韓国旅行|【チョン·ヘイン – キム·スヒョン – ハン·ソッキュ – GD – カリナ – パク·ソイ…】2024年率いる青龍スター♪

韓国旅行|【チョン·ヘイン – キム·スヒョン – ハン·ソッキュ – GD – カリナ – パク·ソイ…】2024年率いる青龍スター♪





         

2024年、新しい年が明けました。 甲辰年は青龍、すなわち青い龍の気運に満ちた年を指します。エンター業界も明るく強い青龍の気運を受け、新たな期待と希望に満ちています。

経済寒波の展望の中でも好況期を迎えたKコンテンツは今年も内実のある結果物を準備しており、Kポップスターは今年もグローバルトレンドを先導し持続的な成長が期待されます。

甲辰年は「青龍の年」です。 十二干支に含まれた神秘的な霊物である龍は、力と勇猛、知恵の象徴とされる神話の中の動物として特別な意味を持っています。

王や皇帝など最高権力を表す象徴としても使われ、「飛翔」や「希望」に匹敵します。 青龍の気運を抱いて力強く飛翔する龍年スターたちを調べてみました。





        ⭐️Happy New Year⭐️
    今年もよろしくお願いいたします!






1988年生まれ、チョン·ヘイン、パク·ソジュン、キム·スヒョン、イム·シワン→キュヒョン、G-DRAGON







1988年生まれの辰年は、自分の分野で明確な成果を出した大勢のスターが総集合しています。

演技者の中には、キム·スヒョンとチョン·ヘイン、パク·ソジュン、イム·シワン、イ·ヨニ、ユイなどがいます。

歌手としては、東方神起チャンミン、2PMテギョンとニックン、SUPER JUNIORキュヒョン、テヤン、G-DRAGON、ユビン、ユンナ、ジェシー、ハム·ウンジョン、KARAギュリとハン·スンヨンなどが大挙布陣しています。

彼らは早くも一年の計画を立て、熱心に働くことを予告しています。







「涙の女王」





2021年に公開された「ある日」以後、空白期を過ごしたキム·スヒョンはドラマ「涙の女王」でお茶の間劇場に復帰する予定です。

2023年の期待作だった「涙の女王」は年を越して今年の期待作になりました。 キム·スヒョンはキム·ジウォンと夫婦呼吸を合わせて「星から来たあなた」以後、ロマンス王座を守ることができるか期待を集めています。

チョン·ヘインはいよいよ軍服を脱いでロマンチックコメディ「ママ友の息子」で戻ってきます。 「DP2」と「ソウルの春」で強烈な存在感を刻んだ彼は、「海街チャチャチャ」のスタッフが集まった「ママ友の息子」で人生初のロマンチックコメディに挑戦します。






「イカゲーム シーズン2」




昨年公開された「少年時代」で好評を引き出したイム·シワンはNETFLIXシリーズ「イカゲーム」シーズン2に出演し、グローバル跳躍を控えています。







「賢い医師生活」OST





Kポップ韓流を率いたスターたちも、勤勉な活動でファンに会う計画です。

アンテナに移籍したキュヒョンは1月9日、新報を出します。 ユ·ヒヨルとソ·ドンファンなどアンテナ所属の作家陣とSUPER JUNIORのリョウク、イェソンが心強い支援射撃に乗り出しました。

昨年デビュー20周年を迎えた東方神起チャンミンは昨年末、正規9集「20&2」を発売し、単独コンサートも盛況裏に終えました。 21周年の今年も勤勉な活動を続ける予定です。

警察の麻薬捜査を受けたものの、嫌疑なしの処分を受けた歌手G-DRAGONも新たな出発を控えています。

YGエンターテインメントを離れ、ギャラクシーコーポレーションに移籍したG-DRAGONは最近、麻薬撲滅のための財団を設立し、3億ウォンを寄付して話題を集めました。今年は新しいアルバムで「本業」に復帰する計画です。

昨年、逆走行を書いた歌手ユンナも特別なデビュー20周年を作る準備を終えました。 来年、正規7集を発表し、20回にわたって単独コンサートを開き、ファンに会います。





1976年生まれ、「辰年クラブ」チャ·テヒョン、チャン·ヒョク→チソン、ユ·ジテ







1976年生まれの辰年スターたちは「辰年クラブ」としてよく知られているキム·ジョングク、チャ·テヒョン、チャン·ヒョク、ホン·ギョンミンなどがいます。

固い友情を誇る彼らは昨年、バラエティ番組「宅配はモンゴルモンゴル」に一緒に出演するなど「別々にまた一緒に」放送界を回りながら活発に活動しています。

チャ·テヒョンは昨年ドラマ「ムービング」で超能力者に変身し、バラエティ「偶然社長3」にも出演し、全天候活躍しました。

今年上半期にローンチングするtvNの新しいバラエティ「アパート404」でユ·ジェソク、ジェニー、イ·ジョンハなどと共に万能ケミを発散する予定です。

前所属事務所から独立して独り立ち中のチャン·ヒョクは「家事をする男たちシーズン2」に合流し日常を公開しており、キム·ジョングクは「ランニングマン」とYouTubeチャンネル「キム·ジョングクGYMJONG KOOK」で忙しい日々を送っています。

辰年クラブのほかにも、元祖韓流スターのチソンとソン·スンホン、クォン·サンウがおり、そのほかキャリアを充実させているユ·ジテとキム·ソンヨン、オム·ギジュンなども辰年です。

チソンはSBSドラマ「コネクション」で嬉しい復帰を控えています。 チソンは「コネクション」で警察麻薬捜査チームのエース刑事に変身、チョン·ミドと呼吸を合わせます。










昨年ドラマ「ビジランテ」を通じて人生キャラクターを更新したユ·ジテは、TVINGオリジナル「ヴィランズ」で視聴者たちと会います。

撮影を終えた「ヴィランズ」で天才的な頭脳を持った犯罪界のソシオパスに変身、新しい顔を見せてくれる予定です。




2000年生まれ、aespaカリーナとジゼル、NCTジェミン、ジェノ→ノ·ユンソ·キム·ヒャンギ







ミレニアムベビー、2000年生まれは有名アイドルと新鋭スターが大挙布陣しており、今年も忙しい日々を送るものと見られます。

2000年生まれの辰年スターには、aespaカリナとジゼル、NCTジェミン、ジェノ、ヘチャン、レンジュン、IZ*ONE出身のキム·チェウォン、Golden Childのボミン、ASTROのユン·サナ、THE BOYZのソンウ、fromis_9のイ·チェヨン、MOMOLANDのナンシー、プリスティン出身のパク·シヨン、SF9メンバー兼俳優カン·チャンヒ、CIXペ·ジンヨン、歌手イ·ムジンなどアイドルが特に多くいます。

SMエンターテインメントの心強い柱として位置づけられたaespaとNCTは昨年、勤勉に活動し、多彩な魅力でグローバルKポップファンを魅了したチーム。 まだ具体的な活動計画は出ていないが、今年もさらに力強い飛翔を控えています。












辰年の俳優にはノ·ユンソとキム·ヒャンギ、チョン·ダビン、キム·ヒョンス、キム·セロンなどがいます。

ノ·ユンソはデビュー2年足らずで恐ろしい成長ぶりを見せている俳優。 ドラマ「私たちのブルース」でデビューし、映画「20世紀少女」「イルタスキャンダル」などで活躍し、台湾映画「青雪」の韓国版女性主人公を演じ、跳躍を予告しました。

よく育った子役のキム·ヒャンギはNETFLIXオリジナル「キャシャロ」に出演し、熱心に働く歩みを続けています。 飲酒運転で自粛中の俳優キム·セロンはSNS活動を再開しましたが、まだ芸能界復帰計画は聞こえてきません。




1964年生まれ、ハン·ソッキュ、ホ·ジュノの名品俳優たち






1964年生まれの辰年スターたちも名品演技で作品の中で存在感を発揮し、後輩たちの手本になっています。

ハン·ソッキュは昨年「浪漫ドクターキム·サブ3」と「今日はちょっと辛いかもしれない」で貫禄が光る名演技で賛辞を受けました。

「2023SBS演技大賞」大賞候補に名前を連ねたハン·ソッキュは、今年も輝かしい歩みを続けます。 ハン·ソッキュは今年下半期に放送予定のMBCドラマ「これほど親密な裏切り者(仮題)」にキャスティングされ間hした。

1995年のドラマ「ホテル」以来29年ぶりのMBC復帰作で、大韓民国最高のプロファイラーに変身する予定です。

ホ·ジュノも辰年スターデス。 ホ·ジュノは昨年末から劇場街を熱くしている映画「鷺梁:死の海」でイ·スンシン将軍に向けた心からの理解を持った明の水軍副都督などジャリョン役を演じ好演を繰り広げました。

ホ·ジュノは次期作にNETFLIXシリーズ「広場」を選択しました。 ノワールアクション映画「広場」でホ·ジュノは組織の代表として登場し、鋭いカリスマを発散する予定です。

この他にも1964年生まれの辰年はチョン·ジニョン、ユン·ダフン、アン·ネサン、パク·ヘミ、キョン·ミリ、ペ·ジョンオク、歌手パク·サンミンなどがいます。




2012年生まれ、「可愛い末っ子ヨン」パク·ソイ







「可愛い末っ子」もいます。 俳優のパク·ソイは2012年生まれで、年齢は幼いが活躍は他のどの辰年スターにも劣りません。

パク·ソイは映画「ただ悪から救いたまえ」と「担保」で可愛い容貌と驚くべき演技力を誇って観客の心を盗みました。

天才子役の登場を知らせたパク·ソイは映画「ジョンイ」と「スイッチ」、「チョン博士退魔研究所:ソルギョンの秘密」、ドラマ「生まれ変わってもよろしく」、「悪鬼」など多彩な作品で活躍し、多作な歩みを続けています。

共演した成人俳優たちは一様に「準備された俳優」として賞賛を惜しみませんでした。

今年もパク·ソイのキュートな活躍は続きます。 パク·ソイはJTBCの新しいドラマ「ヒーローではありません」で超能力家族の末っ子、ボク·イナ役を演じました。

チャン・ギヨンの娘で、スマホにハマったせいで高度近視用メガネをかける人物。 これまで見せてこなかった新しい姿で劇に活力を吹き込む予定です。



ひとこと


2024年は「甲辰年は青龍、すなわち青い龍の気運に満ちた年」…特に1988生まれの皆さんはそのイメージにぴったり!青龍の気運を抱いて力強く飛翔する姿を早く観たいですね♪


✳︎写真・記事はjoynews24.comよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«