韓国旅行|【イ·シヨンetc..】5人5色!新鮮な “オーバーオールパンツ” スタイリング♪

韓国旅行|【イ·シヨンetc..】5人5色!新鮮な “オーバーオールパンツ” スタイリング♪







可愛さたっぷりのデイリールックから成熟さが感じられるオーバーオール(別名:サロペット)パンツルックまで、それぞれの個性通りに消化した5つのオーバーオールスタイリングをご紹介します。











イ·シヨンのルックで捉えられたオーバーオールスタイルは愛らしさの限界値に挑戦します。

デニム素材のオーバーオールショーツをセーラーカラーのブラウスと一緒にマッチし、ギンガムチェックキャップを加え、別名「クロソイ」を強調しました。











いくらオーバーオールパンツが流行しても、20代半ばを超えた年齢なら、叱られるのではないかと心配になるのも事実です。

ファッションインフルエンサー リンドラ·メディンは、オーバーオールパンツを大人らしく着こなす方法を提示します。

フォーマルなホワイトシャツとツイードジャケットにオーバーオールパンツをマッチし、フラットシューズを加えてクラシックな感性を吹き込んだ彼女のルックを参考にしてみてください。











おしゃれなお姉さん、ファン·シネもオーバーオールパンツに挑戦しました。

ビンテージなウォッシングのオーバーオールパンツをはいて、オーバーサイズのホワイトシャツをアウターのように羽織ってスタイリッシュな着飾ってないルックの標本を見せてくれます。

バケットハットをすっぽりかぶって、ナチュラルなお洒落をスプーン1杯加えたセンスにも注目してください。












シード·アナスタシアのアウトフィットでは、はっきりとした秋を感じることができます。

彼女はレザー素材のオーバーロールショーツをベーシックなスウェットシャツと一緒にマッチしてカジュアルに演出しましたね。

さらにプラットフォームが分厚いUGGブーツで暖かい雰囲気を加え、今秋に合わせて着たいスタイルを完成しました。











オーバーロールアイテムがいつもかわいいという偏見を破るGFRIENDイェリンのルックをご紹介します。

大小のポケットが付いたオーバーオールワンピースをガールクラッシュルックで消化しましたが、インナーをマッチせず単独でオーバーオールワンピースを着用した後、ごついロングブーツを追加してタフなユーティリティルックに着こなしました。




ひとこと


歳を取っても上手に着こなす欧米の方のオーバーロールスタイルに憧れながらもなかなか踏み出せないですが、トレンドが続く今こそ挑戦してみたいですね♪


✳︎写真・記事はellekoreaよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«