韓国旅行|【イ·ドンウク】がいたからこそ可能だった『九尾狐伝1938』♪

韓国旅行|【イ·ドンウク】がいたからこそ可能だった『九尾狐伝1938』♪







イ·ドンウクが「クミホ(九尾狐)イ·ヨン」という 人生キャラクターを再び立証しました。

tvN土日ドラマ「九尾狐伝1938」(脚本ハン·ウリ、演出カン·シンヒョ、製作スタジオドラゴンHOWピクチャーズ)で「イ·ヨン」役で出演中のイ·ドンウクが視聴者の大きな呼応を引き出しています。

イ·ドンウクは完璧なキャラクター消化力で毎回高い没入度を与えたのはもちろん、6月1週目のテレビ-OTTドラマ出演者話題性部門で1位(グッドデータコーポレーション基準)に上がり、その人気を実感させたのです。









イ·ドンウクはアクション、コミック、兄弟愛など多彩な物語の中心をしっかりとつかんでいきました。

彼はイ·ヨンの知略と共に繰り広げられるスペクタクルなアクションで、見る人たちに痛快さをプレゼントしました。

また、適切な瞬間に打って抜けるイ·ドンウクのアドリブは場面に面白さを一段階高め、イ·ヨンとク·シンジュ(ファンヒ)コンビのケミストリーは毎回お茶の間劇場の笑いボタンを押しました。

そうかと思えば、劇中のイラン(キム·ボム)に対する兄の切々とした心はイ·ドンウクの繊細な演技で感情に深みが加わることもありました。











ファンタジーにあまりにも適したイ·ドンウクの外見は、視聴者を説得させるのに十分でした。

九尾狐の能力が発揮される時に変わるオレンジ色の瞳は九尾狐キャラクターの魅力を100%引き出しファンタジー的要素を極大化しました。

山神イ·ヨンの長く舞う髪と気品のある韓服は、美しいビジュアルとともに叙事に力を入れました。 また、イ·ドンウクはイ·ヨンのクラシックで洗練されたスーツスタイリングを消化し「1938年に不時着したイ·ヨン」という設定値を劇によく溶かしました。











イ·ドンウクはディテールに人物の話を積んでいきました。

彼はイ·ヨン特有の余裕があって愉快な言葉遣いからあっという間に無慈悲な九尾狐の涼しさに変貌し、キャラクターに歯ごたえを追加しました。

イ·ヨンに変化が生じた時、イ·ドンウクの演技はさらに輝きました。

現代のイ·ヨンが1938年のイ·ヨンと出会った瞬間、鏡のふりをする演技はタイミングと順序を細かく調節して名場面を作り出し、日本妖怪ニュード(チョン·ソンチョル)に体が変わった時、歩き方から意気揚々とした笑みまで完全に変身した姿は感嘆を呼びました。












このようにイ·ドンウクは「九尾狐伝」シリーズの2番目のシーズンも成功に導き、多くの人々から愛されています。

彼の躍動感あふれる演技は、イ·ヨンというキャラクターそのもので、劇中で息づいていました。

それだけでなく、イ·ドンウクはドラマを通じて古典説話の中の「クミホ(九尾狐)」を「この時代のヒーロー」と再び定義したことはもちろん、反論不可能な人生キャラクターということをもう一度立証しました。

「九尾狐伝1938」が最終回に向かっている中で、イ·ドンウクが終えるイ·ヨンの話に期待が集まっています。

イ·ドンウクが出演するtvN土日ドラマ「九尾狐伝1938」11回は10日、最終回は11日夜9時20分に放送されます。









ひとこと


美しいビジュアルとともにクラシックで洗練されたスーツスタイリング…それだけでなく”イ·ヨンに変化が生じた時の口調から歩き方、目の表情まで様々な変身が感嘆を呼んだ”最大の賛辞を得て大団円を迎える週末。楽しみですね♪



✳︎写真はtvNより記事はosen.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«