韓国旅行|「ウェブトゥーン」沼に陥ったKドラマ市場のジレンマとは?

韓国旅行|「ウェブトゥーン」沼に陥ったKドラマ市場のジレンマとは?







最近の韓国ドラマ市場の主な特徴といえば、ウェブトゥーン原作ドラマが多くなったという点です。

以前はウェブトゥーンを原作とするドラマはそれほど多くありませんでした。 キャスティング過程から原作キャラクターとシンクロ率が低ければ原作ファンの怨声を買わなければならないからです。

ウェブトゥーンからドラマに変わる過程では脚色が必要です。 しかし、脚色過程も原作の流れを生かしながらもドラマだけの特徴を生かさなければならない過程が必要なので、ややもすると原作ファンの非難を受けたりもします。

このようなリスクにもかかわらず、最近はウェブトゥーン原作ドラマではない作品を探すのが容易ではないほどウェブトゥーン原作ドラマの比重が高くなりました。




◇ウェブトゥーン原作が殺到するOTT業界







ウェブトゥーン原作ドラマが一番多く出ているところはOTTです。Disney+を蘇生させたと評価される「ムービング」は、カン·プル作家のウェブトゥーンを原作としています。

Disney+は「ムービング」に続いてウェブトゥーン原作「ビジランテ」を公開しました。

NETFLIXが今年公開した「配達人」「D.P」「マスクガール」「イ·ドゥナ!」「いつも心に太陽を」は全てウェブトゥーンを原作としています。 公開を控えた「スイートホーム」もウェブトゥーン原作です。










在来OTTも例外ではありません。wavveが最近出した「取引」もやはりウェブトゥーンを基盤にしている作品です。

TVINGが公開予定の「運の良い日」「イジェ、もうすぐ死にます」も全てウェブトゥーンを原作とする作品です。

さらに、ウェブトゥーン原作ドラマが興行に成功すれば、原作ウェブトゥーンも一緒に注目を集めることになります。

「ムービング」の場合、すでに2015年に完結した作品ですが、ドラマの人気に乗って原作を見直そうとする人が殺到しました。

「ムービング」放映後、一日平均再生数がkakaoページで22倍、kakaoウェブトゥーンで9倍増えました。 1日平均売上もkakaoページで12倍、kakaoウェブトゥーンで8倍増加しました。

GENIETVドラマ「ラブ・パッセンジャー ~私たちの恋愛事情~」の原作ウェブトゥーンもやはりドラマ放映以後、一日平均再生数が27倍増えました。

業界関係者は「ウェブトゥーンIPを基盤に映像化された作品が大衆の関心を受けることになれば原作も再び照明を受けることになる。 すでに完結した作品であるにもかかわらず、売上が上昇する好循環が続いている」と明らかにしました。











ウェブトゥーンを原作にドラマ制作を好む理由は、結局投資対比安定性のためです。 すでにウェブトゥーンを通じてストーリーが構築されているため、制作期間が短く済みます。

また、ウェブトゥーンを通じて該当ストーリーがある程度興行性に対する検証がされた状態だという点が信頼を高めます。

ウェブトゥーンの興行をもとに、すでにファン層も形成されているので口コミも広がりやすい訳です。




◇偏り現象、否定的な意見が出ることも







しかし、一部ではウェブトゥーンに依存する韓国ドラマ市場に対する否定的な意見が出ています。

業界関係者は「今ウェブトゥーン原作ドラマの偏り現象も結局流行の一部です。 2016年にも「チーズ·イン·ザ·トラップ」がドラマ画面であらゆる論難が起き、ウェブトゥーン原作ドラマがしばらく少なくなりました。

そして2020年にも「梨泰院クラス」を除くウェブトゥーン原作ドラマが興行に失敗しました。

ウェブトゥーン原作ドラマとオリジナルドラマのバランスが必要ですが、最近そのバランスがウェブトゥーン原作ドラマに急激に傾いただけ。」と明らかにしました。











実際、ウェブトゥーン原作ドラマが人気を得ているとはいえ、すべての興行ドラマがウェブトゥーンを基盤に制作されたわけではありません。

「イカゲーム」をはじめ、「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」「恋人」などは大衆に愛されている原作のないオリジナル作品です。

また別の業界関係者は「最近ドラマ製作市場自体が難しいため、冒険をしない雰囲気だ。 興行が保証された作品と保証されていない作品だったら、誰でも安全な道を選ぶだろう。」

「しかし、韓国ドラマの制作市場を長期的に見た場合、望ましい方向性ではない」としました。

このように安定性だけを追求する制作環境は、韓国ドラマ市場の多様性阻害につながる素地があります。

これに対し業界では、「安定性より挑戦を通じて独創的な作品を製作し、多様性を広げる必要性がある」という指摘が続いているのです。






いずれもオリジナル作品で主演を務めるパク・ウンビン



ひとこと


奇しくも今人気を争っている「ディーバ」と「恋人」はどちらもオリジナル先品というのも興味深いですが、安全策ばかりで冒険をしなくなるというのはやはり寂しいですね♪


✳︎写真はDisney+,NETFLIX,MBC他より記事はetomato.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«