韓国旅行|2014 年春夏 の “ヘアカラー” のトレンドは?

韓国旅行|2014 年春夏 の “ヘアカラー” のトレンドは?


2014021315151473001_4


物静かで穏やかなブラウンヘア…エキゾチックなブロンドの髪vs個性を生かすカラースタイリング


ますます暖かくなる天気に何か変化を与えたい時期です。最も簡単にできる気分転換は、ヘアスタイルやカラーを変えることです。

最近では、無難なブラウン系をはじめ、ハツラツとしたカラフルなヘアカラーで自分だけの個性を現わすスタイルが流行しています。

今後、春を迎え雰囲気を転換させてくれるヘアカラーでさわやかに変身してみてはどうでしょうか。



◇物静かながら上品に…ブラウン系ヘアカラー


写真はトップページ


東洋人に着実に愛されているブラウン系のヘアカラーは、自分の肌のトーンに応じて、カーキ、オレンジ、赤感を加味することができるという利点を持っています。

普通の茶色のトーンのヘアカラーが与える印象は、穏やかな暖かさ、自然さなどがあり、トーンダウンとトーンアップを自在に調節でき、いくつかの感じで演出することができます。

いつも冷たくて高慢な印象で悩んでいる場合はブラウン系のヘアカラーで柔らかなイメージを演出してみましょう。



◇エキゾチックな感じがするブロンドの髪



2014021315151473001_5



元々、黄色い肌を持っている東洋人にとって容易ではないブロンドの髪は、もはや西洋人のトレードマークではありません。

眉毛まで金色に染めるとはるかに自然な金髪を演出することができるのです。

特に、肌が白い方であれば、さらに顔のトーンを明るくする利点を持っているので参考にしてみましょう。

このようなトレンドに合わせて芸能界にも金髪の流行が続き、複数のスターたちが試みる姿をしばしば見ることができます。

濃い黄色ではなく、実際の金髪に近い色を演出するために、複数回、脱色処理が行われています。そのため、髪が痛まないように保湿とケアに気を使う事が大切です。



◇髪にも色をかぶせよう…原色カラースタイリング




2014021315151473001_2



最近、表現できない色がないほど様々な髪の色が多く試みられています。

特に、原色ヘアカラーは、職業上、派手な舞台衣装と一緒に強烈な印象を与えるためにアイドルが愛用するスタイルでもあります。

原色カラーはどこでも視線を集めることができ、破格的なイメージ変身を見せてくれるという点で、自分だけの個性を正確に示すことができるという長所を持っています。





2014021315151473001_3



全体的に原色ヘアカラーにするのが負担になるならば、ツートンカラーで試みてみるのもいいです。

毛根部分と毛先の部分の色を変えてポイントを与えるツートンヘアカラースタイルは、特有の神秘的で幻想的なイメージを醸し出して気軽に個性的なスタイルを演出することができます。

本来の髪の色とどのように合わせるかによって多様な雰囲気を表現できるので参考にしてほしいです。



ひとこと


韓国も本当に変わりました。少し前までは、やはり黒髪のストレートが一番、染色は考えられない時代でした。それが韓流の影響もあり、あっという間に、普通の女性でも染色する時代に・・・

それでも、やはりブラウンぐらいが、品があって、あの透明感のある肌には一番似合う気がしますね^^


*写真と記事はMoneyTodayからお借りしました。


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

トラックバック(s)

コメント(s)

  1. casper より:
    いつもイエロー系ブラウンに染めていただいてますが、イエロー系は髪に
    刺激が強いそうです(美容師さん談)
    ユイさんのヘアーカラー、ネックレスも気になります v(^-^)v
    • bookandhope より:
      >casperさん

      こんにちは。そうなんですね〜イエロー系って一度脱色するからでしょうか?
      私は、全部お任せですが、季節によって、ブラウンに混ぜて下さるカラーを温かみのある色、夏らしく・・・など変えて下さっているので、満足しています^^
      今日もステキな1日をお過ごし下さいませ〜 寒いですが・・・


Leave a Reply for bookandhope


»
«