韓国旅行|『イカゲーム』製作者「Kコンテンツは『キムチ』みたい··」 @2023 Kフォーラム♪

韓国旅行|『イカゲーム』製作者「Kコンテンツは『キムチ』みたい··」 @2023 Kフォーラム♪








「大韓民国がブランドだ。」私たちのはアジアの国を越えて世界に定着しました。 「K-」と通称される価値は吹き止む「風」ではなく、ある象徴として定着したことがすでに多くの事例を通じて証明されました。

では、外から韓国を見るブランドの価値とこれを作った原動力は何でしょうか。 正統経済専門誌「エコノミスト」と国内初の芸能スポーツ新聞「日刊スポーツ」は「Kフォーラム」を通じてコンテンツ·フード·ビューティー·アートをキーワードにこれを眺望します。

日刊スポーツとエコノミストが共同主催する「2023Kフォーラム」が11日、ソウル瑞草区新盤浦路JWマリオットホテルソウルグランドボールルームで開かれました。







1セッションの最初の順序で(左から)チョン·ドクヒョン大衆文化評論家が座長を務め、俳優イ·ソジン、サイロンピクチャーズキム·ジヨン代表、アドアミン·ヒジン代表が参加し「Kコンテンツを通じたブランドグローバル化戦略」を主題に討論をしている。 「大韓民国がブランドだ」というスローガンで開催された今回のフォーラムはソウル特別市、文化体育観光部、中小ベンチャー企業部が後援した。





「Kコンテンツはキムチと同じだと思います。 一つの単語に縛られながらも、どの地域でどのような材料で作られるかによって多くの変奏が可能だからです。 キムチも私たちだけが好きだと思っていたのに、今は世界中の人が知って楽しんでいるじゃないですか。」

サイロンピクチャーズのキム·ジヨン代表が11日、ソウル瑞草区新盤浦路JWマリオットホテルソウルグランドボールルームで開かれた「2023Kフォーラム」の1セッション「Kコンテンツを通じた大韓民国ブランドグローバル化戦略」に参加し、このように明らかにしました。

キム代表は世界市場を強打したドラマ「イカゲーム」を製作し有名になりました。キム表は、Kコンテンツをキムチに例えたもう一つの理由も挙げました。

彼は「キムチが私たちのものだからといってあまりにも強い塩辛を使えば外国人には受け入れられないでしょう。」とし「外国人が好きだからといってキムチにチーズを入れても失敗するので適切なバランスを維持することがとても重要です。」と説明しました。

キム代表はまた、Kコンテンツが進むべき方向性について議論しながら、「クリエイターの意志を曲げない雰囲気が重要です。」と指摘しました。

彼は「『これがうまくいったからこれをして』、『これは最近通じない』式のフィードバックが周辺によくありますが、実は最も危険な方向です。」

「あまりにも一方向的で商業的にKコンテンツが変質することは警戒しなければなりません。」と強調しました。













そして、NETFLIXオリジナルドラマ「イカゲーム」もこのような哲学で製作されたと明らかにしました。

キム代表は「『海外ファンを何とか虜にしなければならない』という考えもまた危険なようです。」

「ただストーリー展開上、イカゲームに登場するゲームがどれほど効果的に溶け込ませるかを優先的に悩みました。」と伝えました。












「NewJeansの母」と呼ばれるミン·ヒジンADOR代表もKコンテンツ製作において一つの方向だけを助言する意見を警戒しなければならないと共感しました。

ミン代表は「すべての人が一方向だけ好きなはずはありません。」として「クリエイターがやりたいことをするように放っておかなければならないのです。」と話しました。

続けて「自分が面白ければ他人も明らかに面白いと思うはず。」として「私(クリエイター)が先に面白いことをすることが重要なんです。」と付け加えました。

座長を務めたチョン·ドクヒョン大衆文化評論家は「先立って両代表の『Kコンテンツの方向性を決めてはならない』という言葉に業界人として共感します。」

「コンテンツで枠組みが決まって一般化されることほど危険なことはないので自ら面白く感じる部分を最後まで押し通せば良いのです。」と話しました。












俳優イ·ソジンは「私が感じるKコンテンツは大韓民国の象徴であり顔になったようです。」として「大韓民国と言えば思い浮かぶKコンテンツを長い間よく作っていってほしいです。」と期待感を示しました。

同日のセッションでは、Kコンテンツならではの強みについても話し合われました。 キム代表は「韓国人は狭いところで密集して暮らしているため、お互いをとてもよく知っています。」

「これがストレスを与えながらも他人に対する理解度と共感度が高い特徴です。」と話しました。

続けて彼は「このような特徴がコンテンツとして発現された時に世界的に成功できる力が生まれるのです。」と付け加えました。

チョン評論家は「韓国現代史は短い時間の間に生存関連の歴史を多く体験したため、『生存』コンテンツがとても優秀です。」

「また韓国人は激しい競争社会で生き残るための悩みをたくさんしますが、今や全世界の人々も同じように感じる共感帯になりました。」と評価しました。

ミン代表はKポップが成功した背景として韓国人の「頑張る姿勢」を強調しました。

彼は「些細なことをしても(外国人とは)心構えと接近する態度が違う」とし「その粘り強いエネルギーが全世界の人々を泣かせるようだ」と話しました。



ひとこと


“『生存』コンテンツがとても優秀”な理由、全世界の人々を惹きつける”頑張る姿勢”や”粘り強いエネルギー”はどこから生まれたのか等々、大変興味深いお話が展開されていますね♪


✳︎写真はisplus.com他より記事はeconomist.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«