韓国旅行|偏見を破った『悪鬼』…証明したキム·ウニ&”大賞候補”【キム·テリ】♪

韓国旅行|偏見を破った『悪鬼』…証明したキム·ウニ&”大賞候補”【キム·テリ】♪







SBS金土ドラマ「悪鬼」(脚本キム·ウニ、演出イ·ジョンリム、制作スタジオS、BAエンターテインメント)が29日、神がかりな大長征を終えました。

視聴率と話題性共に1位に上がり興行街道を走り、何よりも最も韓国的な話にオカルトとミステリーまで結合したウェルメイドジャンル物で連日好評を得ました。

オカルトジャンルは非大衆的だという憂慮を払拭し、興行と作品性、二兎をを捕まえたのです。 これに対し6週間「悪鬼」が歩んできた成功の足跡を振り返ってみました。




◇「強烈な帰還」キム·ウニ作家と手を組んだSBS、オカルトジャンルでもウェルメイド、地上波の底力を立証!









「悪鬼」は初回放送から尋常でない兆しを見せました。 簡単に接しにくいジャンルと素材でも大衆と疎通できる話を作り出すキム·ウニ作家が、その筆力を立証し強烈な帰還を知らせたためです。

オカルトジャンルの外皮を着ていましたが、多様な手がかりを細かく植え付けて緻密に叙事を積み上げるキム·ウニ作家の主な特技が如実に発揮されました。

熱心な調査で解きほぐした民俗学的素材は独特の世界観を構築しました。

また、児童暴力の塩梅は過去の悪習を始め、家庭内暴力、ボイスフィッシング、不法私債業など悪鬼のような社会悪を通じて青春たちの人生にスポットライトを当てました。

「先祖に祭祀を行うのが難しければ敬虔な気持ちでも持て」というヘサン(オ·ジョンセ)の台詞のように、「記憶すべき事件と人々」に対する作家の絶え間ないメッセージは死を追慕し称えることに対する価値にまで拡張されました。

このような台本はSBSの代表的なライジング演出者で繊細さと大胆さを全て保有したイ·ジョンリム監督をはじめ、1%のディテールも逃さない最高のスタッフたちの労苦を経て秀作に完成されました。

このようにSBSが決意のうえ披露した「悪鬼」は「オカルトジャンルは地上波用ドラマではない」という偏見を果敢に破り、地上波ドラマの健在な底力を立証しました。

視聴者がすでに多数のドラマ関連授賞式候補に「悪鬼」の名前を載せている理由もここにあります。




◇キム·テリ-オ·ジョンセ-ホンギョン、従来のイメージを破って破格的な演技変身に成功!









「悪鬼」を話題作に仲間入りさせた主役、キム·テリ-オ·ジョンセ-ホンギョンは既存のイメージを破って演技変身に成功しました。

キム·テリは回を重ねるごとにより一層強烈になる「神々しい演技」で視聴者たちを魅了しました。

声のトーンから微細な行動と目つきまで自由自在に変えながら、サンヨンと悪鬼に憑かれたサンヨンを行き来し、限界のない演技スペクトラムを自ら証明しました。

笑いをぐっと抜いて劇の中心を握ったオ·ジョンセは、真剣な演技でも屈曲した感情の変化を表現できるということを示したベテランでした。










キム·テリとオ·ジョンセの間で自分の役割を120%果たしたホンギョンは、視聴者たちに確実に印象付けました。特にムンチュン(キム·ウォンヘ)の死で覚醒した後、真剣に事件に接近しスマートな捜査力を発揮、見る楽しさを倍増させました。

信じて見る俳優たちの名不虚伝演技は「悪鬼」を見るもう一つの面白さでした。

6回から本格的に登板したナ·ビョンヒ役のキム·ヘスクは、怪奇ながらも生きがいのある貪欲さを爆発させ、没入度を高めた功臣でした。 視聴者の間で「座っているだけで悪鬼よりもっと怖い」という話が出てきたほどでした。












チン·ソンギュは「特別出演のとても良い例」でした。 悪鬼に殺されるオープニングを皮切りに、作品の随所で背筋がぞっとする反転の主役として活躍し、存在感あふれる俳優の名にふさわしい演技をきちんとこなしました。

この他にもパク·ジヨン、キム·ウォンヘ、イ·ギュフェから、特別出演したムンスク、イ·ジェウォン、チョ·ヒョンチョル、チェ·グィファ、キム·ソンギュ、ピョ·イェジン、パク·ヒョジュ、そして悪鬼ヒャンを演じたシム·ダルギまで、微細な穴も見当たらない演技の饗宴は劇を充実に満たしました。




◇「怖い」というジャンル的偏見を破り、「死を称えて人生を生きよう」という人生メッセージを残す





サンヨンにとって悪鬼はなくさなければならない存在でしたが、また一方では視力を失わないために必要な存在でした。

悪鬼の誘惑のように、サンヨンは幼くてお金がないと無視しされた世の中で、望むものを全て享受しながら生きることもできました。

キム·ウニ作家はサンヨンにこのようなジレンマを植えつけた理由について「二つの道でサンヨンらしい選択が何かを見せたかった」と明らかにした経緯があります。

サンヨンにとってどんな人生が重要なのか逆説的に見せられるのが悪鬼だということ。サンヨンは最終回でサンヨンらしい選択をしました。

死にたいと思うほど疲れた日常を耐えてきたサンヨンの潜在的な欲望と弱点を悪鬼が掘り下げたましたが、サンヨンは結局闇の中に追い出したのも自身であり、再び立ち上がって望む人生を生き抜くことができるのも自身だという事実に気づいたのです。










これに対し、サンヨンの体を持つ悪鬼が彼女を鏡の中に閉じ込めて蚕食していきましたが、生き残るという本人の意志で悪鬼をなくしたのです。

そのような意味で、サンヨンの視野がブラックアウトされた黒暗視エンディングは意味深長です。

悪鬼が消えたため、父親に希少病を遺伝されたサンヨンはいつ失明するか分かりません。 それでも「そうだね、生きてみよう」という生の意志を固めるサンヨンの声にはいつにも増して屈しない活気が生きていました。

タイトルだけ聞くと怖いとだけ思ったかもしれません。 ですが「悪鬼」はそのようなジャンル的偏見を破り、死を通じて人生を振り返らせ、「人生ドラマ」に挙げる「人生メッセージ」を確かに残しました。




ひとこと


オカルトものというジャンルながら、地上波で快進撃を続けたドラマの読み応えのある総括。作品ごとに代表作を更新するキム·テリxオ·ジョンセの顔合わせはやはり間違いなく、キム·ウニ作家の筆力にも唸る作品でしたね♪


✳︎写真はsbsより記事はosen.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«