韓国旅行|【パク·ウンビン – パク·ボヨン – シン·ミナ】今年の冬『癒しのアイコン』に♪

韓国旅行|【パク·ウンビン – パク·ボヨン – シン·ミナ】今年の冬『癒しのアイコン』に♪







パク·ウンビン、パク·ボヨンに続き シン·ミナが「ヒーリングのアイコン」に浮上しました。

今年の年末、刺激的なイシューと作品などで疲れた人々を慰めるヒーリングコンテンツが注目されています。

まずドラマ「無人島のディーバ」は15年ぶりに無人島で救助された歌手志望生「ソ·モクハ」(パク·ウンビン)のディーバ挑戦記を描き人気を集めています。

「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」でシンドロームを率いた俳優パク·ウンビンが夢を追う人物の成長期を描き出すのはもちろん、感動的な歌を披露しヒーリングをプレゼントしています。












また、NETFLIXシリーズ「今日もあなたに太陽を」もやはり「ヒーリングコンテンツ」として人気を集めています。

精神健康医学科勤務を初めてすることになった看護師「ダウン」(パク·ボヨン)が精神病棟の中で出会う世の中と心が痛む人々の多様な話を描いた作品。

パク·ボヨンが優しくて思慮深く患者たちを撫でるキャラクター「ダウン」に扮して慰労を届けています。












続いて劇場にも「ヒーリング」の風が吹きます。 映画「3日の休暇」は空から休暇に来た母親「ボクジャ」(キム·ヘスク)と、母親のレシピで定食屋を営む娘「チンジュ」(シン·ミナ)のヒーリングファンタジーで、大切な人たちと一緒に一年を終えることができる作品として期待を集めています。












ドラマ「私たちのブルース」「海街チャチャチャ」を通じて「ヒーリングのアイコン」として位置づけられたシン·ミナが、愛らしい面貌はもちろん一層深まった感情線まで描き出し深い余韻を伝える予定です。

亡くなった母親「ボクジャ」を懐かしむ複合的な感情を表現することに加え、家庭料理の場面を直接消化して注目を集めています。

皆が共感できる暖かい家族の話でヒーリングを伝える映画「3日の休暇」で会うシン·ミナの新しい姿に期待が集まっています。

「ヒーリングのアイコン」シン·ミナが伝える感動と余韻を予告する「3日の休暇」は12月6日に封切り予定です。



ひとこと


ニュースで目にする映像に心を痛め安らぎの時間を持ちたいと願う人は多いのでは?3人の女優さんに共通する柔らかい笑顔や声には確かに冬の陽だまりのような温かさを感じますね♪

✳︎写真はtvN,NETFLIX,SHOWBOXより記事はknewscorp.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«