韓国旅行|tvN『私の夫と結婚して』『涙の女王』『ソンジェ背負って走れ』まで···上半期のロマンスで3連打大成功♪

韓国旅行|tvN『私の夫と結婚して』『涙の女王』『ソンジェ背負って走れ』まで···上半期のロマンスで3連打大成功♪








「私の夫と結婚して」、「涙の女王」、「ソンジェ背負って走れ」など上半期tvNの複合ジャンルロマンスドラマが相次いで興行に成功しました。

tvN月火ドラマ「私の夫と結婚して」、「ソンジェ背負って走れ」および土日ドラマ「涙の女王」が視聴率、話題性、海外反応などで有意義な成績を収めました。

3作品とも共通ジャンルはロマンスですが、多様な変奏を通じて新鮮な魅力で視聴者の視線を固定させました。












まず、今年上半期tvNのロマンス興行砲門を開いたのは、1月1日から2月20日まで計16部作で放送した月火ドラマ「私の夫と結婚して」(脚本シン·ユダム/演出パク·ウォングク、ハン·ジンソン、以下「私の男たち」)でした。

「私の夫と結婚して」はカン·ジウォン(パク·ミニョン)が人生2回目を生きることになり、親友と夫に復讐する内容を盛り込んだロマンティック·コメディです。

放送当時、速い展開と俳優たちの熱演で口コミに乗って人気を集めた「私の夫と結婚して」は主人公が過去に回帰するという点でファンタジー的な面白さを抱かせ、友人と夫の不倫など非倫理的な要素で目を離せないようにしました。

ここに覚醒した主人公が復讐する内容で、最後まで緊張感を緩めることのできないサスペンスをプレゼントしました。













「私の夫と結婚して」は全国9.2%(以下ニールセンコリア有料世帯基準)、首都圏9.9%で歴代tvN月火ドラマの中で平均視聴率1位を占めました。

TV-OTT総合話題性(以下グッドデータコーポレーション提供·1月1週目~2月4週目)では8週連続1位に上がりました。OTTストリーミングサービスアマゾンプライムビデオ基準、日本、オーストラリアなど累積76ヵ国で1位および米国と英国など累積112ヵ国でトップ10に上がりました。

英国の雑誌NMEは「非常に中毒的な」、「回帰を通じた復讐の話を伝える幻想的なメロドラマ」と好評しました。













「私の夫と結婚して」の興行を受け継いだのはキム·スヒョン、キム·ジウォン主演の期待作土日ドラマ「涙の女王」(脚本パク·ジウン/演出キム·ヒウォン、チャン·ヨンウ)です。

「涙の女王」は3月9日から先月28日まで計16回を披露しました。そして人気に支えられ、スペシャル放送2回目も追加で編成しました。

財閥家の女主人公ホン·ヘイン(キム·ジウォン)とヨンドゥリ里長村の息子ペク·ヒョヌ(キム·スヒョン)の結婚3年目の夫婦ロマンスを扱った話で、キム·スヒョン、キム·ジウォン俳優のケミストリーと熱演で人気を集めました。












「涙の女王」はホン·ヘイン、ベク·ヒョヌのロマンスが土台であり、財閥と平凡な家庭がお互いを抱いて痛みを治癒する姿を通じて家族の大切さを悟らせるなどヒューマン家族劇の感動を抱かせました。

ここによくドラマで見られた女性の財閥家の嫁入り暮らしではなく、財閥家と結婚した男性の妻の実家暮らしでクリシェをひっくり返す反転を通じて新鮮さを与えました。

「涙の女王」は最終回視聴率24.9%でtvNドラマ歴代視聴率1位を記録しました。 TV-OTT総合話題性は8週連続1位(3月1週目~4月4週目)となりました。

NETFLIXが公式集計グローバルトップ10テレビシリーズの非英語部門週間ランキングは、10週間連続でトップ10に進入しました。

米国メディアTIMEは「私たちがKドラマでよく期待することをねじり、新鮮に接近するドラマ」とし、日本芸能専門メディアReal Soundは「『涙の女王』キム·スヒョン、キム·ジウォンの愛、第5次韓流熱風を牽引する」と報道しました。














tvNは上半期の2作品の興行に続き、現在放映中の月火ドラマ「ソンジェ背負って走れ」(脚本イ·シウン/演出ユン·ジョンホ、キム·テヨプ、以下「ソンオプティ」)も人気を集め、上半期ドラマの3連続成功を完成しました。

「ソンジェ背負って走れ」はスターとファンのロマンスを扱うという点、現在20-30代になった視聴者たちに郷愁を思い出させる2008年を扱うという点、学生時代のファン活動文化を扱う点などを理由に20-40代女性視聴者たちに大きな反応を引き出しました。

「ソンジェ背負って走れ」は「私の夫と結婚して」と「涙の女王」に比べて低い4%台の視聴率を見せてはいますが、20-40代が主に利用するSNSでは爆発的な言及量を記録し、連日話題を呼んでいます。













「ソンジェ背負って走れ」は「涙の女王」と共に放送された4月第1週、第2週にもSNS上では話題性順位1位を占めました。

また、TV-OTTドラマ総合話題性でも「ソンジェ背負って走れ」は5月1週目、2週目にそれぞれ60.5%、58.4%のシェアを示し、2位と圧倒的な格差を広げました。














「私の夫と結婚して」「涙の女王」「ソンジェ背負って走れ」がお茶の間劇場の多様な視聴者を吸収できたのは、いずれも男女の愛を扱うロマンスを基盤に新しいジャンルが加わったためだという評価です。

「私の夫と結婚して」は人生2回目を生きる主人公の復讐を通じてファンタジー、回帰、スリラー、マクチャンなど多様なジャンルを含めました。

「涙の女王」はホン·ヘインとベク·ヒョヌのロマンスが土台でありながらヒューマン家族劇、オフィスなどジャンルの変奏を置きました。

「ソンジェ背負って走れ」は主人公が過去に戻るタイムリーフ、高校を背景にした青春物、ソンジェの結末を気にさせるスリラーなどスターとファンのロマンスという大きな枠組みに多様な味付けを加えました。

CJ ENMのパク·サンヒョクチャンネル事業部長は「OTTが個別化されたプラットフォームならば、テレビは皆一緒に見て楽しむ雰囲気が形成されてこそ良い結果が出る。」

「テレビドラマは多様な変奏がありながらその時間に『本番死守』ができるようにする総合ギフトセットのようなジャンルが適しているが、3つのドラマ全てがそのような魅力を持っていました。」と話しました。



ひとこと


“TVドラマ『本番死守』に導くキーワード”が何かを説明してくれるコラム。なるほど、3本のドラマにはその魅力がたっぷりと盛り込まれて成功に繋がったのですね〜♪


✳︎写真はtvNより記事はnews1.krからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«