韓国旅行|人気俳優【ソン・ガンホ – マ・ドンソク – コンユ – イ・グァンス】がカンヌフィルムマーケットに与える影響♪[72回カンヌ映画祭]

韓国旅行|人気俳優【ソン・ガンホ – マ・ドンソク – コンユ – イ・グァンス】がカンヌフィルムマーケットに与える影響♪[72回カンヌ映画祭]






ソン・ガンホ「國之語音(原題:나랏말싸미)」、マ・ドンソク「悪人伝」、コンユ「82年生まれ、キム・ジヨン」、イ・グァンス「いかさま師:ワンアイド・ジャック」などは、すべて国内配給会社や海外セールスを介し、カンヌフィルムマーケットで披露される作品です。

もう一つの共通点があるとすれば、まさに出演俳優たちの人気が高いという点。これにより、海外バイヤーの関心も高まっています。

第72回カンヌ映画祭の期間中、4大配給会社(CJ、ロッテ、ショーボックス、NEWのグローバルすべての権利流通事業部コンテンツパンダ)をはじめ、海外マーケティングやセールスを専門とするファインカット、K-MOVIE、M-LINEなどがカンヌ映画マーケットで、世界各国のバイヤーを相手に韓国映画を紹介しています。

まず、それぞれの代表選手を見てみると、CJエンターテイメントは断然ポン・ジュノ監督の新作「寄生虫」です。

国内はもちろん海外でも認知度が高いポン・ジュノ監督は、作品性と大衆性を備えた珍しい監督です。

しかも今回は、「寄生虫」が競争部門に進出してこれまで以上に注目が集中している状況です。もし本賞受賞に成功すれば、関心はさらに高まる見通しです。









ロッテエンターテイメントは「天文:空に問う」、「82年生まれ、キム・ジヨン」、「いかさま師:ワンアイド・ジャック」などです。

このうち海外観客の好む作品が「いかさま師:ワンアイド・ジャック」だと言われます。

お盆と言えば浮び上がる興行シリーズとして定着した「いかさま師」3つ目の話「いかさま師:ワンアイド・ジャック」は何でもすることができ、誰にでも勝つことができる無敵のカード「ワンアイド・ジャック」を受けて集まったいかさま師が人生をかけオールインする話を描きます。

今月2日に、6ヶ月間の撮影に終止符を打ちましたた。

パク・ジョンミン、リュ・スンボム、チェ・ユファ、ウ·ヒョン、ユン·ジェムン、イ・グァンス、イム·ジヨン、クォン·ヘヒョなどが出演します。










また、「82年生まれ、キム・ジヨン」も注目されています。海外ではヒット作「釜山行き」のコンユチョン・ユミの組み合わせで、認知度がかなり高いことが分かりました。

関係者はOSENに「どうしても「いかさま師」のような映画は、さまざまな国の観客を攻略するのに有利な面がある。そして、海外の認知度が高いイ・グァンスが出演して関心を見せるバイヤーも多い。」

「「82年生まれ、キム・ジヨン」は「釜山行き、俳優カップルで知っている人が多かったよ。「釜山行き」が海外で大きく成功したおかげであるようだ」と述べました。










NEWのグローバルすべての権利流通部門のコンテンツパンダは、イ・ソンミン主演「ビースト」、ソン・セビョク主演「真犯人」、イ・ジュノ主演「妓生房の息子」、チャ・スンウォン主演「力を出してください。ミスター・リー」、クォン・サンウ主演「二度しましょう」、パク・シネ主演「コール」、ベ・ソンオ主演「変身」、イ・ジェフン主演「狩りの時間」などが注目を集めました。

様々な配給作品を扱うだけに、国ごとに好みの映画が違うと言われます。

担当者は「アジアの方はドラマが好きですが、そこから離れると、ジャンル映画「ビースト」「コール」「変身」などを好む一方、アジアは「妓生房の息子」、「力を出してください。ミスター・リー」、「二度でしょうか」などをより好むようだ」

「今は序盤なので、目に見える成果は、この週末に見えてくるだろう。」と話しました。









海外セールスを専門とするK-MOVIEエンターテイメントは「悪人伝」を海外バイヤーに紹介しています。

マ・ドンソクの人気がぐんぐん高まっ程て「悪人伝」についての問い合わせも多くなりました。

K-MOVIE側の関係者は、OSENに「カンヌ映画祭に招待され上映するということ自体が大きなメリット」「海外でも「悪人伝」への関心が高い」と話しました。

続いて「俳優の中では、マ・ドンソクのおかげで関心がとても高い。「釜山行き」以降、海外の人気と認知度が上昇し、「犯罪都市」、「神と共に」などが相次いでヒットし人気を得た。」

「これまで一度も取引したことない国のバイヤーからも問い合わせが来ています。少し前に、ロシアの関係者とのミーティングした」とマ・ドンソクの人気に驚いていました。









やはり海外セールスを担当するM-LINE側は「メガボックス(株)プロスエム3大将」ソン・ガンホ主演「國之語音(原題:나랏말싸미)」、「犯罪都市」カン・ユンソン監督新作「ロングリブ・ザ・キング:木浦英雄」、チョン・ドヨンとチョン・ウソン主演「藁にもすがる獣たち」に言及しました。

ある関係者は 「國之語音(原題:나랏말싸미)」は主演がソン・ガンホなので興味を持っているようだ。」

「出演作品があまりにもカンヌ映画祭もたくさん招待され、今回「寄生虫」も競争部門に進出して注目されている。」

「そして、フィルムマーケット序盤は「陪審員たち」も良い評価だ。完成された映像を見ることができて効果が大きいようだ」と話ました。

これと共にショーボックスは、ウォン・シンヨン監督が演出を引き受けて、ユ・ヘジンとリュ・ジュンヨルが主演の「戦闘」、ファインカットはクァク・ギョンテク監督が演出して、キム・ミョンミンとミーガン・フォックスが主演にキャスティングされた「ジャンサリ9.15」などです。

第72回カンヌ映画祭は、来る25日に閉幕します。







ひとこと


カンヌが輝く季節にグローバルな人気と実力を誇るベテラン俳優の皆さんのラインナップ。その場の雰囲気のニュースが伝わるだけでワクワクしますね♪

*写真と記事はOSENよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

コメントを書く


»
«