韓国旅行|『イカゲーム』『D.P.』『スイートホーム』シーズン2時代に突入···”NETFLIX帝国”は健在か?

韓国旅行|『イカゲーム』『D.P.』『スイートホーム』シーズン2時代に突入···”NETFLIX帝国”は健在か?







2019年と2020年が「胎動期」だったとすれば、早い時間で国内放送界の版図を変えるほど2021年と昨年は名声を博しました。

2023年、そして2024年は2回目の「バージョンアップ」を準備しています。 NETFLIXの時代、その2番目のシーズンが近づいています。

コロナ禍以後、放送界の大勢として定着したOTTは、多彩なジャンルとキャスティング、そして何よりも大規模な資本が投入された作品に代表されます。

特にNETFLIXの場合はキム·ウニ作家の「キングダム」を皮切りに2021年「イカゲーム」「D.P.」「地獄」など世界的にも名声を博した作品が相次いで公開され、国内で全盛期を開きました。

第1シーズンの熱狂の勢いも沈み、平均2年ほどが過ぎた今、人気作の第2シーズンが着実に準備されています。

すでに製作が終わって公開だけを待つ作品もあり、キャスティングだけでも歓呼と論難を兼備する作品もあります。













一番先に公開される作品は「D.P.」シーズン2です。

2021年8月27日に6部作で公開された「D.P.」は「軍脱逮捕」というユニークな素材でミリタリー(軍隊)とミステリー、アクション、犯罪物などを混ぜた構成で話題を集めました。

アン·ジュノ役を演じた俳優チョン·ヘイン、パク·ボング役キム·ソンギュンなど知られた名前の他にもハン·ホヨル役のク·ギョファン、イム·ジソプ役のソン·ソック、ファン·ジャンス役のシン·スンホ、その他にもチョ·ヒョンチョル、ムン·サンフン、イ·ジュンヨンなど若い俳優たちが名前を知らせました。

28日に公開される2番目のシーズンは、既存の軍脱逮捕組の一員であるジュノとホヨルが依然として変化のない現実の不条理と再びぶつかる内容を盛り込んでいます。

チ·ジニ、キム·ジヒョン、チェ·ヒョンウクなどの俳優たちが新たに登場し、緊張の水位を高めています。






2020年に放送されたNETFLIXオリジナルシリーズ「スイートホーム」のポスター




下半期には「スイートホーム」シーズン2の公開も予定されています。

2020年12月18日公開された「スイートホーム」はキム·カンビ作家の同名人気ウェブトゥーンを原作に正体不明の怪獣が登場するいわゆる「クリーチャー物」でお茶の間の新しいページを開きました。

イ·ジヌク、イ·シヨンなど既存俳優たちと共にソン·ガン、イ·ドヒョン、コ·ミンシ、パク·ギュヨン、キム·ナムヒ、コ·ユンジョンなど若くて可能性のある俳優たちを大挙発掘してお茶の間に定着させました。

NETFLIXはクリーチャー物としての「スイートホーム」の可能性を高く買って事前製作に手間がかかるジャンル的特徴を考慮し、2番目と3番目のシーズンを一度に準備できるようにしました。

シーズン2は初シーズンの舞台になった「グリーンホーム」から抜け出した主人公たちの死闘を扱う予定です。 第3シーズンの公開時期はまだ決まっていません。












最も大きな関心を引く作品は2021年作「イカゲーム」の2番目のシーズン「イカゲーム2」です。

2021年9月17日に公開された「イカゲーム」は恐怖とスラッシャー、残忍な殺戮場面が登場するスラッシャー、ミステリー、アクション、ブラックコメディのすべての要素を持つ作品で公開と同時に世界的に大きな人気を集めました。

国内の百想芸術大賞、青龍シリーズアワードなど主要授賞式だけでなく米国のゴールデングローブ授賞式、米国俳優組合賞、クリティックスチョイスに続きドラマ界の「アカデミー」と呼ばれるエミー賞6部門賞を総なめし2021年が産んだ世界で最も有名なドラマになりました。

その波及力は止まることなく「イカゲーム」の形式を取った10部作リアリティ番組「イカゲーム:ザ·チャレンジ」が11月、NETFLIXで公開される予定です。











シーズン2は企画段階から話題を集め、最近キャスティングが公開されると、さらに大きな話題になっています。

イ·ジョンジェ、イ·ビョンホン、コンユ、ウィ·ハジュンなど初シーズンの出演者たちはもちろん、イム·シワン、カン·ハヌル、パク·ソンフン、ヤン·ドングンの華麗なキャスティングを知らせました。

続いてパク·ギュヨン、チョ·ユリ、キム·シウン、カン·エシム、イ·ダウィット、イ·ジヌク、チェ·スンヒョン、ウォン·ジアンなどが合流を知らせました。

この過程で過去麻薬事件で懲役10月に執行猶予2年を宣告されたチェ·スンヒョンの行跡が問題になり、イ·ジョンジェのキャスティング介入説まで出回り製作陣を困難に陥れました。

多くの議論と話題は、それだけこの後続作に集まる世間の関心が大きいという事実を傍証します。 この作品が公開された2020~2021年の状況と現在の雰囲気は全く違います。

NETFLIXは最近株価が上昇傾向ですが、一時底をつき、Disney+は記録的な損害を被っている状態です。 その上、コロナエンデミックの影響で過去のように大規模な資本をOTTに注ぎ込むには負担になる状況になりました。











結局、OTT業界の立場では新しい作品、新しいシンドロームでこれを突破するしかないのです。

そのためにはすでに世界的な名声を得た作品の後続作、その人気推移が非常に重要なのです。 これこそがNETFLIXの国内オリジナルシリーズシーズン2に関心が集まる理由です。

彼らの興行は単純に放送街の興行構図だけでなくOTTが率いるコンテンツ産業全般の風航界を変えるイシューになる見通しです。




ひとこと


「イカゲーム」が世界的シンドロームを起こしてから2年、コロナ禍後のOTTを取り巻く世界は大きく変化しているという事実。その状況を突破するための試行錯誤…シーズン2が担う責任は重大ですね♪


✳︎写真はNETFLIXより記事はsports.khan.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«