韓国旅行|『キング·ザ·ランド』圧倒的人気に支えられドラマ話題性&出演者話題性1位…2位、3位は?

韓国旅行|『キング·ザ·ランド』圧倒的人気に支えられドラマ話題性&出演者話題性1位…2位、3位は?







◆ドラマ話題性ランキング

ドラマ話題性順位および占有率を調べれば1位はJTBC「キング·ザ·ランド」(26.37%、イ·ジュノ、イム·ユナ、コ·ウォンヒ、キム·ガウン)が占めました。










続いて2位はSBS「悪鬼」(18.83%、キム·テリ、オ·ジョンセ、ホンギョン、チン·ソンギュ、ヤン·ヘジ)です。










続いてNETFLIX「セレブリティ」(7.08%、パク·ギュヨン、カン·ミニョク、イ·チョンア、イ·ドンゴン、チョン·ヒョソン)が3位を占めました。









以後の順位は4位ENA「庭のある家」(6.15%、キム·テヒ、イム·ジヨン、キム·ソンオ、チェ·ジェリム)、5位tvN「生まれ変わっても、よろしく」(6.10%、シン·ヘソン、アン·ボヒョン、ハ·ユギョン)

6位tvN「有益な詐欺」(4.58%、チョン·ウヒ、キム·ドンウク、ユンパク·ソジン/イヨン/ユ·ヒジェ/ホン·スンボム)、7位tvN「驚異的な噂2:カウンターパンチ」(4.24%,チョ·ビョンギュ、チョ·ビョンギュ、キム·ビョンギュ、キム·ミョンス、チェ·ジンヒョク)となり前週と同じ結果でした。




◇イ·ジュノ、ドラマ出演者話題性1位···イム·ユナ、キム·テリ、シン·ヘソン、オ·ジョンセTOP5







グッドデータファンデックスによると、27週目のドラマ出演者話題性順位で「キング·ザ·ランド」のイ·ジュノ(13.17%)が1位を占めました。

続いて2位は「キング·ザ·ランド」のイム·ユナ(11.14%)、3位は「悪鬼」のキム·テリ(6.29%)が占めました。









続いて4位は「今世もよろしく」のシン·ヘソン(3.36%)、5位は「悪鬼」のオ·ジョンセ(2.75%)です。

また、6位「有益な詐欺」のチョン·ウヒ(2.54%)、7位「セレブリティ」のパク·ギュヨン(2.52%)、8位「生まれ変わっても、よろしく」のアン·ボヒョン(2.46%)、9位「庭がある家」のイム·ジヨン(2.06%)、10位「有益な詐欺」のキム·ドンウク(1.98%)などが後に続きました。











この調査は7月3日から7月9日まで放送中か予定のテレビドラマおよびOTTオリジナルドラマと、これに出演した出演者を対象にニュース記事、VON(ブログ/コミュニティ)、動画、SNSで発生した番組関連情報とこれに対するネチズンの反応を分析した結果です。



ひとこと


「キング·ザ·ランド」強し!まさに独走中ですが「セレブリティ」など新作もランクイン。特に俳優部門では順位がかなり入れ替わって…夏のドラマ大戦はまだまだ続きますね♪


✳︎写真はjtbc,sbs,netflixより記事はtopstarnews.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«