韓国旅行|【TVING】『涙の女王』 – 『ソンジェ』が牽引し上半期の競争激化…NETFLIXとの格差を縮める!

韓国旅行|【TVING】『涙の女王』 – 『ソンジェ』が牽引し上半期の競争激化…NETFLIXとの格差を縮める!







国内ストリーミングプラットフォームのTVINGが韓国市場の先頭走者であるNETFLIXに強気を見せていると金曜日のデータが明らかにしました。

アプリケーション分析サービスであるMobile Indexによると、上半期のTVINGの月間アクティブユーザー数(MAU)は27%増の739万人を記録し、NETFLIXは16%減の1096万人を記録しました。 同社には、ウェブベースのユーザー データは含まれていません。

このような傾向は、NETFLIXが28%下落したことにより、TVINGの数値が49%増加し、一日のアクティブユーザーでさらに顕著になりました。







「ピラミッドゲーム」「エクスチェンジ3




TVINGの成功は「もうすぐ死にます」、「LTNS」、「ピラミッドゲーム」、「エクスチェンジ3」など人気オリジナルコンテンツと、「私の夫と結婚して」、「涙の女王」、「ソンジェ背負って走れ」などのヒット曲を独占放送したおかげです。

このプラットフォームはKBO野球試合のストリーミングの恩恵も受けました。











対照的に、NETFLIXはこの期間中、ヒット作を成功させるために孤軍奮闘しました。

「ソンサン-弔いの丘-」や「殺人者のパラドックス」のようなショーは、非英語TVシリーズに対するNETFLIXの週間チャートで1位を占めたことで、国際的に良い成果を収めましたが、以前の韓国NETFLIXオリジナルの影響力に追いつくことはできませんでした。

市場の他のストリーミング サービスも困難に直面しました。 Disney+はMAUが25%減少した252万人で、最大の減少を示しました。

昨年の「ムービング」と同等のヒット作を生み出すことができませんでした。 高い期待とスターパワーにもかかわらず、「パラサイト」のスター、ソン·ガンホが出演した韓国オリジナルシリーズ「サムシクおじさん」は低調な成果を収めました。

Coupang Playとwavveも利用者損失が発生し、MAUがそれぞれ663万人、432万人で8%、3%減少しました。

プラットフォームに費やされた時間はこのような傾向を反映し、TVINGは視聴時間が47%増加した反面、NETFLIXの視聴時間は36%減少し他ことがわかりました。



ひとこと


OTTの勢力図まで塗り替えるほど「涙の女王」「ソンジェ」「私の夫」の3作品が上半期のKドラマを引っ張ったことがわかります。巨大恐竜NETFLIX、Disney+をも蹴散らかす勢いが続くか注目ですね♪


✳︎写真はTVINGより記事はyna.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«