韓国旅行|『無人島のディーバ』放送2週目で『恋人』を抜いてドラマ話題性1位!

韓国旅行|『無人島のディーバ』放送2週目で『恋人』を抜いてドラマ話題性1位!







「無人島のディーバ」が放送2週目でTV-OTT統合話題性ドラマ部門1位に名前を上げました。

グッドデータコーポレーションによると、計29編のK-ドラマを調査した結果、何と49.9%が増加したtvN土日ドラマ「無人島のディーバ」が占有率13.4%を記録し、12.2%を記録したMBC金土ドラマ「恋人パート2」をリードし、1位に上がったことがわかりました。










「恋人パート2」は金曜日の放送中止により話題性が減少したと思われます。

3位はJTBC土日ドラマ「力の強い女カン·ナムスン」、4位がNETFLIXの「イ·ドゥナ!」、そして5位にtvN月火ドラマ「輝くウォーターメロン」である中で新しく始まったKBS2月火ドラマ「婚礼大捷」が放送初週6位でスタートしましたた。

これ以外にも新しく公開されたNETFLIX「精神病棟にも朝が来ます」とENA水木ドラマ「昼に昇る月」が各々8位と9位に上がったことが分かりました。 10位にはU+モバイルTV「ハイクッキー」がランクされました。










一方、ドラマ出演者順位では依然として「恋人」ナムグン·ミンが1位の座を守っています。「無人島のディーバ」パク·ウンビンが僅差で2位、「恋人」アン·ウンジンが3位で追撃中です。










「イ·ドゥナ!」スジが4位、「力強い女カン·ナムスン」イ·ユミとキム·ジョンウンがそれぞれ5·6位に上がりました。










この調査は10月30日から11月5日まで放送中または予定のテレビドラマおよびOTTオリジナルドラマと、これに出演した出演者を対象にニュース記事、VON(ブログ/コミュニティ)、動画、SNSで発生した番組関連情報とこれに対するネチズンの反応を分析した結果です。



ひとこと


わずか1回の欠放を逃さず、するりと1位に座った「ディーバ」。モクハのひたむきさや涙に惹かれない人はいないのでは?と思うほど次が見たくなる作品。週末ドラマの厳しい競争が続きますね♪


✳︎写真はtvN,MBC,JTBCより記事はstoo.com,opstarnews.netからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«