韓国旅行|『ユ・クイズ 』【キム·ビョンチョル】、『トッケビ』前まで無名だった10年を回想♪

韓国旅行|『ユ・クイズ 』【キム·ビョンチョル】、『トッケビ』前まで無名だった10年を回想♪







俳優キム·ビョンチョルが「トッケビ」で光を見るまでの10年の無名時代を回想しました。

14日tvN「ユークイズオンザブロック」ではキム·ビョンチョルがゲストとして出演し演技人生を振り返りました。











「医師チャ·ジョンスク」で最高の株価を上げているキム·ビョンチョルは、希代の不倫相手を演じても憎めないキャラクターだという評価を受けたことについて、「本当に感謝しています。それほど評価してくれるとは想像もできませんでした。」

「私は悪い人でも悪い面だけがあるとは思いません。他の面貌を探して演技に反映すると保護本能が生まれると言ったんです。」と話した。

「人気を実感するか?」という質問には「率直に言って視聴率数字を見る時、正確に実感する」として「たまに集まりのため地下鉄を利用するが『誰かが調べたらどうしよう。「悪口を言ったらどうしよう」と思った。多くの人が気付いてくれる」と答えました。

















キム·ビョンチョルといえば欠かせない作品がまさに「トッケビ」。

作中でメインヴィランとして強烈な存在感を誇った彼は「最初は奸臣として出て、転生した役でもう1、2回出ることができると、特別出演程度の分量で配役を受けました。」

「ところが撮影終盤に「奸臣キャラクター」を再び登場させることにしたと言うんです。「重要なキャラクターよ」とおっしゃっていました。私は思いもよらなかったのですが、ひとまず良かったです。」と秘話を伝えました。

「メイクした姿も恐ろしく、強い感じがして自ら魅力的に感じました。」というのがキム·ビョンチョルの説明。

以後、「太陽の末裔」「ミスターサンシャイン」に相次いで出演し「キム·ウンスクの男」に生まれ変わった彼は「作家さんが『この俳優の演技には予想外の何かがある』と仰ったそうです。私がいなかった席でそのような話をしてくれたと聞いてびっくりしました。」と話しました。












「トッケビ」で注目されるまで、キム·ビョンチョルは10年の無名時代を過ごしました。

彼は「まれに(俳優の)仕事をし、仕事が全くない時にはできることをしました。短編映画も撮って、その都度しなければならないことをしていたら時間が過ぎたんです。」と当時を回想しました。

「生計はどうしたのか?」という質問には「両親の家に住んでいたので家賃などの負担は減らすことができました。アルバイトで生活費も稼着ました。」と答えました。

さらに「小学校の放課後演劇教師もしました。演劇教室だから自発性を引き出すために遊びの授業をしたんですが、教頭先生が来て「お前たち何してるんだ。「なんで叫ぶ?」と仰られて。子供たちがただ遊んでいるだけだと思って授業を終了させられました。」として関連事情も紹介しました。












キム·ビョンチョルはまた「演技をやめたいと思ったことがあるか?」という質問に「そのような考えもしました。それで演劇教師をしました。」と答え、「舞台監督の仕事もしてみましたが、大きなミスをするなど仕事がうまくいかなかったんです。」と告白しました。

キム·ビョンチョルは47歳の未婚。この日、彼は理想の人の質問に「私は平凡な方です。私が素朴な人なので、自分の仕事を熱心にして賢明な方が良いです。」と答えました。

「好感のある異性に積極的に話しかける方なのか?」という問いには「そうはできないのですが、今はそうしなければならないようです。」と笑いました。



ひとこと


わずかな登場だったはずがキム作家によって大きなチャンスを与えられた「トッケビ」から大きく人生が変化したとは…。未婚で「Dr.cha」の役を演じ切ったのには改めて驚きますね♪


✳︎写真=「ユ・クイズ ON THE BLOCK」より記事はtvreport.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«