韓国旅行|『ユン食堂2』9回-パク・ソジュンの存在感&ガラチコ住民の客間になったユン食堂の価値♪

韓国旅行|『ユン食堂2』9回-パク・ソジュンの存在感&ガラチコ住民の客間になったユン食堂の価値♪





テネリフェ島の小さな村ガラチコにかけられた魔法がもう一回の旅程を残しています。

村人たちのサランバン(客間)のように変わったユン食堂はそれでもっと良かったです。

小さな村の中の見慣れない異邦人の食堂に集まって新しい経験をし、様々な話題に花を咲かせ彼らの人生が本当に幸せそうに見えました。

ユン食堂 ガラチコの客間;

パク・ソジュンのグローバル的人気、人と人の話があふれていたユン食堂

韓国料理を知らせるという側面で「ユン食堂」は興味深いです。

「花よりおじいさん」で最も基礎的な韓国の料理を作ったイ・ソジンの姿を見てナ・ヨンソクPDは<「三食ごはん」のアイデアを思いつきました。

そして、田舎に行って、直接育てた食材で一日三食を作って食べるこの単純さが通じました

急激に発展する現実の中、最も緩やかに動く彼らの人生は多くの人々に豊かさをプレゼントしました。

自給自足生活をしていた彼らが、今は韓国料理を世間に知らせ「ユン食堂」を作りました。

外国に出て直接韓国料理を作って外国人に販売するその単純さが再び通じました










単純なこの形式の共通点はすべて人がいること。

人と人のつながりは何より大切で重要な価値があり、ナ・ヨンソクPDの芸能には必ず存在するものです。

不慣れな空間を探して、その中で人間的な出会いを交わす形式は同一ですが、素材の変化で多彩さを加えます。

スペインガラチコを選択したのは、神の一手でした。5千人が住む小さな村は芸能を作るには不足することがあります。

多彩な姿を表現しなければならない状況でこの小さな規模は限界になるしかないからです。

しかし、ガラチコは欧州で広く知られた観光地という点で十分魅力的でした。

序盤の観光客の訪問に続き、村の住民たちが新たに生まれた韓国レストランを探し始めました。

そして営業締め切りを二日残して食堂を埋め尽くした彼らは皆、ガラチコの住民たちでした。

村の祭りの日に新しく建て替えられた韓国料理店の不慣れな料理を食べるために集まった村人たちによってユン食堂はサランバン(客間)になりました。

皆、互いをよく知っている彼らにとって、そこは真の意味のサロンでした。

慣れた人たちと不慣れな食べ物を分けながら生きていく話を交わしあう姿は風変わりでも嬉しかったです。

幼い子供から孫を抱いたおばあさん、おじいさんまでガラチコに居住する住民の日常的な姿に親しみを感じました。







小さいですが美しい村、そして小さくて皆が家族のような彼らの姿は、都会の殺伐とした世界で生きる我々には親しみを感じ、懐かしく感じるがとても多かったです。

私たちの田舎の村のように、ただお年寄りだけが居住するひなびたところではありません。

町の広場で子供たちが遊びまわり、その子供たちを幸せそうに眺める大人が一緒にいるそこは本当に素晴らしい場所です。

新たに参加したパク・ソジュンの存在感は明らかでした。

英語が少し慣れていない彼は撮影前までスペイン語を身につけるのに余念がありませんでした。完璧ではないですが、最善を尽くして努力した結果はすごいものでした。

上手なスペイン語ではないですが、相手と対話しようと努力するその姿勢だけでも好感を持ってもらえるしかないからです。








ベルギーとデンマークから来たカップルはパク・ソジュンの存在感をさらに大きくしました。

旅行地であるガラチコに来たカップルは偶然訪れたユン食堂でワイン一杯を飲んで行くつもりでした。

ワインを飲んでいた彼らは、リアリティ・ショーを撮影しているというニュースに関心が集中するしかありませんでした。

ユン食堂に対する質問から、ホール担当のパク・ソジュンのインスタグラムを確認した彼らは驚きを隠せない様子でした。

パク・ソジュンをフォローする人が約440万人にもなる事実に彼らは感嘆を重ねました。

デンマークでインスタグラムをする人よりもっと多いだろうという発言にパク・ソジュンの存在感はより明確になりました。









このカップルの話の中に「ユン食堂2」の価値と楽しさがすべてありました。私たちにとっても見知らぬ都市で食堂を開くことは大きな挑戦です。

そして、見知らぬ人々にとっては、この韓国レストランもチャレンジの課題だったのです。

その見知らぬ挑戦に恐れることなく挑戦した彼らには、大きな思い出がプレゼントされました。

最後の営業をした日、偶然に地域新聞にユン食堂の話が掲載されました。余裕があり活気に満ちた日曜日のガラチコ。

そこにきれいに佇むユン食堂には開店前から好奇心いっぱいの人たちが集まり、ゆとりがなくなりました。

一歩遅れて噂を聞いて訪れた多くのお客様は、営業が終わるのかもしれないと知って、来週の予約をするなど奔走し始めました。

ほんのわずかな旅程でしたが、ガラチコの住民たちに近づいたユン食堂。

小さな村で暮しながら隣人と家族のように過ごす彼らの日常

その美しい情景と温かい住民たちの姿は、それだけに視聴者に切なさを与えました。

小さくてさらに細かく、繊細になることができたという点で、「ユン食堂」は十分に魅力的でした。

いつも暖かい気候、そのまま海へとつながるそこの特性。

サッカーを愛しているスペイン国民らしく、小さな村なのによく手入れされた芝生のサッカー場で試合をする子供たちの姿まで、ガラチコはもうスペイン、バルセロナなどの有名旅行地以上の価値に迫っていました。










見知らぬ東洋料理の前でも躊躇せず挑戦し、その味と意味を知ろうとしたガラチコの住民たちの姿も印象的でした。

不慣れな箸づかいで、おそらく一生行くこともなく、それゆえ経験することもない韓国料理の多様さに驚いて、味に再び満足したガラチコの人々の姿には本当に親しみを感じました。

あと一日の営業だけを残したユン食堂はすでに切なさでいっぱいになります。

急に参加することになったパク・ソジュンでしたが、彼とともにシーズン3を準備しなければならないようです。

旅先がどこになるかはわかりませんが、どこになっても興味深いことしかないでしょう。

北欧でも良いですし、ホテルの社長が提案したスイスであってもよさそうです。

そうでなければ英米圏国家で風変わりな挑戦をするのもよいことでしょう。

どこに行ってもその新たな挑戦に参加する準備ができている視聴者たちは、少し長い時間待つことに耐えなければなりません。

たいした事のないその小さな挑戦が、さらに大きな価値に近づく「ユン食堂」はすでに国内のみでなく、アジア国家でも歓迎されるバラエティになりました。

もうガラチコの旅はたった一日だけを残すのみになりました。



ひとこと


“人と人のつながりは何より大切で重要な価値があり、ナ・ヨンソクPDの芸能には必ず存在するもの”今週も優しいプログラムに届けられた温かいコラムです♪


*写真はtvNより記事はmediausからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

この記事のトラックバック用URLはこちら

コメントを書く


»
«