韓国旅行|『涙の女王』が終わって波紋が広がる? その後の週末劇、相次ぐ興行低迷♪

韓国旅行|『涙の女王』が終わって波紋が広がる? その後の週末劇、相次ぐ興行低迷♪








放送界でのコンテンツの人気は、本当に朝に降った雪のようです。 最近まで熱かった週末劇の市場が急速に冷めています。

19日に放送されたtvN週末劇「卒業」の4回の視聴率は全国4.8%、首都圏6.1%(以下ニールセンコリア有料世帯基準)と集計されました。 また同日放送されたJTBC週末劇「ヒーローではないけれど」の視聴率は全国4.2%、首都圏5.5%と集計されました。

2週間前ではあるものの、tvN「涙の女王」が25%に迫った視聴率と比較すると隔世の感です。 さらに憂鬱なニュースは、反騰の余地もなかなか見られないという点です。












「卒業」は「密会」と「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「ある春の夜に」などを演出し、濃密な感情のロマンス物創作に一家言があったアン·パンソク監督の演出と俳優チョン·リョウォン、ウィ·ハジュンの出演で話題を集めました。

何よりパク·ジウン作家とキム·スヒョン、キム·ジウォン主演の前作ドラマ「涙の女王」の後光を受けたという点で期待を呼び起こしていました。

tvNは「涙の女王」に最近人気を得ている月火劇「ソンジェ背負って走れ」の興行勢がかみ合うと「メディアトーク」行事を開き、自分たちの成果を前面に出しました。

しかし、市場の反応は冷静でした。 再び「卒業」が大きな打撃を受けると、すべての状況がtvNドラマの沈滞期である昨年に戻るような感じです。

「卒業」はソウル江南区大峙洞の塾街を背景にスター講師ソ·ヘジン(チョン·リョウォン)と新入講師イ·ジュンホ(ウィ·ハジュン)のロマンスが込められました。

いつもロマンスの後に社会的含意を隠しておくアン監督のスタイル通り、今回の作品でも単純なロマンスというよりは塾講師が持つ社会的立地と哀歓を共に扱っています。











ですが、アン監督特有の観照するスタイルの演出はすでに前作「涙の女王」そして「私の夫と結婚して」等で成功の原因に挙げられた緊張感の造成とは距離がありました。

そして、二人の主人公の関係がゆっくりと上昇する部分、俳優たちのイメージがよく合わない点が指摘されています。

その上、放送1回に登場した再試験要求事件が直ちに全国中等教師労働組合の反発を買いました。 学院教師を線に学校教師を悪に設定した状況が二分法的見解を提供しかねないという憂慮からでした。

結局、序盤から非好感を積み立てた「卒業」の視聴率は3回全国基準で3%まで低くなり小幅反騰しました。













「ヒーローではないけれど」の不振はもう少し強固になりました。 初回に全国3.3%、首都圏3.8%を記録した視聴率は19日6回まで放送されましたが、3~4%のボックス圏から抜け出せずにいます。

何よりも難解な敍事が視聴者接近の幅を狭めるという指摘が多いです。 ドラマは、超能力家族を背景に他人を求めることができない主人公のチェ·ギヨン(チャン·ギヨン)がト·ダヘ(チョン·ウヒ)に会って能力を回復する状況を扱っています。

しかし、劇のあらすじは過去と現在を行き来する復帰主義の彷徨に運命なのか助力者なのか妨害者なのか立地を確保できなかったド·ダヘのキャラクターが漂流し、弾力を受けられずにいます。

ここにボク·イナ(パク·ソイ)とボク·ドンヒ(スヒョン)の叙事が目まぐるしく介入し、そうでなくても難しい超能力物の難度をさらに上げたという評価です。














この二つの作品の浮き沈みの反射利益はMBC「捜査班長1958」が受け取りました。 中盤ずっと一桁で回っていた視聴率はニールセンコリア全国世帯基準で「涙の女王」が終わった5月から7%台から9%に上がり、18日の最終回では二桁を越えて終放しました。

ですが、これもまた有意義な上昇には至らず「涙の女王」で週末劇に集中した大衆の視線をいずれの作品も簡単に捉えることができなかったという結論に至りました。






⭐️グローバルにもシンドロームを起こした「涙の女王」







ますます気温が上がり野外活動が多くなる時期がかみ合う中、これら週末劇が序盤の沈滞をどのように克服するか今後彼らの広報戦略修正に関心が集まるようになっています。



ひとこと


一朝一夕にはヒット作は生まれず…この記事を読むと”パク·ジウン作家xキム·スヒョン”の連打席ホームランの凄さ、「涙の女王」が起こしたグローバルシンドロームの偉大さに改めて震えますね!


✳︎写真はtvN,JTBC,MBCより記事はsportskhan.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«