韓国旅行|『イカゲーム2』→【ハン·ソッキュ – キム·ナムジュ】復帰···2024年の主なドラマラインナップは?

韓国旅行|『イカゲーム2』→【ハン·ソッキュ – キム·ナムジュ】復帰···2024年の主なドラマラインナップは?







新年が明けました。2024年にも地上波、総合編成チャンネルとOTTプラットフォームが野心的に準備したコンテンツで視聴者に会うために万全の準備をしています。

超豪華キャスティングはもちろん、グローバル人気を狙うシリーズ物まで多彩なドラマがローンチングされる予定の中で、今年公開される主要Kドラマをあらかじめ見て回りました。




地上波3社、超豪華キャストドラマで反発を狙う







昨年「恋人」、「模範タクシー2」、「高麗契丹戦争」など視聴率と作品性をつかんだ作品を披露し、体面を整えた地上波3社は2024年、華麗な俳優たちを前面に出したドラマでまともな反騰を狙っています。

MBCはスター俳優たちを前面に出した超豪華ドラマを披露します。

イ·ハニ主演のコミックアクション時代劇「夜に咲く花」が今月12日ベールを脱ぎ、一番先に視聴者を訪ね、6年ぶりにお茶の間劇場にカムバックするキム·ナムジュが選択したミステリードラマ「ワンダフルワールド」がその後を継ぎます。

また、1970~1980年代に大きな愛を受けた犯罪捜査劇「捜査班長」のフリークオリティーバージョンである「捜査班長:ザ·ビギニング」もローンチングします。

このドラマはイ·ジェフンがパク·ヨンハン(チェ·ブルアム)の青年時代を演じることで知られ「トゥドク(ドラママニア)」たちをときめかせています。










これと共にキム·ヒソン主演のブラックコメディ「我が家」、ハン·ソッキュの29年ぶりのMBC復帰作である家族心理スリラー「このように親密な裏切り者」も多くの期待を集めています。

SBSも興味津々な作品を相次いで配置しました。 スタートを切る作品はアン·ボヒョン、パク·ジヒョン主演の「財閥X刑事」です。「世間知らずの財閥3世が強力系ベテラン刑事に会って事件を解決する話で「サイダーユニバース」の復活を予告します。

昨年放送された「7人の脱出」は今年シーズン2格の「7人の復活」で戻ってきて、キム·ドンウク主演の明朗コミック捜査劇「強力ではないが魅力的な強力班」も披露されます。

チソン、チョン·ミド主演の犯罪スリラードラマ「コネクション」、ハン·ジミンとイ·ジュニョクのロマンスで期待を集める「挨拶する仲」(仮題)、パク·シネ、キム·ジェヨン主演のロマンスファンタジー「地獄から来た判事」も視聴者の元を訪れます。

さらにキム·ナムギルの「熱血司祭」シリーズのカムバックが予告されファンを期待させています。


KBSは今年3月、新しいドラマ2本を公開します。

イム·スヒャン、チ·ヒョヌ主演のKBS2TV「美女と純情男」は、一夜にして底に墜落することになったトップスターと彼を愛し、再び立ち直らせる初心者ドラマPDの海千山千空中戦波乱万丈ラブストーリーです。新鮮な素材DML週末ドラマで目を引きます。

また、キム·ハヌル、ヨン·ウジン、チャン·スンジョが出演する「胸ぐらをつかみましょう」も披露されます。 「胸ぐらをつかみましょう」は悪い奴らの胸ぐらをつかむ記者ソ·ジョンウォン(キム·ハヌル)と悪い奴らの手錠をかける強力チーム刑事キム·テホン(ヨン·ウジン)が相次いで起きた殺人事件を共に追跡し巨大な渦に陥る話を盛り込む予定です。




JTBC、ウェルメイド作品の物量攻勢で勝負に出る







昨年「医師チャ·ジョンスク」、「代行会社」、「キング·ザ·ランド」、「良くも悪くも、だって母親」、「力の強い女カン·ナムスン」等、二桁の視聴率を記録したドラマを作り出し、立地をより一層強固にしたJTBCは2024年にも9本のドラマ放映を確定し物量攻勢を継続します。

JTBCで今年初めて披露する作品は27日に放送される「Dr.スランプ」です。

100億ウォン台の訴訟とバーンアウト、各自の理由で人生最大のスランプに陥った医師たちの「失敗した人生」心肺蘇生記を描いたロマンチックコメディードラマ「Dr.スランプ」は、パク·シネの復帰作としてさらに期待を集めています。

格別な能力を持っているものの、誰も救えなかった男がついに運命の彼女を救うファンタジーロマンス「ヒーローではありませんが」はチャン·ギヨン、チョン·ウヒ、コ·ドゥシム、スヒョンなど華麗なラインナップで視線を引きます。











イ·ジョンウン、チョン·ウンジ、チェ·ジニョクはある日突然老年タイムに閉じ込められてしまった就活生と昼と夜オールタイム彼女に巻き込まれた「能力キャラクター」検事のロマンチックコメディー「昼と夜が違う彼女」で団結しました。

イム·ジヨン、チュ·ヨンウ主演の「オク氏婦人伝」は名前も身分も夫もすべてが偽物だった外地部オク·テヨンと彼女を守るために命までかけた芸人チョン·スンフィの熾烈な生存詐欺劇を予告しました。

イ·ジアとカン·ギヨンは大韓民国最高の離婚解決師が依頼人の問題的結婚生活に代わりに終止符を打つ悪い配偶者報復ソリューション「終わらせる解決師」を通じて幻想の呼吸を見せる予定です。

コ·ギョンピョ、カン·ハンナ、チュ·ジョンヒョクは軽快な人生反転ドラマ「秘密はない」でユニークな楽しみを与える見通しです。











暗い過去を清算した長兄ジファンと子供たちを遊んでくれるミナ姉ウナのときめくロマンス「遊んでくれる女」ではオム·テグとハン·ソンファが熱演します。

ファン·インヨプ、チョン·チェヨン、ペ·ヒョンソン主演の「組み立て式家族」は血一滴混ざっていないものの、家族と言い張って10代時代を共にした3人の男女が10年ぶりに再び会って繰り広げられる青春ロマンスを描きます。




OTTだから可能···人気シリーズ「イカゲーム2」からスピンオフ「良し悪童才」まで






着実に完成度の高い作品を作り出しているOTTプラットフォームは、今年も多彩なジャンルの作品をオープンし、勢いを続ける見通しです。

NETFLIXは今年、多様なジャンルのドラマを披露する予定です。昨年12月にパート1を披露した「京城クリーチャー」は5日、パート2をオープンします。

キム·ヒョンジュ、パク·ヒスン、パク·ビョンウン、リュ·ギョンス主演の「ソンサン -弔いの丘ー」は存在さえ忘れていた叔父の死後に残された善山(ソンサン)を相続することになり、不吉なことが連続し、これと関連した秘密が明らかになって起きるミステリースリラーで今月19日の公開を控えています。












人気シリーズの新シーズンも公開されます。クリーチャー物「スイートホーム」シーズン3とゾンビ物「今、私たちの学校は…」シーズン2はもちろん、NETFLIX史上最も多くの視聴時間を記録し全世界的に大きな人気を得た「イカゲーム」もやはりシーズン2で戻ってくる予定です。

リュ·スンリョン主演の「タッカンジョン」、チェ·ウシク、ソン·ソック、イ·ヒジュン主演の「殺人者のパラドックス」も今年視聴者たちに会う予定です。










TVINGも今年、新鮮さで武装したコンテンツを公開します。

イ·ソム、アン·ジェホンが家も子供も関係もない5年目の夫婦として呼吸を合わせた「LTNS」は、彼らが様々なカップルを追いかけながら繰り広げられる話をエピソード形態で盛り込みます。

Paramount+とTVINGのパートナーシップコンテンツも来年のラインナップに名を連ねました。

まずtvN「秘密の森」の憎らしいが憎めないキャラクターソ·ドンジェ(イ·ジュンヒョク)を主人公にしたスピンオフ「良いか悪い、ドンジェ」がローンチングし、キム·ムヨル、チ·チャンウク、チョン·ユミ主演の王座に向けた24時間追撃戦を繰り広げるアクション時代劇「于氏王后」もグローバル視聴者を狙います。

キム·ミンソク、イ·ヒョヌク主演のアクション劇「シャーク:ザ·ストーム」もベールを脱ぎます。 ガラスの靴を脱ぎ捨てて白馬に乗る21世紀型シンデレラストーリーを盛り込んだ「私は堂々とシンデレラを夢見る」ではピョ·イェジンとイ·ジュンヨンが意気投合して感動と余韻をプレゼントする予定です。

同名の学院心理スリラーウェブトゥーンを原作としたキム·ジヨン主演のシリーズ「ピラミッドゲーム」は毎月投票で校内暴力被害者が決まる学級でゲームを終わらせようとした女子高生の話を描きます。

「春花恋愛談」は王室赤通姫である花梨姫が夫を直接指名する釜馬直間宅のために世の中に出て自由な恋愛を楽しみながら繰り広げられるロマンス時代劇で、コ·アラが熱演します。

生徒会長選挙を背景にした明朗政治ドラマ「ランニングメイト」はポン·ジュノ監督と共に映画「パラサイト 半地下の家族」の共同脚本家としてアカデミー脚本賞を受賞したハン·ジンウォン作家の演出デビュー作で関心を集めています。










tvNxTVINGシリーズで披露するシン·ミナとキム·ヨンデの損益ゼロ社内夫婦ロマンス「損したくないから」、チョン·リョウォンとウィ·ハジュンの師弟ロマンス「卒業」も視聴者を訪れます。

また、ウォンギョンとイ·バンウォンの夫婦関係と人生を新しい観点で再創造した「ウォンギョン」にはチャ·ジュヨンとイ·ヒョンウクが出演、時代劇に初挑戦状を出します。











昨年「ムービング」で大きな反響を呼んだDisney+は今年、オリジナルコンテンツ「キラーたちのショッピングモール」「ファイン家のスキャンダル」を公開します。

韓国ジャンル文学の代表走者に挙げられるカン·ジヨン作家同名小説を原作とした「キラーたちのショッピングモール」は叔父ジンマンが残した危険な遺産によって怪しいキラーたちの標的になった甥ジアンの生存期を扱ったスタイリッシュアクションでイ·ドンウクとキム·ヘジュンが出演します。

17日に公開される。 ピ(チョン·ジフン)とキム·ハヌルが出演した「ファイン家のスキャンダル」は、ファイングループの後継者と結婚し、上流層の完璧な人生を夢見ていたオ·ワンス(キム·ハヌル)がいつも自分のそばを守ってくれるボディーガードのソ·ドユン(チョン·ジフン)に会い、ファイン家の秘密に向き合うようになった話を描いた作品です。











WATCHAは人気オリジナルシリーズ「中小企業物語」のスピンオフシリーズ「ミナさん、またプロフィール写真が変わりましたね?「」を製作し、今年上半期に独占的にローンチします。

「ミナさん、またプロフィール写真が 変わりましたね?」の登場人物、イ·ミナ代理(キム·テヨン)が主人公のミッドフォームシリーズです。

韓国コンテンツ振興院の支援を受けて製作会社ビッグドッグスタジオと共同製作する作品で、演出は短編映画「i教生」で国内外映画祭に進出した経緯のあるキム·ギョンヨン監督が引き受け、脚本は「中小企業物語」シーズン4~5に参加したキム·ユンウィ作家が参加します。










昨年ヒット作「少年時代」を作ったCoupang Playは新しいシリーズ「ハイド」を公開します。

「ハイド」はある日夫が消えた後、彼の失踪にまつわる秘密を追跡しながら耐え難い大きな真実と向き合うことになる女の話を扱う作品で、イ·ボヨンが消えた夫を追う妻ナ·ムンヨン役を引き受け人生演技を披露する予定です。

ここにイ·ムセン、イ·チョンア、イ·ミンジェが出演して力を加えます。「ハイド」はJTBCでも放送される予定です。

また、韓日両国を代表する美しい俳優イ·セヨンと坂口健太郎が会った「愛のあとにくるもの」は胸が詰まる正統メロで視聴者の感性を刺激する予定です。


wavveは今年、オリジナルドラマ「暴力団の私が高校生になりました」をローンチングします。 ユン·チャニョン、ポン·ジェヒョン主演の「ギャングスターである私が高校生になりました」は「大学に行きたい」ギャングスターが19高校生の体に憑依され、自分だけの技術で加害者を懲らしめ、家庭内暴力に苦しめられた友人と新しい友情を築きながら成長する話を描いたファンタジーヒューマンドラマです。

イ·ソジンが特別出演すると言われており目を引いています。


✳︎写真はnews1,各局他より記事はnews1.krからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«