韓国旅行|もう一度ずれてしまった縁···『恋人』Part.1、12.2%、瞬間最高14.4%で仕上げ♪

韓国旅行|もう一度ずれてしまった縁···『恋人』Part.1、12.2%、瞬間最高14.4%で仕上げ♪








切なさにときめきを加えたロマンス時代劇「恋人」パート1が自己最高視聴率で幕を閉じました。

3日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、前日午後9時50分に放送されたMBC金土ドラマ「恋人」パート1最終回の視聴率は12.2%と集計されました。

前日の放送で残酷な戦争と数回の死期を乗り越えて向き合ったイ·ジャンヒョン(ナムグン·ミン扮)とユ·ギルチェ(アン·ウンジン扮)はついにお互いの心を確認します。

清の瀋陽に発ち、数年ぶりに朝鮮に帰ってきたイ·ジャンヒョンはユ·ギルチェにあげるコッシンをいっぱい積んできますが、イ·ジャンヒョンが死んだと思っていたユ·ギルチェはク·ウォンム(チ·スンヒョン)との婚姻を控えていました。











イ·ジャンヒョンはこれに深い怒りと悲しみを感じ、激しい言葉を吐き出します。 ユ·ギルチェもやはり何度も自分を置いてふらりと去ってしまったイ·ジャンヒョンに恨みの感情を吐き出すのです。

恨むものの、依然としてお互いを深く愛する2人は激情に包まれて一緒に逃げます。

ユ·ギルチェは婚姻を控えたまま家族まで置いてイ·ジャンヒョンについていきますが、結局一人残る父親のことを思うと心が揺らいで家に帰ります。












そのように二人は再び別れ、ドラマは2年が経った後、瀋陽で朝鮮捕虜を救うイ·ジャンヒョンの姿を映し出します。

最後の場面ではイ·ジャンヒョンと青い覆面をかぶっている清の捕虜ハンター(イ·チョンア)の運命的な出会いが描かれ、パート2の展開に対する期待を集めました。

「恋人」は歴史的記録を再加工したしっかりした叙事、俳優たちの好演、時代劇の古風な趣を生かした感覚的な演出がよく調和した作品という評価を受けています。

序盤は視聴率5%台を抜け出せなかったものの、5話から8.4%に急激に上昇し、7話から9話までは10%台を上回りました。

全20話で製作された「恋人」は10話ずつ2つのパートに分けて放送されます。

パート2は10月中に放送予定です。



ひとこと


ラストまで時代劇ならではの映像美にうっとり。”しっかりした叙事、俳優たちの好演、時代劇の古風な趣を生かした感覚的な演出”これらの調和が成し得た成功…来月のPart.2のスタートが待ちきれませんね♪


✳︎写真はMBCより記事はyna.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«