韓国旅行|【チョン·ドヨン❤️チョン·ギョンホ】『イルタ·スキャンダル』最終回19.8%…自己最高視聴率で終映♪

韓国旅行|【チョン·ドヨン❤️チョン·ギョンホ】『イルタ·スキャンダル』最終回19.8%…自己最高視聴率で終映♪







✳︎この記事にはドラマの内容が含まれています。まだご覧でない方はご注意ください。

「イルタ·スキャンダル」のチョン·ドヨンとチョン·ギョンホがハッピーエンドを迎えました。

5日に放送されたtvN土日ドラマ「イルタ·スキャンダル」(脚本ヤン·ヒスン/演出ユ·ジェウォン)がヘンソン(チョン·ドヨン)とチヨル(チョン·ギョンホ)の結婚の約束で完璧なロマンスエンディングを完成、大団円の幕を下ろしました。

最終回の視聴率は首都圏基準で平均19.8%、最高20.8%、全国基準で平均17%、最高18%を記録しました。

これは自己最高視聴率をもう一度更新したのはもちろん、相変わらず全チャンネルで同時間帯1位の座を席巻し、最後まで熱い熱気を立証して意味ある仕上げをしました。
(ニールセンコリア有料プラットフォーム基準)










ヘンジャ(ペ·ヘソン)と一緒に去るというヘイ(ノ·ユンソ)の爆弾宣言に混乱したヘンソンに、チヨルは温かい慰めになりました。

結局、ヘイの選択を尊重することにしたヘンソン。 しかし、ヘイが、”ヘンソンがもっと幸せになることを願う気持ちから下した決定”だということに気づいたヘンジャは、一人で去ることを選択しました。

初めて妹のヘンソンと娘のヘイのための選択をしたヘンジャでした。 これと共に、ヘンソンとチヨルのロマンスはさらに熱くなりました。








チヨルが合コン相手だったヘヨン(ペ·ユンギョン)と偶然会った現場が目撃され、新しい彼女だと噂になると、チヨルはヘンソンに”自分の心をより確実に表現するためにプロポーズをする”ことを決心しました。

これはヘンソンも同様でした。

行き先は歯並びより一足先に「結婚しましょう。 私たち」と先にプロポーズをし、これにチヨルは「そうですね。私たち結婚しましょう」としてお互いが準備したカップリングを挟んでロマンスを完成した。









時間が経って2年後、ヘイとソンジェ(イ・チェミン)は立派な大学生になっていました。 依然として友達として過ごしていた2人は、ヘイルのびっくり頬キスと共に恋人に関係が発展しました。

そうかと思えば、チヨルは相変わらず大韓民国最高の数学スター講師である反面、ヘンソンは入試ママではなく熱血入試生になっていました。

長年の夢だったスポーツ指導士の資格を取るために熱心に読書室に通いながら勉強中だったのです。お互いにプロポーズした2人は、ヘンソンが夢を叶えた後、結婚することを約束しました。

いよいよ近づいてきたヘンソンの合否の発表日、ヘンソンが合格したという便りを聞いたチヨルは塾の受講生たちの前で堂々と「合格だ」と叫びながら喜び、皆の祝賀を受けました。

ヘンソンの合格だけを待ちわびていて、やっと結婚式を挙げることができるようになった二人。 公式的にスキャンダルが起きてもいい関係になったヘンソンとチヨルのロマンチックなキスと共に固く閉ざされたハッピーエンドを迎えました。








「イルタ·スキャンダル」の最後はヘンソンとチヨルお幸せな姿でエンディングを飾り、見る人まで微笑ませるときめきを抱かせました。

2人だけでなく各々の平凡な日常の中で幸せを享受するノグン路の人々のストーリーは最後まで甘いときめきと共に心の温度を高める温かさをプレゼントし「スキャンダル」らしい仕上げをした。

毎週末の夜ごとに視聴者たちを笑わせ泣かせた「イルタ·スキャンダル」が残した意味を振り返ってみましょう。




#1.この上なく完璧だったロマンスケミ! 没入を呼んだチョン·ドヨンxチョン·ギョンホの熱演






「イルタ·スキャンダル」が初放送から最後まで視聴者を魅了させることができた理由の中心にはチョン·ドヨンとチョン·ギョンホがいます。

しっかりとした演技力とキャラクターの魅力を倍増させた2人の俳優の熱演は劇中のヘンソンとチヨルのロマンスにより一層深く共感し、「信頼できる」俳優としての底力を堂々と立証しました。

チョン·ドヨンとチョン·ギョンホは、巧みな緩急調節が目立ったティキタカケミはもちろん、胸をドキドキさせるときめき指数まで最高値に引き上げシナジー効果を発揮しました。

特に、特有のラブリーさがナム·ヘンソンキャラクターに会ってさらに光を放ったチョン·ドヨンと数学スター講師チェ·チヨルというキャラクターを立体的に完成したチョン·ギョンホに向けた視聴者の関心と愛は、いつにも増して熱いものでした。

会えば言い争っていた2人がお互いにゆっくりと心を開いて染み込む過程に続き、双方のプロポーズで完成した完璧なロマンス叙事は高い吸引力で過没入を誘発した「イルタ」熱風の立役者でした。




#2.愛するしかないキャラクターアンサンブル! キャラクターに渾然一体となった魅力+個性豊かな俳優軍団の活躍!






チョン·ドヨン、チョン·ギョンホと共にイ·ボンリョン、オ·ウィシク、シン·ジェハ、ノ·ユンソ、チャン·ヨンナム、キム·ソンヨン、ファン·ボラ、イ·チェミンなど多様な魅力で武装した俳優たちの活躍は劇を一層豊かにしました。

隙のない演技でキャラクターを生き生きとさせ、ドラマ適材適所でその魅力が光を放ち、笑いと共感、そして胸にじーんとくる感動を与えるチャームポイントの役割を十分に果たしました。

単純にヘンソンとチヨルのロマンスを支えるために添えられるのではなく、各々の悩みとストーリーがあった多彩なキャラクターたちの活躍は「イルタ·スキャンダル」だけの魅力を極大化しドラマの完成度を高めました。




#3.ロマンスに重ねられた愉快+和やか+ヒーリングコード! 毎週末の夜を担当していた休息のようなドラマ!









「イルタ·スキャンダル」は胸がときめくロマンスに和やかで温かい人が生きる話を全て抱いていました。

私教育1番地と呼ばれるノグン路を構成しているヘンソンの国家代表惣菜店、チヨルのザ·プライド学院、そしてウリム高校まで、これを背景にした多様な構成員の喜怒哀楽が込められたエピソードは時には笑いを誘い、また時には涙腺を刺激したりもし、ときめきとヒーリング、そして温かい慰めを与えました。

特にヘンソンとチヨルが作っていく甘いロマンスと調和して「イルタ·スキャンダル」だけの魅力を濾過なしに披露したという評価です。

「イルタ·スキャンダル」は胸がどきどきするときめきと共に愉快な笑い、人の匂いがするヒューマニズムなどを兼ね備え、まるで「総合ギフトセット」のようだったドラマで長い間余韻を残すものと見られます。



ひとこと


初回で見せたチヨルを追いかけるヘンソンの猛ダッシュ!その勢いのまま序盤から引き込まれ、毎週末楽しませてくれたドラマがあっという間に駆け抜けて行ったよう…ちょっぴり寂しいですね♪


✳︎写真はtvN,managementsoop他より記事はmk.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«