韓国旅行|【キム·スヒョン】はbubble→【ピョン·ウソク】はWeverse行..tvNの息子たちの”アイドル級人気” ♪

韓国旅行|【キム·スヒョン】はbubble→【ピョン·ウソク】はWeverse行..tvNの息子たちの”アイドル級人気” ♪






アイドルに負けない「パワー人気」です。

俳優のキム·スヒョン、ピョン·ウソクがアイドルのようにファンと直接疎通するメッセンジャープラットフォームをオープンし、熱い人気を立証しています。 2人の俳優は2024年上半期、tvNを生かした男性主人公という共通点を持っています。











まずキム·スヒョンは4月、ファン疎通プラットフォーム「Dear U bubble」サービスをオープンしました。

Dear U bubbleは、ファンとアーティストが1対1のチャット形式のプライベートメッセージを通じて日常を共有し、直接コミュニケーションできるプラットフォーム。

キム·スヒョンは俳優としては初めて独立アプリである「bubble for GOLDMEDALIST」を開設し、圧倒的なグローバル人気を実感させました。












キム·スヒョンがバブルサービスを始めた時期は、ちょうど彼が主演として出演したtvNドラマ「涙の女王」が盛んに放映中だった時でした。

キム·スヒョンは「星から来たあなた」を大ヒットさせ、すでに十数年前からトップスターに仲間入りしていましたが、今回の「涙の女王」もまた大ヒットさせ、グローバルファンと疎通する窓口を本格的に用意したのです。

「涙の女王」は視聴率5.9%から出発し最終回24.9%まで急騰した2024年上半期最高の話題作だでした。

「涙の女王」は2016年に放送したキム·ウンスク作家の「トッケビ」の最高記録20.5%を跳び越え、tvN歴代視聴率1位も塗り替えました。










「涙の女王」は放映当時、NETFLIXが公式発表したグローバルトップ10シリーズ(非英語)部門1位も占め、グローバルシンドロームを起こしましたが、終映後1ヶ月が過ぎたにもかかわらず同じ部門ランキング(5月27日~6月2日)で10位を記録し、13週連続TOP10ランクインを誇りました。

「涙の女王」はまた、韓国ギャラップが5月21日から23日まで全国満18歳以上1,001人に最近最もよく見る放送映像プログラムをアンケート調査した結果、1位に上がり3月から5月まで3ヶ月連続1位を守りました。











tvNの新しい息子ピョン·ウソクは先月9日、また別のファン疎通プラットフォーム「Weverse」にチャンネルをオープンし、新しい強者の登場を知らせました。

ピョン·ウソクの合流で、WeverseがK-POPアーティストと海外ミュージシャンに続き、スター俳優たちも先を争って訪れるグローバルスーパーファンプラットフォームであることが改めて証明されました。

モデル出身の俳優ピョン·ウソクは2016年tvNドラマ「ディア·マイ·フレンズ」でデビューした後、tvN「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~ 」、tvN「青春記録」、MBC「20世紀少女」などの作品に出演し、フィルモグラフィーを築いてきました。

前作JTBC「力の強い女カン·ナムスン」で初めて悪役に挑戦し演技スペクトラムを広げた彼は最近tvN「ソンジェ背負って走れ」で10代と30代を行き来するキャラクターソンジェ役を演じ、和やかな容貌とスイートな純愛役で数多くの女性ファンを虜にさせました。










「ソンジェ背負って走れ」は1回の視聴率3.1%で始まり、最終回の視聴率5.8%で終わり、テレビ視聴率だけ見れば爆発的な人気があまり感じられないかもしれないですが、デジタル視聴数が圧倒的な規模を誇りました。

放映当時、デジタル再生数はなんと8億5千万ビューを突破し、歴代級の話題性を披露しました。 また、TVINGがサービスされて以来、tvNドラマの中で有料加入期間が歴代2位を記録し、15話公開まで累積された有料加入期間は公開初週対比約2100%増加しました。

「ソンジェ背負って走れ」は4週連続で週間放送VODとリアルタイムチャンネルを合算した視聴UV(純訪問者数)1位を占めたのはもちろん、放送VODとリアルタイムチャンネル合算視聴時間だけで16億分(2,720万時間)を突破し、その地位を立証しました。











グッドデータコーポレーションのプラットフォームFUNdexによると、「ソンオプティ」は5月4週目のTV-OTTドラマ話題性調査4週連続1位、ピョン·ウソクとキム·ヘユンはTV-OTT出演者総合話題性調査4週連続1位と2位に名前を上げました。

ピョン·ウソクが劇中で披露した歌手Eclipseで歌った「夕立」はメロン日刊チャート305位から始まりTOP1005位まで上がりました。

ピョン·ウソクが来月6日と7日に進行するファンミーティング「2024 Byeon Woo Seok Asia Fan meeting Tour SUMMER LETTER in Seoul」はチケッティングだけで70万人が集まり、以後500万ウォンの闇チケットも登場して衝撃まで与えました。

「ソンジェ背負って走れ」がグローバルOTTを通じて133ヶ国に放映され、それに対する全世界ファンの関心も高まった中で、ピョン·ウソクは全世界245ヶ地域にユーザーが布陣しているWeverseを通じてグローバルファンダムに会い影響力を急速に拡張していくという意志を表わしたのです。

Weverse関係者は「国内はもちろん海外でも人気を集めている俳優ピョン·ウソクがWeverseでファンとの疎通に乗り出すという事実を知らせることになり非常に嬉しい」

「Weverseは今後も地域·ジャンル·分野を網羅しアーティストと彼らのファンを連結する全世界唯一のスーパーファンプラットフォームとして地位を強固にするだろう」と伝えました。



ひとこと


OTTの台頭により世界中ほぼ同時にドラマを楽しめる時代が到来、そしてその先に世界中の人々と繋がることのできる新たなコミュニケーションツールが登場と、少し前までは考えられなかったことが現実に…夢が広がりますね♪


✳︎写真はstarnews,bubble,Weverseより記事はstarnewskorea.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«