韓国旅行|【パク·ウンビン】「ウ·ヨンウ」を脱いでまた記録を立てるか..『無人島のディーバ』2話で視聴率5%↑♪

韓国旅行|【パク·ウンビン】「ウ·ヨンウ」を脱いでまた記録を立てるか..『無人島のディーバ』2話で視聴率5%↑♪







「無人島のディーバ」の勢いが尋常ではありません。 錚々たる競争作の間で、パク·ウンビンが「ウ·ヨンウ」に続いてもう一度記録を書いていくのでしょうか。

28日に初放送されたtvN土日ドラマ「無人島のディーバ」は前作「あなたが眠っている間に」、「スタートアップ」で強大なシナジー効果を繰り広げたオ·チュンファンPD、パク·ヘリョン作家が新しく意気投合した作品で、15年ぶりに無人島で救助された歌手志望生ソ·モクハのディーバ挑戦記を描きました。

パク·ウンビンは昨年放送されたENA「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」(以下「ウ·ヨンウ」)以後、次期作に「無人島のティーバ」を選びました。

「ウ·ヨンウ」は最高視聴率17.5%(ニールセンコリア全国基準)を記録するなど大きな人気を集め、該当作品でパク·ウンビンは「第59回百想芸術大賞」でテレビ部門大賞を受賞する快挙を成し遂げました。











このようなパク·ウンビンの演技力と眼目がもう一度通じたのでしょうか。 「無人島のディーバ」は初回視聴率3.2%で巡航を知らせました。

さらに29日に放送された2回の視聴率は5.2%を記録し、放送初週で視聴率5%を突破する気炎を吐きました。

「無人島のディーバ」と同時間帯に放映されるドラマが現在大きな人気を集めているだけに、憂慮の反応も存在しました。

それもそのはず、金曜日にMBC「恋人」、SBS「7人の脱出」と放映時間が重なって話題性を占めることが難しかったからです。













しかしパク·ウンビンは「ウ·ヨンウ」を脱ぎ捨て歌手志望生ソ·モクハとしてもう一度そびえ立ちました。

パク·ウンビンは「無人島のディーバ」製作発表会で歌が上手なソ·モクハキャラクターのために「私が歌うと言った瞬間から責任を負わなければならないので、私にできる最善を努力しているところです。」

「歌手デビューに準ずる努力を傾けています。 ディーバになろうとする夢を抱いたモクハなのでデビューを控えた心情で努力しました。」と明らかにしました。












「無人島のディーバ」出演を決めること自体が、俳優としてはまた別の転換点の始まりであり自らに投げかけた課題でもあったのです。

彼女が選択した「ソ·モクハ」は方言からダンスと歌、水泳など以前の作品で見せなかった新しい姿を作らなければならない人物でした。

放送初週でパク·ウンビンは1年を待っていたファンの期待を裏切りませんでした。 違和感のない方言から歌とダンスなど新しいキャラクターを完璧に着た姿で視線を集中させました。

特に歌と振り付けはファンにはよく知られているものの、視聴者には初めて見せる姿です。

パク·ウンビンの歌の場面は「仕方ないですね、やり遂げないと」という自身の有名語録を一気に思い出させます。

彼女はレッスンと録音を並行してドラマを準備してきたと伝えられていますが、作品の製作発表会で「私の声で歌わなければ果たして真正性を伝えられるかという悩みがありました。」とその理由を明らかにしました。











その結果、パク·ウンビンが披露した舞台シーンは、視聴者にも大きな戦慄を与えました。

憧れの対象であるランジュ(キム·ヒョジン)がライブができないという事実を知ったモクハが、直接舞台裏でランジュの声に代わって間接デビュー舞台を持つシーンです。

初めて披露する方言演技も真剣な悩みと努力の末に完成したもの。 パク·ウンビンは全羅道方言を使う知人たちに助言を求める一方、15年間外部との疎通が断絶していたという特殊な設定を結合してモクハとしての方向性を探し出しました。

「ウ·ヨンウ」の姿は完全に消したという評価も出ています。 パク·ウンビンは無人島に漂流し、ひたすら生存のために15年間耐えてきたソ·モクハの固い面貌から、奇跡的に発見された後、好奇心が爆発する姿を深い感情演技で表現しました。

スタートがいいです。 第1回全国視聴率3.2%(以下、ニールセンコリア基準)で始まった「無人島のディーバ」は第2回5.2%を記録しました。

第2話はパク·ウンビンをはじめ成人演技者たちが本格的に登場した回でもあります。 無人島から抜け出したソ·モクハがどんな新しい世の中を迎えることになるのか、さらに好奇心を刺激します。









ひとこと


“すでにワントップ女優としてしっかりとした立地を固め始めた”と称されるほど、見事な歌と演技で視聴者を虜にしたウンビンさん。テンポのよい展開も楽しみですね♪



✳︎写真はtvNより記事はheraldcorp.com,ytn.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«