韓国旅行|キム·ウンスク作家が選んだ男性主人公…【ヒョンビン – ソン·ジュンギ – コンユ – イ·ビョンホン】♪

韓国旅行|キム·ウンスク作家が選んだ男性主人公…【ヒョンビン – ソン·ジュンギ – コンユ – イ·ビョンホン】♪






キム·ウンスク作家の作品は”信じて見る作品”という修飾語が思い浮かぶほど、ほとんどが興行に成功してきました。

そのため、キム・ウンスク作家の作品に出演した男優に、誰がいたのかを探してみました。

ヒョン·ビン、ソン·ジュンギ、コンユ、イ·ビョンホン(*羅列順序は俳優たちが出演した作品の順)がその主人公です。

キム・ウンスク作家の作品に出演したこれら4人の俳優について調べてみましょう。



◇<シークレット·ガーデン>ヒョン·ビン








ドラマ”シークレット·ガーデン”。 “シークレット·ガーデン”は20部作で2011年1月16日に放映を終了しました。

“シークレット·ガーデン”は最高視聴率35.2%(ニルソンコリア提供)を記録し、大きな興行を記録しました。

出演俳優に、ハ·ジウォン、ヒョン·ビン、ユン·サンヒョン、キム·サラン、イ·フィリップ、イ·ジョンソク、ユ·インナなどがいました。

ストーリーは下記の通りでした。

武術監督を夢見るスタントウーマンとデパート社長のキム·ジュウォンの魂が入れ変わり繰り広げられることを扱ったロマンスファンタジードラマ。

ヒョン·ビンは劇中”キム·ジュウォン”役で活躍し、ドラマの中のハ·ジウォンが演じる”キル·ライム”(ハ·ジウォン)と魂の入れ替わる演技をしました。

キル・ライム(ハ・ジウォン)と魂が変わるキム・ジュウォン役を引き受けたヒョンビンは、当時自分が引き受けた役割について、「どのように表現するか沢山悩みました。」

「女性の魂が入って女性のトーンで演技する抵抗感が生じるようでした。また、キル・ライムがボーイッシュで男性的な部分があるという演技で男のように見える部分もあるでしょう。」

「だから行動で女性性を明らかにしようと努力をたくさんしました。」と伝えました。

ヒョンビンの心配とは異なり、彼はキム・ジュウォン役を完全に消化しました。

当時「シークレットガーデン」で残した名場面では、バブルキスシーンと腹筋運動場面などがあります。









彼は2015年のドラマ「ハイドジキル、そして私」以来3年ぶりにテレビ劇場に復帰します。

彼が出演することになるドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」は、12月1日に放送予定です。し

「アルハンブラ宮殿の思い出」は、毎週土、日の夜9時に、tvNで放送される予定で、ヒョンビン、パク・シネ、バク・フン、キム・ウイソン、キム・ヨンニムなどが出演します。

プロットは、以下の通り。

投資会社の代表である男性主人公が、ビジネスでスペインのグラナダに行って、元ギタリストであった女性主人公が運営する格安ホステルに泊まったことで、二人が奇妙な事件に巻き込まれ繰り広げられる物語です。



◇<太陽の末裔> ソン·ジュンギ








キム・ウンスク作家の別のヒット作「太陽の末裔」。「太陽の末裔」を通じてソン・ジュンギは、トップスター隊列に上がったいっても過言ではありません。

「太陽の末裔」は、合計16部作で、2016年4月14日に放映終了しました。

「太陽の末裔」は最高視聴率38.8%(ニールセンコリア提供)を記録し、大きな興行を記録しました。

出演俳優には、ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チング、キム・ジウォン、カン・シニルなどがいます。

プロットは、以下の通りです。

見知らぬ土地、極限の環境の中で、愛と成功を夢見る若い軍人と意思を通じて人生の価値を表わすブロックバスター級ヒューマンメロドラマ。

「太陽の末裔」は、ソン・ジュンギが除隊後、初のドラマで劇中ユ・シジン役で活躍を繰り広げました。

当時「太陽の末裔」のブームにより、軍人の言葉遣いが流行したほど。

ドラマの中のソンソンカップル(ソン・ジュンギ – ソン・ヘギョ)とサブカップル(ジング – キム・ジウォン)を見る楽しみも加わりました。

実際にソン・ジュンギは、「太陽の末裔」を通じてソン・ヘギョと実際の恋人になり、昨年10月31日に結婚して夫婦になりました。

ソン・ジュンギは、当時のインタビューでキム・ウンスク作家のセリフについて「「太陽の末裔」のセリフを良く見る方、悪く見る方がいますが、それは個人の好みの違いではないかと思う。」

「作家から与えられた「太陽の末裔」のセリフを演じながら、自分では大きな違和感を感じなかったです。私は普段でもマネージャー、スタッフ、友人といるときも、彼らの欠点を長所に補完することができると考えている方です。」

「演技は合同芸術と考えているので、演技の部分でも長所として補完することができると考えていました」と話し、セリフに対する自分の考えを伝えました。

当時「太陽の末裔」で残した名セリフには「その難しいことやり遂げました。私が、」というセリフがありました。









ソン・ジュンギは、「太陽の末裔」で一緒に出演した俳優キム・ジウォンと、今回「アスダル年代記」に出演します。

「アスダル年代記」は、2019年にtvNで放送される予定で、ソン・ジュンギ、チャン・ドンゴン、キム・ジウォン、キム・オクピン、チョ・ソンハなどが出演する予定です。




◇<トッケビ> コンユ







コンユは、キム・ウンスク作家の作品に最も多く断った俳優だといいます。

昨年「最高の最高に会うトッケビvsシグナル」トークに参加したキム・ウンスク作家は「今までで最も多く断った俳優がいる場合は誰か」という質問に「コンユ」と答えました。

キム・ウンスク作家は「最後まで、挑戦して挑戦して「トッケビ」を一緒にすることになりました。ところが、撮影したシーンを見ていたら自分が一番楽しんでいました。。それほど良い俳優でした。」と伝えました。

それだけではなく、キム・ウンスク作家は「トッケビ」の制作発表会で、「5年間コンユにラブコールを送りましたたが断られました。」

「それでも最初から「トッケビ」にはコンユを思い描きました」と明らかにしました。

そのように、多くのキャスティングの呼びかけに応じたコンユ。彼が出演した「トッケビ」はやはり大衆に大きな愛を受けました。

「トッケビ」は全16部作で、2017年1月21日に放映終了しました。

「トッケビ」は最高視聴率20.5%(ニールセンコリア提供)を記録し、大きな興行を記録しました。

出演俳優には、コンユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどがいました。

プロットは、以下の通り。

不滅の人生を終了させるため、人間の花嫁が必要なトッケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失の死神。

そんな彼らの前に「トッケビの花嫁」と主張する「死ぬことが運命」の少女が現れ、広がる神秘的でロマンチックな物語。

コンユは、劇中キム・シン役を演じました。

当時「トッケビ」で残した名セリフには「君と一緒のすべての時間が眩しかった。日がよくて、日が良くなくて、日が適当で。すべての日が良かった。」という台詞がありました。









コンユは「トッケビ」の後、映画「82年生まれキム・ジヨン」に出演します。映画「トガニ」「釜山行き」に次いで、チョン・ユミと呼吸を合わせます。

「82年生まれキム・ジヨン」のプロットは、以下の通り。

ある日突然、自分の実家のお母さん、お姉さんなどに憑依した症状を示すごく普通の30代の女性キム・ジヨンと彼女を取り巻く家族、周囲の人々の物語。



◇<ミスターサンシャイン> イ·ビョンホン







キム・ウンスク作家の一番最近作「ミスターサンシャイン」

「ミスターサンシャイン」は、全24部作で9月30日に放映終了しました。

「ミスターサンシャイン」は最高視聴率18.1%(ニールセンコリア提供)を記録しました。

出演俳優はイ・ビョンホン、キム・テリ、ユ・ヨンソク、ピョン・ヨハン、キム・ミンジョンなど。

プロットは、以下の通り。

辛未洋擾(1871年)と、軍艦に乗船して、米国に落ちた少年がアメリカの兵士の身分で自分を捨てた祖国である朝鮮に戻って駐留し広がることを描いたドラマ。

イ・ビョンホンは劇中「ユジンチョイ」役を演じました。

「ミスターサンシャイン」で「2018 APAN」の大賞を受けたイ・ビョンホンは受賞所感で「多くの話を後悔せずにしようとして気が気ではないです。」

「「ミスターサンシャイン」は、本当に多くの人が一緒にいました。スタッフの方もBチーム、Cチームまであるほど多くのスタッフが参加しました。」

「ドラマの特性上、多くの俳優たちが参加しました。感謝したい方があまりにも多い。照明チームと扮装チームが私を一歳でも若く見えるようにしようと信じられないほど努力して奇跡のような画面が繰り広げられました。」

「5人の主人公がいました。キム・ミンジョン、ピョン・ヨハン、ユ・ヨンソク、キム・テリまで私も学ぶことが多かったです。」

「先輩として立派にと、本当に緊張しなければならないという考えもありました。そのほか助演の方々が主人公でした。」

「イ・ウンボクPDに半信半疑ながら会ったのですが一緒ににすることになりました。キム・ウンスク作家は本当に素晴らしい人だと思います。」と受賞所感を伝えました。

イ・ビョンホンは「ミスターサンシャイン」で再び彼の演技力を立証しました。

当時「ミスターサンシャイン」で残した名セリフには「ただいます。お嬢様」というセリフがありました。









イ・ビョンホンは「ミスターサンシャイン」の次期作として、オ・ミンホ監督の映画「南山の部長たち(2018)」に出演する予定です。

映画「南山の部長たち(2018)」は、2019年に公開する予定で、イ・ビョンホン、イ・ソンミン、グァク・ドウォン、イ・フィジュン、キム・ソジンなどが出演します。

プロットは、以下の通り。

1970年代の政治工作を主導し、時代を風靡した中央情報部部長の業績とその裏面を再照明して話題を集めた同名の本を原作とする映画。



ひとこと


4人全員の次期作が決定したことが嬉しくわくわくします!それにしてもキム・ウンスク作家の持つ筆力と共に選択眼にも唸ってしまいます。作家の次期作も楽しみですね♪


*写真はtopstarnews,aju経済、etodayほかより記事はtopstarnewsからお借りしました。


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

トラックバック(s)

コメント(s)

  1. LuLu より:
    どのドラマも視聴しましたがやはりビョンホンssiの演技力の素晴らしさに感動した「サンシャイン」でした。助演のヨンソクssiの切ない演技も
    goodな作品です。
  2. ベベプ より:
    いつも新しい情報ありがとうございます。毎日ブログを読ませて貰っています。10月14日午前に清渓川沿いで偶然何やらの撮影現場に遭遇しました。イ・ソンミン氏が馬の模型に跨っていたのが可笑しく、同行の友人と何のドラマだろうと疑問に思っていました。「南山の部長たち」台本読み合わせ風景の写真でもしやこれかな?と、勝手な思い込みでコメントします。今後も楽しみにしています。
    • bookandhope より:
      >ペペプさん

      こんばんは。初めまして。お返事が遅くなり申し訳ありません。
      毎日ご訪問頂いているなんて、本当にありがとうございます!
      イ・ソンミンssi!大好きな「未生」のオ課長です〜
      お馬にまたがっていらした?想像するだけでおかしいです。
      ドラマのロケを偶然にもご覧になることができたなんて
      なんて羨ましいのでしょう!良い思い出ですね。
      拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
      コメントありがとうございました^^


Leave a Reply for bookandhope


»
«