韓国旅行|『ドリームハイ』→『無人島のディーバ』まで【パク·ヘリョン作家】が描く世界♪

韓国旅行|『ドリームハイ』→『無人島のディーバ』まで【パク·ヘリョン作家】が描く世界♪







◇「無人島のディーバ」童話のような話の中に入り込む共感

作家の作品観、世界観を理解すれば、ドラマをより豊かに楽しむことができます。

作家たちは毎作品ごとジャンルとメッセージ、これを解いていく展開方式など似たような色で慣れを与えたりしますが、適切な変奏を通じて成長した姿を見せたりもします。

また、意外な変身で驚きを与えてくれます。 現在放送中の作品の作家フィルモグラフィを掘り起こし、より深い理解をお手伝いします。

パク·ヘリョン作家は「ノンストップ」シリーズを皮切りに「キムチチーズスマイル」、「彼女がラブハンター」などシットコム、コメディドラマを執筆し視聴者に笑いを与えました。












以後「ドリームハイ」を通じて清涼な青春ドラマの魅力を具現したパク作家は「君の声が聞こえる」まで連続興行させスター作家に仲間入りしました。











「ピノキオ」「あなたが眠っている間に」「スタートアップ」等、初々しい青春ドラマと甘いメロを行き来しながら視聴者に愛されています。

15年ぶりに無人島で救助された歌手志望生ソ·モクハ(パク·ウンビン)のディーバ挑戦記を描くtvNドラマ「無人島のディーバ」も青春ドラマとメロを行き来しながらパク作家の実力を見せるものと期待を集めています。

初回3.2%を記録し、2回では5.2%と上昇を見せ、序盤は気持ちよくスタートしました。




◇ファンタジーと現実を行き来しながら繰り広げる興味津々な展開









「ドリームハイ」は芸能芸術高等学校を背景に繰り広げられる青春たちの話を盛り込んだドラマで、スターになるために孤軍奮闘する青春たちの夢と愛について描きました。

2011年の放送当時、15%を超える視聴率を記録していました。 高校を背景にしたドラマが大衆的な人気を集めるのが難しかった当時を考えれば、かなり良い成績表でした。

俳優スジ、キム·スヒョン、オク·テギョンなど今はトップスターに生まれ変わりましたが、当時はアイドル出身、新人俳優たちの組み合わせに期待感が大きくなかったのも事実です。

しかし芸術高校という差別化された学校を背景に、夢に向けた10代の純粋な情熱にスポットライトを当て、視聴者の興味を誘発しました。

特にスジ、オク·テギョンはレベルの高いダンス、歌で「ドリームハイ」素材の魅力を生かすかと思えば、安定した演技力でキャラクターたちの成長過程を自然に納得させました。

ここに優れた実力の後、純朴な魅力で見る人たちを魅了させた田舎出身のソン·サムドン(キム·スヒョン)まで。 夢のために孤軍奮闘する青春たちの話が組まれて多少慣れていても、楽に楽しめる健康なドラマになりました。












「君の声が聞こえる」を通じてはファンタジー的面白さを加味しました。

俗物国選専担弁護士のチャン·ヘソン(イ·ボヨン)と、人の心を読む神秘の超能力少年のパク·スハ(イ·ジョンソク)、正しい生活の男のチャ·サンウ(ユン·サンヒョン)が出会って起こる事件を扱った作品。

国選弁護士のチャン·ヘソン、チャ·サンウが特別な能力を持ったパク·スハと意気投合し、各種事件を解決する過程を通じて、法廷ドラマとファンタジーの調和を見せました。

ここにミン·ジュングク(チョン·ウンイン)に家族を失った傷を共有し感情を育てるパク·スハ、チャン·ヘソンの叙事を通じて青春ロマンス物の興味まで与え、ロマンスファンタジー法定物という見たことのないジャンルを誕生させたりもしました。

多少刺激的な話でしたが、ロマンスとファンタジーを適材適所に溶かし、一編の温かい童話を見るような感じを与えました。











「ピノキオ」でもファンタジーと現実の間に適切な綱渡りを見せてくれました。

真実を追跡する社会部記者たちの話で、前の作品とはまた違う青春ドラマの面白さを見せると同時に、嘘をつくとしゃっくりをするピノキオ症候群という仮想の設定を活用し、ユニークな興味を誘発したのです。

社会部記者たちが向き合う事件を通じて社会あちこちの不条理を反映し、重みを逃さずにファンタジーとキ·ハミョン(イ·ジョンソク)、チェ·インハ(パク·シネ)のメロを通じて適切に雰囲気を喚起したりもしました。

若者たちの話を繰り返しながらも新鮮さを失わない、パク作家の実力が感じられる作品でした。











「無人島のディーバ」もまた変わった設定の中、若者たちの夢と愛の物語で普遍的な共感を形成しています。

無人島で15年も漂流生活をしたソ·モクハを主人公に、風変わりな場面を演出する一方、歌手志望生だった彼女がどのように夢を叶えていくのか期待を集めています。

ここに幼い頃、切ない叙事を積んだキホとの再会とその後続くロマンスまで。

パク作家特有の童話のような話の中で続く共感叙事に多くの人々の好奇心が誘発されています。



ひとこと


一貫して描き続けてきた”童話のような話の中で続く共感叙事”…パク作家の人間を見る眼差しがいつも温かいからこそ、シットコムからドラマまでこんなに素敵なお話を書き続けられるのですね♪


✳︎写真はMBC,KBS,SBS,tvNより記事はdailian.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«