韓国旅行|週末のお茶の間劇場を熱くする『イルタ·スキャンダル』大ヒットの理由♪

韓国旅行|週末のお茶の間劇場を熱くする『イルタ·スキャンダル』大ヒットの理由♪







「チョン·ドヨン(50)とチョン·ギョンホ(40)のロマンスが似合うだろうか?」tvNドラマ「一打スキャンダル」を巡り、当初放送界内外ではこのような憂慮が出ていました。

「惣菜屋のおばさん」ナム·ヘンソン(チョン·ドヨン)と大学入試塾の数学スター講師チェ·チヨル(チョン·ギョンホ)の「愛」というドラマの素材も突拍子もないように見えるという声も少なくありませんでした。

期待より心配が先立っていた「イルタ·スキャンダル」は当初興行期待作ではありませんでした。 先月14日の初放送視聴率は4.0%(ニールセンコリア)。 「カンヌの女王」のような大型演技派俳優も韓流スターも出てこない前作「幻魂」パート2最終回の視聴率(9.7%)の半分にも満たない成績でこのドラマが出発した背景でした。









しかし、序盤の不振とは異なり「イルタ·スキャンダル」が最近、お茶の間劇場を熱くしています。 回を重ねるごとに「愉快だ」「軽いがよく考えられた構図」等の口コミに乗って5日基準視聴率は11.8%に跳ね上がりました。

地上波やケーブル、総合編成チャンネルを合わせて、お茶の間劇場の視聴率激戦地として浮上した週末午後9時以降の時間帯ドラマ1位です。

SNSには「最近娘と一番没頭して見ている」「母親と一緒に見ていて爆笑し、お互いの腕を20回は叩いたようだ」などの書き込みが相次いで掲載されました。 「イルタ·スキャンダル」がテレビの前に今、家族を呼び集めているのです。









ドラマが予想より幅広い関心を得たのには、すべての世代の関心事である殺伐とした入試戦争を扱い、公正と「小川から龍が出る」ファンタジーを刺激するのが功を奏したという評価です。

「イルタ·スキャンダル」でチェ·チヨルはお金を一銭ももらわず、ナム·ヘイ(ノ·ユンソ)に数学を個人指導しています。

講師だけでなく、塾のカリキュラムまで勝手に変えるいわゆる「テジオンマ(豚の母親)=教育に熱心過ぎる母親の意味」たちの団結で、特別講義から追い出された生徒を助けるためです。

生みの親に捨てられたヘイは、惣菜店を経営する叔母ヘンソンの下で育ち、高校1年生まで私教育の助けなしに勉強し、全校10位台を維持してきました。

コン·ヒジョンドラマ評論家は「入試を悲劇として扱った『スカイキャッスル』(2018)と『ペントハウス』シリーズ(2020~2021)とは異なり『イルタ·スキャンダル』は私教育市場に引き継がれる親の権力と入試カルテルを崩すことに集中する」

「その変数をごはんと先生の使命感ととらえ、突拍子もないながらも愉快に見せてくれる」と話しました。 笑いを与えている。」と述べました。










予想より熱い「イルタ·スキャンダル」の人気は、この間Kコンテンツ市場が「ザ·グローリー」をはじめとして「今、私たちの学校は…」「弱いヒーロー」「ビッグマウス」等、私的復讐を素材にしたジャンル物一辺倒に流れたことに対する反作用とも読み解けます。

チョン·ドクヒョン大衆文化評論家は「『あふれ出るジャンル物に対する疲労と『暖房費爆弾』等で景気が凍りつき心配なく楽に見られる『イルタ·スキャンダル』で視聴者が集まった」

「縮こまった日常でこのドラマを通じて『幸せとは何か』を尋ね、その答えを探している」と診断しました。




◇息詰まるチョン·ドヨンはいない… 「日差しのようなヘンソンに胸がいっぱい」








非現実的な展開に反感の代わりにロマンを吹き込むのは俳優たちのコクのあるコミック演技。

チョン·ドヨンとチョン·ギョンホは劇でお互いに水をかけ合いながら視聴者の笑いのために体を投げます。 先着順で締め切られる数学講義の受講証を得るために、汗着についた帽子をかぶって死力を尽くして走るチョン·ドヨンは、まるで漫画の主人公のようです。

映画「密陽」(07)と「下女」(2010)、「無頼漢」(2015)をはじめ、ドラマ「グッド·ワイフ」(2016)と「人間失格」(2021)など、彼女の最近作で見せてくれた暗くて悲壮で事情の多いチョン·ドヨンはいません。

パク·サンガンドラマ評論家は「チョン·ドヨンが臆しないように力を抜いて生活演技をし、チョン·ギョンホは特有の柔弱さを自然に生かしてキャラクターたちを生き生きと表現した」と見ています。

ヘンソンは中年のキャンディのように見えますが、摂食障害を持ったチヨルを支えながら関係を導いています。 チョン·ドヨンは「ヘンソンはあまりにも日差しのような人物なので演技しながら時々胸がいっぱいになりました」と話しました。




◇「数式間違えて再撮影」 家に黒板を買ったチョン·ギョンホ







昨年8月から始まった「イルタ·スキャンダル」の撮影は5日に終わりました。 撮影が行われた約6ヵ月間、チョン·ドヨンは国家代表出身の運動選手のように、チョン·ギョンホはスター講師のように暮らしたと言います。

チョン·ドヨンは縄跳びの二重跳びを毎日練習し、チョン·ギョンホはスター講師を訪ねて講義法を学びました。 ドラマ諮問を引き受けたアン·ガラム数学講師は「チョン·ギョンホが最初から黒板を買って家で毎日黒板の字を練習していました」と話しました。

ドラマにはチヨルが高校の数学を解く姿がよく出てきます。 数学を遠ざけた俳優がスター講師のように講義するのは難関の連続だったと言います。

チョン·ギョンホは「しばらく数学を理解しようとしたができなかったんです。 それで(解釈を)ただただ覚えました」と話しました。

ドラマ製作関係者は「実際に学生たちを呼んで撮影をした」として「チョン·ギョンホが覚えて書いた関数問題関連数式が間違っているという指摘が学生たちの間で出て再び撮影したこともある」と製作エピソードを耳打ちしてくれました。




ひとこと


“オンマと大笑いしながら見ているetc…” 今、TVの前に家族を集める「イルタ」。やはり私たちには「春の日差し」が必要なようですね^^/


✳︎写真はtvNより記事はhankookilbo.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«