韓国旅行|『ウ·ヨンウ』から『ディーバ』に···【パク·ウンビン】真正性「勝負手」♪

韓国旅行|『ウ·ヨンウ』から『ディーバ』に···【パク·ウンビン】真正性「勝負手」♪







俳優パク·ウンビンが「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」以後、「ディーバ」で戻ってきました。

19日オンライン生中継されたtvNの新しい土日ドラマ「無人島のディーバ」製作発表会にはパク·ウンビンを含めオ·チュンファンPD、俳優キム·ヒョジン、チェ·ジョンヒョプ、チャ·ハクヨン、キム·ジュホンなどが参加し作品と関連した話を交わしました。

「無人島のディーバ」は15年ぶりに無人島で救助された歌手志望生ソ·モクハ(パク·ウンビン扮)のディーバ挑戦記を描きます。

ENAドラマ「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」(以下「ウ·ヨンウ」)でシンドロームを起こしたパク·ウンビンの次期作なので序盤から熱い関心が集まりました。











パク·ウンビンはソ·モクハ役との出会いについて「軽い気持ちで選択したのですが、やることが多い作品でした。 歌も上手で、ギターも上手で、海で泳ぐこともでき、方言も話さなければならないキャラクターでした。」

「一歩遅れて「また難しい選択をしたんだ」と思いました。 しかし、決して後悔はありません。 モクハの力が私にも必要でしたし、役に立ちました。 新しい挑戦になったようです。モクハに会って、今とても熱心に生きています。」と愛情を示しました。

「ウ·ヨンウ」の撮影真っ最中の時に作品の提案が来て、パク·ウンビンはモクハに好奇心を持つようになりました。

彼女は「『ウ·ヨンウ』を撮影していた時、この作品が来ました。 息をする暇が少し必要でした。」

「何よりも「無人島のディーバ」というタイトルが興味深く、台本を読んでからはモクハの冒険がどのように繰り広げられるか気になりました。 監督と作家に会う時、気になることをメモして行いました。」と当時を回想しました。












彼女にとって無人島とは「誰もが心の中に抱いている私だけの空間」です。

パク·ウンビンは「そのようなことを抱いて暮らせば果たしてどんな考えをし、どんな生き方で暮らし、どのように人生の方向を決めるのか気になっりました。」

「無人島の人生が今の私をいるようにするという気がし、それならモクハがどのように波乱に対処して暮らせるのか気になりました。 そのようなモクハの力を得て具現したい欲が生じました」と作品選択の理由を明らかにしました。







tvNの新しい土日ドラマ「無人島のディーバ」の出演俳優たち、左から俳優のキム·ジュホン、キム·ヒョジン、パク·ウンビン、チェ·ジョンヒョプ、チャ·ハクヨン





劇中の歌はすべて自分で消化しました。 歌手ではなく俳優ですが、真剣に視聴者の心に触れるためです。 もちろん、過程は決して容易ではありませんでした。

パク·ウンビンは「モクハの最も重要な強みがまさに歌でした。 自分の声で歌わなければ、真正性を伝えることができないのではと悩みました。モクハの感情も一緒に伝えられるので、100%私の声でお聞かせした方が視聴者にもっと届くと思いました。」とそのように決心した理由を伝えました。












続けて「そのように決心した瞬間から歌手デビューに準ずる努力を傾けています。 実際、モクハが「ディーバ」になろうとする夢を持った人なのでデビューを控えた心情で努力しました。」

「「歌手になるのは本当に大変だ」という話を一番多くしたようです。」として「モクハのように1年に近い時間を毎瞬間挫折し、また頑張って耐えてきたようです。 私もモクハの肯定的なエネルギーを受けて乗り越えています。」と説明しました。

tvNの新しい土日ドラマ「無人島のディーバ」は10月28日夜9時20分に初放送されます。










ひとこと


予告を観ただけでもウンビンさんの弾けるエネルギーとキュートな笑顔に引き込まれます!日が短くなり少し寂しさを感じる秋ですが、元気をいっぱいもらえそうな作品…楽しみですね♪


✳︎写真はtvNより記事はnocutnews.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«