韓国旅行|『イルタ·スキャンダル』素朴な惣菜が与える温かさ…2人のロマンスにも共感❤️視聴率12.5%♪

韓国旅行|『イルタ·スキャンダル』素朴な惣菜が与える温かさ…2人のロマンスにも共感❤️視聴率12.5%♪







18日に放送されたtvN週末劇「イルタ·スキャンダル」11回ではノクウンロの公式カップル誕生を知らせました。

スキャンダルではなくロマンスとして堂々と認められたチョン·ドヨン(ヘンソン)とチョン·ギョンホ(チヨル)がその主人公でした。 2人の甘いケミストリーがときめきを伝播すると同時に、鉄玉事件も展開に拍車をかけました。

この日の放送は首都圏基準平均14.6%、最高15.9%、全国基準平均12.5%、最高13.5%を記録し、首都圏と全国世帯共に全チャンネルを含め同時間帯1位を続け、ヘンソンとチヨルの花道ロマンスに向けた熱い関心と反応を立証しました。 (ニールセンコリア有料プラットフォーム基準)

✳︎ここまでの記事はjtbcよりお借りしました。











素朴な惣菜は日常に似ています。 常に存在しながら慣れること、ささやかだが幸せだということです。「イルタ·スキャンダル」は惣菜のようなヒューマニズムとロマンスを見せてくれる作品です。

些細なことが重なって人生になるように、「私を愛してくれる家族がいれば人生は生きる価値がある」というメッセージを伝えています。

tvN土日ドラマ「イルタ·スキャンダル」(脚本ヤン·ヒスン/演出ユ·ジェウォン)は、私教育戦場で繰り広げられる国家代表惣菜店熱血社長ナム·ヘンソン(チョン·ドヨン)と大韓民国数学スター講師チェ·チヨル(チョン·ギョンホ)の甘くて苦いロマンスです。

ハンドボール国家代表出身のナム·ヘンソンは、アスペルガー症候群を患っている弟のナム·ジェウ(オ·ウィシク)と、高校生の娘のナム·ヘイ(ノ·ユンソ)、友人のキム·ヨンジュ(イ·ボンリョン)と惣菜屋を経営しています。

豊かではない暮らしですが、温かい家族と一緒なら何も怖くありません。










チェ·チヨルは別名「1兆ウォンの男」と呼ばれるスター講師ですが、摂食障害を患っています。 そんな彼が国家代表惣菜店の食べ物だけを食べられるようになり、ナム·ヘンソンと絡むことになります。

作品の中心を引っ張っていくのは温かい家族愛と利他的な心です。ナム·ヘンソンは姪のナム·ヘイを実の娘のように育てています。

周りの人たちにも実の娘だと言い、夫は外国にいると言っています。 ひたすらナム·ヘイのために、彼女が傷つかないでほしいという気持ちから始まったのです。

アスペルガー症候群を患っている弟のことも、まるで息子のように面倒を見ています。 一緒に惣菜屋を経営しながら仕事を与え、弟が外でミスをすると裸足で飛び出して頭を下げるほど愛が大きいヘンソン。

このようなナム·ヘンソンの姿がもどかしく見えるかもしれませんが、結局善良さが固い家を作ることができるということを示しています。











逆にチェ·チヨルは利他的な心とは程遠い人です。 1兆ウォンの男と呼ばれ、スター講師として大活躍していますが、心は空虚です。

高くあるだけに危険な席に座っているのです。 訴訟、デマ、コメントと闘いながら、彼は疲れていきます。 広い家、広いベッドを持っているが床で眠り、食事もまともにできません。

彼の前に温かい家族が現れます。 最初は慣れなかったものの、突然心の中に入ってきたナム·ヘンソンとナム·ジェウが嫌いではありません。 一つを教えれば、すぐに結果を出すナム·ヘイを教えることも楽しいのです。

チェ·チヨルはナム·ヘンソンに理性的な好感を持つようになり、ナム·ヘンソンも気の毒なチェ·チヨルに心を開いていきます。 問題は、すべての人がナム·ヘンソンを既婚者と思っていること。

ついに2人は不倫という汚名を着せられ、ナム·ヘイが勇気を出して家庭史を告白したことで誤解は解けました。 ついにお互いの心を確認した彼らのロマンスはこれからがスタートです。

全く違う2人が会ってお互いの人生に染み込み、似ていきながら幸せを探す姿はまるでパズルのピースがかみ合ったようです。

しかし、二人の恋愛は順調ではありません。 チェ·チヨルの右腕チ·ドンヒ(シン·ジェハ)がナム·ヘンソンに嫉妬を感じ、また別の葛藤が生じるものと見られます。









塾街で繰り広げられる入試戦争は大小の葛藤を作りながらドラマを形成しています。

ナム·ヘイとライバルのパン·スア(カン·ナオン)の母親チョ·スヒ(キム·ソンヨン)は、塾街で最も影響力の強い人物です。

バン·スアの要請を受け入れるために医大対策クラス(上位学生少数精鋭クラス)に合格したナム·ヘイを脱落させ、ここから葛藤が生じました。










みずみずしい三角ロマンスは作品を見る楽しさを増しています。イ・ソンジェ(イ・チェミン)は、長年の友人であるナム·ヘイに片思いしています。

イ·ソンジェは入試で忙しくもあり、今告白すれば友達としてでも残らないのではないかと怖い気持ちです。

一応そばにいながらナム·ヘイの友達として過ごすつもりでしたが、ソ·ゴヌ(イ·ミンジェ)の登場で心がざわつき始めます。

学内で一番かっこいい男ソ·ゴヌは積極的にナム·ヘイに気持ちを表現し、ついに先生と友人たちが見る前で公開告白までしました。 彼らのロマンスがどの方向に流れるか見守る価値があリます。











鉄玉殺人事件のミステリーも作品の一筋を作っています。 町内に連続殺人事件が発生しますが、その周辺で鉄玉が発見されます。

殺人事件の被害者はチェ·チヨルと関係のある人物。 最初はチェ·チヨルに反旗を翻した生徒が殺害され、次はチェ·チヨルを卑下する塾の同僚の先生が殺されました。

そしてその現場にはイ·ソンジェの兄イ·ヒジェ(キム·テジョン)がいました。 そんなイ・ヒジェを守ための母親チャン·ソジン(チャン·ヨンナム)まで。

「イルタ·スキャンダル」の後半部はこのミステリーを解くことに集中するものと見られます。



ひとこと


“作品の中心を引っ張っていくのは温かい家族愛と利他的な心”…コロナ禍を超えて私たちも大事なものが何かがよく見えるようになり、このようなドラマにより強く惹かれるのかもしれませんね♪


✳︎写真はtvNより記事はsedaily.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«