韓国旅行|【パク·ウンビン】の吹き荒れる人生..『無人島のディーバ』モクハ成功的デビュー♪

韓国旅行|【パク·ウンビン】の吹き荒れる人生..『無人島のディーバ』モクハ成功的デビュー♪







「無人島のディーバ」ソ·モクハ(パク·ウンビン)の人生が吹き荒れています。

tvN土日ドラマ「無人島のディーバ」(パク·ヘリョンウンヨル脚本、オ·チュンファン演出)が回を重ねるごとに興味津々な展開を続けている中で、「ソ·モクハ」役を引き受け劇をリードしているパク·ウンビンの活躍が日々大きくなっています。

「無人島のディーバ」7話ではこの間「N番目の全盛期」録画現場でランジュの代わりに歌ったことが発覚し真実を明らかにし直接舞台に上がることになったモクハの話が伝えられました。

15年間無人島で激しい試練を経験しながらも、ソジュン(キム·ジュホン)に夢を踏みにじられながらも屈せず歌手の夢を守ってきたモクハは、ついに世の中に自分の完全な姿と声で感動を伝えました。

ここでパク·ウンビンは「Open Your Eyes(オープン·ユア·アイズ)」を熱唱し、モクハの長年の願いと誓いを歌詞で伝え、目と耳を虜にしました。












しかし、初舞台に胸がいっぱいになる気持ちもつかの間、モクハは再び自分だけの無人島に隠れてしまいました。

偶然、ボゴル(チェ·ジョンヒョプ)とウハク(チャ·ハギョン)が彼らの隠された正体について話すのを聞いて、ボゴルがギホだったことを知ったモクハは、自分と絡むことになれば、ギホが再び父親のボンワン(イ·スンジュン)のくびきに閉じ込められることを直感しました。

結局、舞台は夢ではなく毒になるマロニエの実だったと定義付け、すべてを捨てて遠いところに逃げたモクハは、自分を追いかけてきたボゴルの正体をわざと否定し、運命のいたずらのような2人の人物のずれた縁に観るものも胸がいっぱいになりました。












ここでパク·ウンビンはあれほど会いたかったギホが自分の前にいる嬉しくても表せない心情と、切実に願ってきた夢を捨ててまで、過去の自分を春三島から救い出してくれたギホが自分によって再び地獄のような人生を送らないことを願うモクハの複合的な感情を繊細な感情演技で描き出し感嘆を呼びました。

公式的な初舞台を持ったモクハの姿もまた、胸がいっぱいになる感動、ときめき、緊張など多様な感情で表現し、まるで実際のような現実感で没入度を高め、これに加わったパク·ウンビンの爆発的な歌唱力は劇を豊かに満たしました。












一方、果たして今後目にするギホとどんな縁を新たに結んでいくのか、そして歌手の夢を叶えていけるのか。 これを描き出すパク·ウンビンの活躍に帰趨が注目されています。

15年ぶりに無人島から救助された歌手志望生「ソ·モクハ」のディーバ挑戦記を描いたパク·ウンビン主演のtvN土日ドラマ「無人島のディーバ」は毎週土日午後9時20分に放送されています。




ひとこと


歌の上手さには毎回驚くばかりですが、完璧な方言も!ウンビンさんはこのドラマで一体幾つのことに挑戦し成し遂げているのかと考えると、そのひたむきさに頭が下がります。残り2週…どんな結末を迎えるのかドキドキしますね♪


✳︎写真・記事はsportschosun.comよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«