韓国旅行|俳優名鑑!『クイーンメーカー』一人を選べないほどの”シーンスティラー”豊作♪

韓国旅行|俳優名鑑!『クイーンメーカー』一人を選べないほどの”シーンスティラー”豊作♪







俳優たちは作品ごとに違う「仮面」を取り出して描きます。 仮面がたくさん用意されていても今回新しく作ったとしても、既存の作品とは明確に違って、小さな違いだけでなく、新しいキャラクターに会う度に新しい仮面を取り出します。

そうでなければ、大衆はその食膳に好感を失ったり失望したりするからです。

ドラマ「クイーンメーカー」を見る時、どの俳優に関する記事を書くか、模索しながら始めたというのが事実です。 今回はまたどんな俳優が作品のために、視聴者のために新しい「仮面」を取り出したのか気になりました。






準備されたカリスマ、ウンソングループ会長ソン·ヨンシム役の俳優ソ·イスク ⓒ




一番最初に目に入ったのは俳優のソ·イスクでした。

音色と声量が良い俳優だとはよく知っていましたが、ウンソングループ会長のソン·ヨンシムを引き受け、人を勝手に操ることができず、世の中を号令する野望を持った権力家のカリスマをこれほど素敵に表現するなんて!

予想をはるかに越える俳優ソ·イスクのスペクトラムと「力」に圧倒されました。 準備された俳優は引き受けたことのないキャラクターを演じても、まるでそのように生きてきたかのように演技できるということを再び悟らせる名演技でした。

そうだね、この俳優! 決心した瞬間、また別の俳優が目に入りました。






視聴者を興奮させる新しい仮面をかぶって出てきた俳優リュ·スヨン ⓒ




わあ!ただ口が開いた状態になりました。 俳優リュ·スヨンにこんな「仮面」ができるって?

自慢しないが演技の基本技がよくできている俳優だとは思っていましたが、すべての俳優がそうであるように自身のキメに合う「限界」というのがあると考えていました。

優しい話し方に料理が上手な男の顔に悪魔が宿りました。正反対な性質のものが同時に見えて「ピリッと」しました。

15年以上前に全州国際映画祭が真っ最中のそこの居酒屋で偶然同席した後、中国近代小説を巡り「言争」を行ったことを謝る機会がなくいつも気になっていましたが、膝を打つような、俳優リュ·スヨンの好演を見ると申し訳ない気持ちが風船のように膨らんできました。

勉強する姿勢が作り出した結果だと思ったからです。






良い俳優は表情一つでもその人物, その関係の現在だけでなく過去を見せてくれる ⓒ




よし、変化が言うまでもなく大きいから、俳優の「発見」にぴったりだよ! その頃に書くべきだった、記事を。

でもはまってしまったのです、ドラマ自体に。 目的意識を持って見始めたドラマでしたが、ただ楽しむようになったのです。

もちろんその背景に色々な要素があるが、俳優の存在が一番大きいです。 ソ·イスク、リュ·スヨンで終わらない「選手」たちの登場が続きました。

独立映画、低予算映画でよく見ていた俳優キム·セビョクの整頓されず、より良い見慣れない姿を大作商業ドラマで見るととても嬉しく、俳優ユン·ジヘの覇気と「賢さ」がまともに使われて気持ちが良いです。

演じる役ごとに信じて見られる、珍しい講壇を持った俳優オク·ジャヨンは今回も期待以上でキム·ソンヨンはドラマ「イルタ·スキャンダル」での残念さを消し、本人の最大武器である真正性の価値を確認させました。










俳優ヒョン·ボンソクはドラマ「スリナム」でハ·ジョンウの友達をおいしくやり遂げたが、今回はムン·ソリの夫の役割を渋く表現し、スター俳優の前でも気後れしない実力を誇示しました。

大俳優の前で気後れしないのは新人俳優のキ·ドフンやシム·ヨンウン、年下のパク·サンフンも同じです。 あえて取り上げるまでもなく、チンギョン、イ·ギョンヨン、キム·テフンは自分の役割を果たしました。






頭からつま先までこだわったファッションでも隠せない演技、キム·ヒエ ⓒ




主演であり、ドラマの世界的人気の中でどうせ褒められるだろうから除けば、それがまさに逆差別ではないかと思うほど「クイーンメーカー」ファン·ドヒ役のキム·ヒエと「クイーン」オ·ギョンスク役のムン·ソリもやはりとても上手でした。

俳優のキム·ヒエは名前にふさわしい演技が何かを見せてくれました。タイトルロールですが、決してクイーンより優位に見えたり、クイーンに見えたりしてはならない状況で適正ラインを守りながら作品をリードしました。

クイーンとクイーンメーカーが同等に見えるように、友情に見せることで「キングメーカー」とは異なる「クイーンメーカー」の面貌を確実にしました。






少なくとも3作品で見せるほどの色を1作品に注ぎ込んでも人物·演技のバランス感を失わないムン·ソリ ⓒ





俳優のムン·ソリは簡単ではない役割と機能を見事に消化しました。 クイーンを作る人たちの話なので、ドラマ叙事の中心に立たず、クイーンらしい包容とカリスマを発散し、ドラマの中の世界の中心に立たなければなりませんでした。

クイーンとしての重みを失わずに、冷たく刃が立っているファン·ドヒのそばで暖かい人間味と笑いを持ったオ·ギョンスクとして視聴者の緊張を和らげなければならなかったのです。

特に、人物の転写が説明されたことがなくても、オ·ギョンスクの履歴がどうだったかを視聴者が十分に感じられるように小さな場面場面に溶かしました。

腕を上げてスローガンを叫ぶ時、腕の動き一つ、民衆歌謡を歌う時、口の形とリズムに乗る体の動き一つからオ·ギョンスクのルーツが見えました。

民主化運動に若い日を過ごし、良心の声に従って庶民のために生きてきた人権派弁護士というより、力のない人のための弁護人という修飾語が似合うオ·ギョンスクを、俳優ムン·ソリは密かに見せてくれました。

おかげで、重大事件の節目ごとに政治的有利不利より人を選ぶ選択が「空中に浮いて」見えなかったのでしょう。 キングの選択と他のクイーンの選択に感性で説得力を与えました。







新しい価値、新しい歴史 ⓒ





このように俳優たちの名演技にすっかりはまってドラマ「クイーンメーカー」を見てふとあることを思い出しました。

ドラマが面白くて最初は感じられないと言っても明らかに「クイーンメーカー」は政治と社会を含め私たちの社会が下す判断と決断に新しい物差しを提示しているのです。

権力を握った男たちの典型のように、その二の舞を踏んで生きてきたペク·ジェミン(リュ·スヨン)-従来の手法どおり謀略と操作の刀を持って戦場に出たカール·ユン(イ·ギョンヨン扮)組は敗北しました。

性別だけが女性であり、行動は既存権力者と同じソン·ヨンシム会長と当選3回の国会議員ソ·ミンジョン(チン·ギョン)も敗れました。

火を見るよりも明らかに不利だと知りながらも、人を中心に選択するオ·ギョンスク-結果中心的冷血戦略家でしたが、相互尊重で呼吸を合わせながら新しい道を選んだファン·ドヒ。

映画「キングメーカー」と比較したり対照させる次元ではなく、ドラマ「クイーンメーカー」は長年世の中に出てきた数多くの作品で一つの公式のように図式化された「男性たちが率いた理性優位の歴史」に女性たちの感性で新しい時代を開く歴史的使命を提起しました。






NETFLIXを生き返らせる新しいKコンテンツ走者「クイーンメーカー」 ⓒ





俳優たちの好演に挑戦的テーマ意識まで兼ね備えた問題作「クイーンメーカー」、11話を見てから幸せな悩みに陥りました。 あ、誰について書けばいいんだろう?

もう一度考えを俳優に集中してみます。 ムン·ジヨン作家が脚本を書く時、オ·ジンソクPDが演出を控えてその脚本を読む時「第一順位」と考えた俳優たちが全てキャスティングされたのかと思うほど出演陣の威容がまさに錚々たるものです。

さらに、ソウル市長選挙を控えて開かれた生放送討論の最初の質問者として出た市民が映画「抗拒:ユ·グァンスン物語」でユ·グァンスンの母親として出てきた俳優オ·ジヨンであることを見て製作陣が本当にキャスティングに精魂を込めたことを確認したところ、誰を選べばいいのかより一層難しくなりました。

それでこのように、「俳優発見」なのか「レビュー」なのか曖昧な記事を書くことになったという長い言い訳で文を終わろうと思います。



ひとこと


一度全編を観てからこちらの記事を読み「製作陣が本当にキャスティングに精魂を込めた」と評される名優たち一人一人に注目しながら、ゆっくりと再び1話から観直す…そんな贅沢な楽しみをしたくなりますね♪


✳︎写真はNETFLIXより記事はdailian.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«