韓国旅行|『恋人』vs『カン·ナムスン』熾烈な”話題性競争”スタート♪

韓国旅行|『恋人』vs『カン·ナムスン』熾烈な”話題性競争”スタート♪







切ない時代劇メロ「恋人」なのか、愉快な現実ファンタジー「力の強い女カン·ナムスン」なのか。 ドラマファンが幸せな悩みに陥りました。

17日オンラインTV話題性分析会社グッドデータコーポレーションはMBC金土ドラマ「恋人パート2」が放送初週にTV-OTT統合話題性ドラマ部門1位に上がったと明らかにしました。

パート1で1位で終了した後、再び1位に上がったのです。

また「恋人」のネチズンの反応に対して同時に主人公であるアン·ウンジンがTV-OTT統合出演者話題性部門で1位に上がったことも分かりました。

パート1で4週連続1位に上がったナムグン·ミンに続き、パート2ではアン·ウンジンが1位の座を受け継いだのです。












2位にはJTBC土日ドラマ「力の強い女カン·ナムスン」が占めました。 先週対比話題性点数が2倍以上増加した「カン·ナムスン」は1位「恋人パート2」とわずか2%差で競争中です。

グッドデータコーポレーションのウォン·スンウ代表は「男女ロマンスを跳び越える高品格時代劇という評の『恋人2』と家族が気楽に見られるという評の『カン·ナムスン』の競争」

「1位で始まった『恋人2』と急激な上昇傾向の『カン·ナムスン』の競争が激しくなるものと見られる」と説明しました。












JTBCのまた別のドラマ「この恋愛は不可抗力」は話題性30.0%増加し3位で終映し、MBCの新しい水木ドラマ「ワンダフルデイズ」が4位でスタートしました。

その後、5位からは10位までtvN「輝くウォーターメロン」、SBS「7人の脱出」、tvN「アラムンの剣」、ディズニー+「最悪の悪」、ENA「誘拐の日」、そしてENAの新しい土日ドラマ「悪人戦記」の順でした。











TV-OTT出演者の話題性順位では1位にアン·ウンジン(恋人パート2)が上がった中で、2位ナムグン·ミン(恋人パート2)、3位と4位はロウンとチョ·ボア(この恋愛は不可抗力)、5位イ·ユミ(力の強い女カン·ナムスン)

6位チャ·ウヌ(ワンダフルデイズ)、7位チェ·ヨンウク(輝くウォーターメロン)、8位ユラ(この恋愛は不可抗力)、9位リョウン(輝くウォーターメロン)、そして10位にパク·ボヨン(力の強い女カン·ナムスン)の順で名前を上げました。

そうかと思えば、最近公開されたOTTオリジナルドラマであるNETFLIX「盗賊:剣の音」とウェーブ「取引」は各々12位と14位に留まりました。

今回の順位はグッドデータコーポレーションの公式プラットフォームファンデックスで9日から15日まで放送または公開中または予定のテレビドラマとOTTオリジナルドラマの計29編と各番組に出演した主演、助演、カメオまで調査対象に含まれました。

1週間で最も競争力のある番組を選定するための話題性調査は、ニュース記事、VON、動画、SNSで発生した番組関連情報とこれに対するネチズンの反応を分析した結果で、正確度は97%以上だです。




ひとこと


ロマンチックな秋or家族揃って大笑いする秋、さてどちらを選ぶべき?ジャンルものからは少し離れる季節のようです。よくできた作品の良質な戦いを見るのは楽しみですね♪



✳︎写真はMBC,JTBCより記事はosen.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«