韓国旅行|【『ウ・ヨンウ』 -『トッケビ』 -『愛の不時着』etc..】に世界の観光庁が笑います♪

韓国旅行|【『ウ・ヨンウ』 -『トッケビ』 -『愛の不時着』etc..】に世界の観光庁が笑います♪







「トッケビ」、「愛の不時着」、「イカゲーム」、「ヴィンチェンツォ」等に続き「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」が全世界で大きな人気を集めている中で、このような韓国ドラマのために世界中の人々に大きな人気を集める海外旅行地にも関心が集まっています。

BTS、TWICE、fromis_9などのアルバムジャケットやリアルドキュメンタリー撮影地も「K-POP効果」に支えられMVが公開されれば、その一帯がリモデリングされたりグローバルファンの「聖地巡礼地」に登極しています。










「愛の不時着」の世界的な人気で利益を得たスイス観光庁は、ヒョンビンがピアノを弾いたブリエンツ湖畔のイゼルヴァルトに明け方からグローバル旅行客が長蛇の列を作る姿を見て喜んでいます。

ここから28km西側のジグリスビルの吊り橋、ソン·イェジンが苦悩したところ、やはり年中無休で賑わっています。










スイスはヒョンビンピアノから60km離れたルツェルンの人気を集めるために「気象庁の人々」のソン·ガンを、ツェルマット広報のために明るい鋼鉄美女イ·シヨンを広報大使として前面に出し、スクリーンセラーの興行を続けています。









私たちにはあまり知られていなかったスロベニアも、韓国人が牽引するアジア観光客を集めました。

リュブラニャ愛のカギは錠愛の証の震源地ですが、「黒騎士」が撮影され人気がぐんぐん上がりました。ティト別荘近くのブレッド島、自然洞窟の中に半分入ったプレザマ城もそうでした。









ギリシャに対するアジア人の愛情が衰える頃、「太陽の末裔」が生かしました。 ギリシャはパンデミックの渦中にも韓国をEUに準ずる待遇をしました。

エメラルド色の海沿いの小さな海辺、古い船舶があったザキントス島のナバジオ海辺での撮影のおかげでした。











「ヴィンチェンツォ」も世界的な人気を集めました。 韓国人がこれまでたくさん行ったフランス、イタリアを後にして他の国にもっと多く行っている時、このドラマが放送されました。

ドラマに登場した「ビラゴン」山頂要塞邸などイタリアマフィアの舞台に旅行するには不便が多いですが、この国に対する思い出を想起させローマ行き飛行機チケットを再び切らせる効果がありました。











「トッケビ」で利益を得たカナダのケベックシティはコンユ、キム·ゴウンの2人の主人公を再び招待することは難しいため、バラエティ浮上していたホン·ヒョンヒ-ジェイスン夫婦が自国に新婚旅行に来たことを輪にして、彼らを丁重に招待しました。






カナダケベックシティ議事堂前のエスプラナド公園「トッケビ」の撮影地です。





「トッケビ」でコンユが利用したフェアモントシャトーフロートナックホテルで良い時間を過ごします。 突然インタビューをするそうですが、ホン·ヒョンヒ夫妻は数多くの取材陣を見てとても驚きます。 地元メディアの歓待に続き、特別待遇が続いたそうです。











ケベックシティ異色商店ブティックノエル、ドラマ最後の場面であるアブラハム平原の「トッケビの墓」、コン·ユ-キム·ゴウンがサムし始めた議事堂前のエスプラナード公園は今も地球村旅行者で賑わっています。











KポップだけでなくKフード熱風まで吹いた米国LA、BTSのサイパン·パラワン、TWICEのベルンなどです。 サイパンはBTSが撮影した古いマリアナ灯台と周辺をリモデリングして文化芸術美食団地にしました。











カナダ観光庁は「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」の鯨愛に支えられ、今度は鯨マーケティングに乗り出しました。

このクジラ戦争にはオーストラリア観光庁とクジラ旅行商品がある蔚山、海はなくても大型クジラ造形物水遊びがある清州も加勢しました。






オーストラリア観光庁がクジラが好きなウヨンウの人気をきっかけに配布したビクトリア州のザトウクジラの写真です。








ひとこと


どのロケ地もうっとりする美しさですが、「ウ・ヨンウ」のクジラさんには世界のあちこちで出会えそうというのがとても新鮮!ホエールウォッチングは益々人気が高まりそうですね♪



✳︎写真・記事はnews.heraldcorp.comよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«