韓国旅行|『涙の女王』で帰ってくる【キム·スヒョン】…舞台はすべて整った!

韓国旅行|『涙の女王』で帰ってくる【キム·スヒョン】…舞台はすべて整った!







◇今週初放送のtvN土日ドラマ「涙の女王」にかける期待感







「太陽を抱く月」のイ·フォンを皮切りに「星から来たあなた」のト·ミンジュンを経て「サイコだけど大丈夫」のムン·ガンテまで、業界の多くの人が注目した有望株キム·スヒョンはその期待を食べてすくすくと成長してきました。

そんなキム·スヒョンがtvN「涙の女王」を通じて久しぶりにテレビに姿を映します。 2021年Coupang Play「ある日」以後約3年ぶり、テレビドラマは2020年「サイコだけど大丈夫」以後約4年ぶりです。

多くの人々はキム·スヒョンの復帰に大きな期待をかけています。 単に名前だけのためではありません。 キム·スヒョンと「涙の女王」を巡る色々な条件を確かめてみれば、むしろ期待をかけない方ががおかしいのですから。












b「涙の女王」はクイーンズグループ財閥3世、デパートの女王ホン·ヘインとヨンドゥリの里長の息子、スーパーマーケット王子ペク·ヒョヌ、3年目の夫婦のくらっとする危機と奇跡のように再び始まる愛の物語を描いた作品です。

キム·スヒョンは田舎出身で名門大学ロースクールを卒業し、クイーンズグループ法務理事の座まで上がったペク·ヒョヌ役を引き受けました。

ヒョヌは新入社員時代に偶然出会ったクイーンズグループ財閥3世のホン·ヘイン(キム·ジウォン)と恋に落ち、世紀の結婚をして3年間結婚生活を続けているが、今は離婚を夢見ています。











基本設定自体は特別ではない、ロマンティック·コメディ作品です。 それでも多くの人が期待をかけている最も大きな理由は、キム·スヒョンの存在感のためです。

2019年に軍服務を終えて帰ってきたキム·スヒョンは特別出演した「ホテルデルーナ」、「愛の不時着」を除けば計2作品を披露しただけでした。

5年という時間を考えると「たかが2本」という気がするかもしれないですが、その中でのインパクトは強烈でした。

除隊後の復帰作である「サイコだけど大丈夫」では熟した演技力とビジュアルを誇り、次期作であるCoupang Play「ある日」では主人公の劇的な心理変化を繊細に表現しました。

キム·スヒョンの演技だけでなく、作品自体も多くの好評を得ました。 以後の3年という空白期は演技力と選球眼という側面でもう一度の成長を期待できるようにする十分な時間でした。







/写真= SBS、 KBS





台本を執筆したパク·ジウン作家もやはり期待を集める理由の一つです。 「太陽を抱く月」のイ·フォン、「泥棒たち」のザンパノなどキム·スヒョンを代表するキャラクターは多数いますが、「星から来たあなた」のト·ミンジュンを外す人はいないでしょう。

パク·ジウン作家はまさにそのト·ミンジュンを誕生させた人物です。 冷笑的な異邦人と切ない純愛を一つのキャラクターに盛り込んだキム·スヒョンの演技は、一つの社会現象にもなりました。

次期作だった「プロデューサー」のペク·スンチャンもやはりパク·ジウン作家の作品で、キム·スヒョンは一瞬にして自身を手放し、あっという間に演技スペクトラムを広げました。

「涙の女王」はすでに2回の検証を終えたキム·スヒョンとパク·ジウン作家が3番目に呼吸を合わせる作品です。

キム·スヒョンはパク·ジウン作家との再会に対して「ものすごく魅力がある作品をくださってとても嬉しくもあり負担にもなります。」という感想を伝えました。

キム·スヒョンという俳優の長所を極限まで引き出したパク·ジウン作家が、今回はどのようにその長所を引き出したのか、多くのファンが期待を集めています。











作品の中でキム·スヒョンと呼吸を合わせる同僚俳優たちも華やかなラインナップを誇ります。キム·スヒョンと最も多くの呼吸を合わせる相手俳優としてキム·ジウォンが出ます。

JTBC「私の解放日誌」のヨム·ミジョンキャラクターを通じて俳優人生の変曲点を迎えたキム·ジウォンは1年10ヶ月ぶりに復帰します。

ロマンティック·コメディジャンルは、何よりも俳優間の呼吸とケミが重要なだけに、2人の間の呼吸も期待を集めています。

まずビジュアルは合格です。 撮影現場の雰囲気も同様です。 キム·ジウォンはキム·スヒョンとのケミについて「N極とS極のように反対を見ながら押し出しているようだが、一緒にいてこそ完全になり方向を定めながら道を進むことができる」と話し期待感を高めました。

















この他にもパク·ソンフン、クァク·ドンヨン、イ·ジュビンなどがしっかりと後押ししている状況。

パク·ソンフンはウォール街のアナリスト出身のM&A専門家ユン·ウンソン役を演じ、ロマンスの中に緊張感を加える予定です。

クァク·ドンヨンはホン·ヘインの弟ホン·スチョル役を演じ、彼の妻チョン·ダヘはイ·ジュビンが出ます。 2人はベク·ヒョヌ-ホン·ヘインとは全く違う決のロマンスを披露する予定です。

「帰ってくるキム·スヒョンのための舞台はすべて整いました。残ったのはその舞台に上がったキム·スヒョンが見せてくれることだけです。 そして、キム·スヒョンは十分に見せられる俳優です。」

「多くの人々は、キム·スヒョンが見せてくれるかどうかよりは、どれだけ、そしてどのように見せてくれるかを予想しています。」 4日後、キム·スヒョンはどのように帰ってくるのでしょうか。期待が高まります。








ひとこと


“5年で2本の作品ながら強烈な存在感を残し今なお成長し続ける…”スヒョンさん。3度目のパク·ジウン作家との出会いでどんな姿で帰ってくるのか本当に多くの期待を集め、いよいよ幕開けですね!


✳︎写真はtvNほかより記事はize.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«