韓国旅行|『ワンダーランド』【コン・ユ】特別出演だよね? 【タン·ウェイ】と”急に雰囲気が”メロの香り〜♪

韓国旅行|『ワンダーランド』【コン・ユ】特別出演だよね? 【タン·ウェイ】と”急に雰囲気が”メロの香り〜♪







◇人工知能役でタン·ウェイと共演 メロでないのにメロの雰囲気が徹底的に…



仮想世界ワンダーランドでAIを管理するAI管理者ソンジュン役で特別出演した俳優コン·ユ




5日に公開されたキム·テヨン監督の映画「ワンダーランド」(制作映画会社春)は、華やかなキャスティングを誇ります。

映画には世界的な俳優タン·ウェイだけでなく、スジ、パク·ボゴム、チョン·ユミ、チェ·ウシクなどテレビとスクリーンで主演として活躍する俳優たちが一堂に会しました。












さらにコン·ユが特別出演で名前を上げました。

コン·ユは映画が具現した人工知能映像通話サービスであり仮想現実であるワンダーランドに存在し、他の人工知能を管理する人工知能ソンジュンとして「短く太く」登場します。

ソンジュンは現実世界の人工知能設計者ハリー(チョン·ユミ)、ヒョンス(チェ·ウシク)とコミュニケーションをとり、仮想世界で人工知能バイリー(タン·ウェイ)を注意深く見守ります。

ソンジュンとバイリー、人工知能なのにコン・ユとタン·ウェイの「ツーショット」はメロの雰囲気を出しています。 様々な作品で活躍した「メロ職人たち」の出会いで一気に目を引きます。












キム·テヨン監督は「AIが人間を模倣して急速に発展していますが、人間と人間が会って好感が持てるようにAI同士で会った時にも人間の感情を模倣し、その似たような姿が見られるのではないかと考えました。」

人工知能同士の微妙な関係を短い時間内に効果的に表現してくれました。」と特別出演で参加したコン·ユに感謝を示しました。










それと共に「コン·ユとタン·ウェイの演技を見ながら、いつか仮想世界の中の人工知能の出会いを素材にした話をしてみても面白いと思いました。」

「人工知能の愛を通じて人間の愛を振り返らせることができそうです。」と付け加えました。

「ワンダーランド」は亡くなった人を人工知能で復元する映像通話サービスワンダーランドを通じて大切な人と再び会う人たちの話を描きます。

キム·テヨン監督が「晩秋」以後、13年ぶりに出した作品です。



ひとこと


“(2人は)人工知能同士の微妙な関係を短い時間内に効果的に表現してくれた”と監督が言うお二人のシーン、敢えて「微妙な」とするところに興味が倍増しますね♪


✳︎写真はacemaker.movieより記事はmaxmovie.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«