化され、興行に成功して、再びウェブトゥーン、ウェブ小説人気と売上が逆走行した作品は多いです。

NAVERウェブトゥーン原作の場合、昨年「今、私たちの学校は…」、「明日」、「ユミの細胞」などに続き、今年のNETFLIXシリーズ「D.Pシーズン2」、「ブラッドハウンド(猟犬たち)」、などが相次いで興行に成功しました。

ミン・ソンア作家が連載しているNAVERウェブトゥーン「イ・ドゥナ!」は同名のNETFLIXドラマとしてきたる10月20日に公開する予定で、関心を集めています。











カカオエンターテインメント今年、自社IP基盤の「ラブ・パッセンジャー ~私たちの恋愛事情」、「悪霊狩猟団カウンターズ2」、「キリング投票」など映像化作品の興行に成功しました。

「悪霊狩猟団カウンターズ2」はNETFLIXグローバルトップ10を記録しました。昨年には、「酒飲みな都会の女たち シーズン2」、「社内お見合い」、「ミョヌラギ」など映像化作品が大きな反響を得ました。

このようにウェブトゥーン原作のドラマ、映画が興行できる秘訣は何か。まず、ウェブトゥーンプラットフォームが創作者の養成に努め、生態系を拡大したのが効を奏したという分析です。









NAVERウェブトゥーンが2006年業界で初めて導入した’挑戦漫画’システムが代表的です。

挑戦の漫画はアマチュア創作者たちが自分の作品を読者に簡単に披露して、読者たちのフィードバックを直ちに受けられる空間です。

挑戦のマンガで正式連載につながる’昇格’システムはすでに韓国では、アマチュア登竜門として通じています。

その結果スターウェブトゥーン作家多数が、NAVERウェブトゥーン挑戦のマンガで排出されました。

‘外貌至上主義’作家パク・テジュン、’女神降臨’作家ヤオンイ、’今、私たちの学校は…、作家’アミガサタケ、’マスクガール’作家セミ・ヒセ、’ユミの細胞’作家イ・ドンゴンなどが代表的です。

現在、NAVERウェブトゥーングローバルストーリーテックプラットフォームで活動しているウェブトゥーン、ウェブ小説創作者数は600万人に達しています。

このうち中80%以上が海外利用者にグローバル成長のために現地の創作の生態系造成にも取り組んでいます。












カカオエンターテインメントは毎年公募展やアカデミーを開催、運営して能力のある新人作家発掘にも取り組んでいます。’kakaoウェブトゥーン’に拡大再編され以前のdaumウェプトゥーンは、最初にウェブトゥーンサービスを開始したプラットフォームでウェブトゥーン公募展また、国内で最も長い間、進行しながら、数多くの若手作家を輩出したりもし間ました。

カカオページ自体の公募展をはじめ、2015年から多様な発行先(CP社)とともに持続的に共同で公募展を進行中です。

kakaoウェブトゥーン、ウェブ小説を映像化しかねない製作の能力もIP好循環の重要の力量に挙げられます。

代表的にカカオエンターテインメントは自社IP映像化作品製作に多数参加しています。これを通じてストーリー・メディア・ミュージックなどIPバリューチェーンシナジーを出しているという評価です。












実際、「社内お見合い」、「イミテーション」、「好きなら泣かせるパシンッ!パシンッ!パシンッ!」などがカカオエンターが企画と開発などに参加した独自の製作作品です。

「Dr.ブレーン」、「アゲインマイ・ライフ」、「六本木クラス(日本版:梨泰院クラス)」、「ラブパッセンジャー」などにも共同製作に参加しました。

特に「社内お見合い」はカカオエンターテインメント傘下レーベルがドラマOST製作を引き受け、レーベル所属アーティストTHE BOYZ、VICTONなどが歌唱を引き受け感覚的でトレンディな音源で海外全域で人気を得ました。

オリジナルストーリーIPとグローバルネットワーク、映像コンテンツと音源企画、製作などエンターテインメント全分野の事業ポートフォリオとノウハウを保有したカカオエンターテインメント力量が目立った事例だと評価されています。

カカオエンターテインメント関係者は「社内お見合い」はIPを最もよく理解するカカオエンターテインメントと製作子会社クロスピクチャーズが共に直接企画、製作に参加しました。」

「メディア部門のグローバルOTTプラットフォームとのネットワークを活用し、NETFLIXを通じて全世界の視聴者に同時公開しグローバル全域で人気を得る成果を上げました。」と説明しました。











NAVERウェブトゥーンも子会社「スタジオN」を通じてウェブトゥーンIP映像化プロジェクトに集中しています。

スタジオNで製作したNETFLIX「ブラッドハウンド」は6月公開以後、非英語圏作品1位に上がるなど興行に成功した経緯があります。

スタジオNは昨年の売上470億ウォンで、2021年(50億ウォン)比急増し、成長の勢いを見せています。

この他にも製作に参加した作品は今年公開された「スマートフォンを落としただけなのに」、「ブラッドバウンド」「生まれ変わってもよろしく」、年内公開を控えた「イ·ドゥナ!」、「運の良い日」、「ヴィジランテ」、「もうすぐ死にます」「勇敢な市民」などが挙げられます。

ウェブトゥーン業界関係者は「映像化興行でプラットフォームには新規読者が流入し版権契約でウェブトゥーンプラットフォームが手数料を受け取ったり映像製作を通じて製作売上まで増える傾向です。」と説明しました。




ひとこと


今年のKドラマを語る上で外せないのが”ウェブトゥーン原作”の大躍進。今やOTTに限らず地上波のドラマにも多くみられて…マンガとドラマファンの融合で全世界に羽ばたいていくすごい時代になりましたね♪



✳︎写真はkakao,NETFLIX,thefact他より記事はnewsis.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«