韓国旅行|本日発表「ソウルドラマアワード2017」に『トッケビ』がいない理由!

韓国旅行|本日発表「ソウルドラマアワード2017」に『トッケビ』がいない理由!





全世界のTVドラマを素材とする祭りの場「ソウルドラマアワーズ2017」から「寂しくて、きらびやかな神 トッケビ」の名前を見ることができないのはなぜでしょうか。

結論から言えば出品はしたものの、選考から漏れたからです。

tvN「寂しくて、きらびやかん神- トッケビ(脚本キム・ウンスク、演出イ・ウンボク、以下トッケビ)」は、不滅の人生を終了させるため、人間の花嫁が必要なトッケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失の死神。そんな彼らの前に「トッケビの花嫁」と主張している「死ななければならない運命」の少女が現れ、広がる神秘的でロマンチックな物語を描いた作品です。

昨年12月から1月まで放送された「トッケビ」は「太陽の末裔」でシンドロームを起こしたキム・ウンスク作家とイ・ウンボク監督が意気投合した2度目の作品で、コンユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどが出演して話題を集めました。








「トッケビ」の波及効果はそれこそものすごいものでした。

トッケビ、トッケビの花嫁、死神という説話的要素とキム・ウンスク作家特有の筆力が一体となるファンタジーロマンスの頂点を見せました。

前世と生まれ変わり、輪廻など韓国固有の情緒と哲学を込めて出し、俳優たちの穴のない演技力が添えられながら、最終話の視聴率が20.5%(ニールセンコリア有料プラットフォーム世帯基準)を記録しました。

これは、ケーブルの歴史に一線を画す数値でした。








「トッケビ」シンドロームは、国内のみで終わりませんでした。

台湾の動画サイトアイチイ累積ヒット100万件を突破。欧州のストリーミングプラットフォームヴィッキードラマコンテンツで1位、アメリカ、カナダ、中南米ストリーミングプラットフォーム「ドラマフィーバー」でコンテンツ1位をするなど気炎を吐きました。

それだけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、東南アジア、中南米、日本、台湾、香港、などに販売され、そのシンドロームは世界中に広がりました。

2017年初めをさらった「トッケビ」が17日に発表された「ソウル・ドラマ・アワード2017(SDA 2017)」本選進出作名簿には、その名前を参照することができない疑問を集めました。

「ソウル・ドラマ・アワード2017」本音はJTBC「力の強い女 ト・ボンスン」(ミニシリーズ部門)とKBS2「赤い先生」(短編部門)のみが名前を上げた状態です。







今年で12回目を迎える「ソウルドラマアワード」ですので、国内の放送局も、代表的な作品を出しました。

MBCは「W」を、SBSは「ロマンチックドクターキムサブ」を出品しました。

KBS2は短編部門にノミネートされた「赤い先生」を含めて4本を出し、JTBCは「力の強い女 ト・ボンスン」を出品しました。

tvNは「トッケビ」を出品して本選進出を狙いました。

しかし、「ソウル・ドラマ・アワード」の審査委員の選択は、「力の強い女 ト・ボンスン」と「赤い先生」でした。








これと関連した関係者は、「「トッケビ」が良い姿を見せることはしましたが、外国の審査員には難しかったようです。」と話しました。

「全世界の作品が集まるほど「ソウルドラマアワード」の審査員も豊富に設けられているので、彼らの視点に沿って本選進出作が分かれることになります。」「

「そのため、韓国では大きく話題を集めた「トッケビ」であっても、外国審査員たちの目には止まらないこともあります。」

この関係者は「「トッケビ」が韓国では大きな人気を集めましたが、外国審査員たちにはトッケビの物語がやや難しく感じられて選択を受けていないようです。」と付け加えました。

「ソウルドラマアワード2017」は、9月7日、ソウル汝矣島KBSホールで開かれます。

シン・ドンヨプとキム・ジョンウンがMCを引き受け、パク・ボゴムとパク・ボヨンが参加を確定しました。






◇ソウルドラマアワード2017ノミネート発表、<力の強い女 ト・ボンスン>作品賞挑戦

17日、ソウル・ドラマ・アワード組織委員会は、ソウル中区プレスセンターで記者懇談会を開き、「ソウル・ドラマ・アワード2017(ドラマアワード)」本選に進出した作品賞と個人賞候補を発表しました。

国内作品では、<力の強い女 ト・ボンスン>が作品賞に挑戦します。パク・ポヨンは女性演技賞候補に上がりました。

今年は55カ国が参加しましたが、サード(高高度ミサイル防衛システム)の影響で、中国は一つも出品しませんでした。

ドラマアワードは、ソウルドラマアワード組織委員会と韓国放送協会の主催で開かれるドラマ授賞式で、2006年から始めて、今年で12回を迎えました。

委員会によると、今回のドラマアワードには、全世界55カ国で合計266編を出品して出品国、作品数はすべて歴代最多を記録しました。

レバノン、サウジアラビア、ウズベキスタンのなどは、今年初めて参加しました。

ただし、これまでアジア最大出品国家に名前をあげた中国は今年一つの作品も出品しませんでした。

サード余波で昨年から中国との文化コンテンツ交流が難しくなったからです。

作品賞ノミネートは短編8本、コメディ、ドラマ4編、ミニシリーズ9編、長編8編で全29作品です。

個人賞は、演出、作家、男性演技者、女性演技者の4つの部門に分けて授賞します。

短編部門には小説をリメイクしたドラマ、ドイツの「リデンプションロード」が作品賞と作家賞の合計2つの部門の候補に名前を上げました。

国内ドラマでは、イ・ドンフィ – チョン・ソミンの演技としっかりした展開で好評を受けた国内作品<赤い先生>が候補に上がりました。








ミニシリーズ部門には、ドイツの「シャリテ」、アメリカの「ディスイズアース」などが候補に上がった中で、国内ドラマでは「力の強い女 ト・ボンスン」が作品賞に挑戦します。

女性演技者部門には「力の強い女 ト・ボンスン」で好評を受けたパク・ポヨンが候補に上がりました。

作家賞はドラマ「W」のソン・ジェジョン、イギリス<プリーバック>のフィービーくラブリッジ>などが候補に上がって競合を繰り広げます。

ユ・ドングンソウルドラマアワード審査委員長は、「ソウルドラマアワーズが名実共に世界的なドラマ授賞式に成長しており、うれしいです。」

「様々な国からの作品性と大衆性を兼ね備えた優れたドラマが多く出品され、これまで以上に審査するのが難しかったです。」と話しました。

最終選考は9月7日午後5時30分〜7時50分に汝矣島KBSホールで行われます。

この模様はKBS 2TVを通じて生中継され「ソウルドラマアワード2017」授賞式で発表されます。


ひとこと


今日の発表を少々意外に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本からのツアーも企画されるなど年々注目を浴びている授賞式ですが情緒にふれた作品が難解と取られてしまうのはちょっと寂しい気がします…


*写真はtvN,JTBC他より記事はHeraldPOP,kyunghyanngcomからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

トラックバック(s)

コメント(s)

  1. Lilly より:
    はじめまして、詳しい説明ありがとうございます。記事をよみかなりショックを。。トッケビを見てコン・ユさんやゴウンちゃんに魅了され渡韓をきめたのですが、ソウルドラマアワードにあのお二人は出席されないでしょうか?人気賞とかないのかかすかな望みをもっていますが、本当に落ち込みます。トッケビだけ素晴らしいわけではないのはわかっていますが、トッケビのアジア全土に与えた影響力はすごいのにそこを組んでもらえず、、残念です。
    会場でコン・ユさんを見る機会まったくないのでしょうか?
    • bookandhope より:
      >Lillyさん

      初めまして。ご訪問いただきありがとうございます。
      私も2014年の「星から来たあなた」2016年の「太陽の末裔」などと
      同じく「トッケビ」が選ばれて華やかな授賞式があるとばかり思って
      いましたので正直、驚いてしまいました。

      現在は、女性演技賞にパク・ボヨンさんだけ選ばれたとなっていますので、
      韓流ドラマ賞はかなり寂しいのでは?と思ってしまいます。
      パク・ボゴムさん、Aimeeさんの出演だけが決定・・・
      どこを見てもまだここまでしか出ていません。

      9/7までまだ全くわかりませんが、作品賞にも演技賞にもお名前がないので
      お二人の出席はかなり難しいかもしれない...と思ってしまいます。
      はっきりしたことがわからず申し訳ありません!
      • Lilly より:
        お忙しい中お返事ありがとうございます。
        希望は捨てずトッケビにかかわった誰かがどうか会場でトッケビの素晴らしさをつたえてくれること、祈るばかりです。
  2. Asuka より:
    こんにちは私もトッケビが競争部門にいないことがとても残念ですが、非競争部門ではまだ可能性はあるという感じですか?
    競争部門と非競争部門の違いがよく分からず、非競争部門てトッケビのコン・ユさんとキムゴウンさんの登場は可能性としてありうるのですか?昨年太陽の末裔も、3日前くらいにソンジュンギさんが決定したような感じで、トッケビに相当期待してますが、、、、
    • bookandhope より:
      >Asukaさん

      こんばんは。申し訳ありません!
      出席の可能性については正直全く解りません。
      韓国特有の水面下の動きはあるのかもしれませんが、、、
      確かに例年に比べてあまりに寂しい感じもしますが・・・
      3日前でしたか...韓国らしいとはいえ、ハラハラしますね>_<;;;


コメントを書く


»
«