韓国旅行|”2003年のドラマ?”···多少稚拙でも見られる『キング·ザ·ランド』の特別さ♪

韓国旅行|”2003年のドラマ?”···多少稚拙でも見られる『キング·ザ·ランド』の特別さ♪







どこかで見たようなキャラクター設定に、裏話が予測できるほど明らかですが、本番死守は止められません。 「キング·ザ·ランド」の妙な魅力です。

JTBCとNETFLIXを通じて同時公開される土日ドラマ「キング·ザ·ランド」に向けた関心が終映までたった2回しか残っているない状況で、まだ熱いままです。

初回5.1%の視聴率(以下、ニールセンコリア全国基準)で始まり、最高視聴率12.3%(12回)まで記録し、勢いに乗っているのです。

話題性も熱いです。 ファンデックスが発表したテレビ-OTT統合話題性順位(7月31日基準)で、6週連続最上位圏に安着しました。 これに先立ってnetflixグローバルトップ10ウェブサイトでもテレビ(非英語)部門1位を3回記録し、海外ファンの熱い声援を実感させました。










国を問わず「キング·ザ·ランド」ブームが巻き起こっているわけですが、実は「キング·ザ·ランド」は劇序盤からストーリー展開において「時代錯誤」的という批判を受けもしました。

財閥2世にハンサムな外見まで持つ男性ク·ウォン(イ·ジュンホ)と短期大学出身という理由であらゆる迫害を受ける「キャンディ型」女性職員チョン·サラン(イム·ユナ)のラブストーリー。

ところが完璧だと思っていた男性主人公は異母兄妹間の葛藤、経営権紛争などの人知れぬ傷を持っており、この唯一の欠乏を満たしてくれる存在がまさに女性主人公です。

二人は急速に恋に落ちますが、身分の違いで激しい試練を経験することになります。 2023年の作品であるにもかかわらず「パリの恋人」、「マイガール」、「花より男子」、「皇太子の初恋」といった2000年代の流行ドラマが走馬灯のように通り過ぎる理由です。












典型的な「シンデレラストーリー」ですが、それでも視聴者は「キング·ザ·ランド」を断ち切ることはできないと話します。視聴者たちが重い空気を精一杯抜いた軽い感じの作品を望んでいるためです。

OTTプラットフォームが急速に発展し、放送界には一度見れば絶対目をとめずにはいられない「ジャンル物」熱風が吹きました。難しく、緻密で繊細なほど、きちんと口コミが広がりました。

ところが、すべての放送街でジャンル物だけがあふれ、大衆はますます疲れを感じ始めました。 一日を締めくくる夜の時間に些細な笑いを抱かせるのがドラマの醍醐味だったので、簡単に接近できる作品に対する渇きが生じたのです。











「キング·ザ·ランド」はこのような視聴者の欲求を満たすのに最適なドラマでした。 人物の性格がはっきりしていてストーリーが単純で、何も考えずに楽しみやすいのです。

予測可能な「知っている味」が特に嬉しい理由です。 ときめきポイントも明確です。

ク·ウォンはいつも危機に陥った天愛のためにお金と地位を利用して困難を解決するスーパーマンとして登場します。 ロマンスの進展も滞りなく、スキンシップの頻度も多く、場面ごとに視聴さの心拍数を高めています。

今年上半期最高興行作の一つであるJTBC「医師チャ·ジョンスク」とtvN「イルタ·スキャンダル」も進入障壁が低い日常的素材をメインストーリーにして視聴者から大きな愛を受けました











何よりも「キング·ザ·ランド」はサービス職従事者であるチョン·サランとその周辺人物の状況を現実的に描き出し、多くの会社員の共感を買いました。

実際、サービス業種で17年間勤めたと知られた「キング·ザ·ランド」チェ·ロム作家は「各職業群に対する取材と諮問を受けてエピソードを完成した」として「職場内のすべての人が一緒に仕事をする同僚として尊重されることを願う気持ちで作ることになった作品」と明らかにした経緯があります。












学閥による社内差別を受けているホテリアーサランは「正規職」になることだけを眺めながらたくましく勤務を続けています。

チョン·サランの友人オ·ピョンファ(コ·ウォニ)は機内販売実績最下位に事務長昇進に毎回失敗する切ない人物として描かれます。

カン·ダウン(キム·ガウン)は新人から着実に道を歩み、ついにチーム長の座まで上がった人物。 それにもかかわらず、毎日モンスタークレーマーを相手に日々を耐えています。

お互いの疲れを知っている人たちなので義理は深いです。 単純に金持ちの男性に会って人生が180度変わるシンデレラストーリーとは違う「キング·ザ·ランド」だけの差別点と見ることができます。











チョン·ドクヒョン大衆文化評論家は「『キング·ザ·ランド』の展開過程が『ありきたりだ』と感じながらも視聴者の呼応を受けた理由の一つは、人物設定の特異さのため。」

「サランは感情労働者として登場し、そのような枠組みの中でク·ウォンという新しい王子様が誕生しました。サランとク·ウォンの身分を超越した愛、そして労働者の立場を代弁するク·ウォンの態度で視聴者がぴりっとするカタルシスを感じること。」と評価しました。









ひとこと


確かにいつの間にか財閥さんが続々帰還中…チヨルはヴィラのペントハウスに在住し、ジョンソクも慰謝料にビルを貰っていました。この流れが今後も続くのか要注目ですね♪


✳︎写真はjtbc,sbs,netflix,kbs2,tvNより記事はedaily.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«