韓国旅行|『恋人』【アン·ウンジン】vs『カン·ナムスン』【イ·ユミ】女主人公が強くてこそドラマがうまくいく!

韓国旅行|『恋人』【アン·ウンジン】vs『カン·ナムスン』【イ·ユミ】女主人公が強くてこそドラマがうまくいく!







清純可憐型はあっち行け、強い女たちの時代です。 鹿のような目に涙がぽつりぽつりと人気を集めた時代は終わりました。

優柔不断のたてがみは、男性より強靭で断固としています。 男でも胸の中にさっと抱いて、保護してくれます。

ただでさえ複雑な世の中、断固として決断力があり、どんな難関にも屈しないこれらの女性キャラクターに視聴者たちはカタルシスを感じながら熱狂しています。












◇▶時代劇でなかなか出会えなかった主体的女性キャラクター···敵わない「恋人」人気狂風を巻き起こした2人の女性

22日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、MBC「恋人」第14回放送は全国基準視聴率11.7%で、前回比1.5%P上昇しました。

これは同時間帯の全チャンネル1位であり、金土ドラマ全チャンネル1位に当たる記録です。 瞬間最高視聴率はなんと13.4%まで急騰しました。

広告およびチャンネル競争力の主要指標である20-49歳視聴率もやはり4.3%で前回対比1%P上昇し自己最高記録を更新、土曜日放送された全体番組の中で1位を占める気炎を吐きました。










多様な人気原因の中でアン·ウンジンが繰り広げる新しい魅力のキャラクターに言及せざるを得ません。 丙子胡乱勃発前に世間知らずだったお嬢さんギルチェがあらゆる苦難を乗り越えていく姿がパート1を導きました。

続いてパート2で苦難2倍、涙4倍の極限状況に置かれましたが、アン·ウンジンが演じたギルチェは10倍、100倍強い生命力で輝きました。

劇中で脱出捕虜と誤認され、突然、清に連れてこられたギルチェは、遠い道ですべてをあきらめようとするたびに強い意志で顔を上げました。

この過程で天下にひどい噂をされる朝鮮人管理者がギルチェの懐を探ったりもしました。 そんなことも我慢して生き残ろうともがいたのです。

また、辛うじて脱出しましたが、再び捕まる危機に直面すると、他の朝鮮人の娘たちは体を汚すことはできないと自殺を選びますが、キルチェはしばしばこれを止めました。

過去の丙子胡乱の時、自分は生き残って良かったとし、今後も、どんなことがあってもこれを必ず守ると人生の意志を示しました。











さらにギルチェのかけがえのない友人、ウネ役を演じたイ·ダインのキャラクターも深い感動を与えました。

20日に放送された13話では親しい友人のギルチェを心配するウネの姿が描かれました。 突然、瀋陽で捕虜になったギルチェのために真心を込めたウネ。

劇の後半部に特にウネの強靭さが輝きましたが、瀋陽にギルチェを探しに行ったク·ウォンム(チ·スンヒョン)が一人で帰ってくると大きく落胆し、結局直接乗り出すことにしました。

自分が瀋陽に行ってギルチェを連れてくるという書簡を残し、直接ギルチェを探しに行く準備をしたのです。

また、阻止するヨンジュン(イ·ハクジュ)に「私が直接行かなければなりません。 私がギルチェを連れてこなければなりません」ときっぱりと話し、友人への切々した感情を表現しました。

瀋陽まで行きながらギルチェが体を汚しただろうという周囲の皮肉に揺れるク·ウォンム(チ·スンヒョン)や、結婚前にもギルチェとウネの間で喝采を描いたヨンジュンの柔弱な姿と比較し、この2人の女性の作り出す独歩的な強さに視聴者たちは熱狂しました。




◇▶「愉快·爽快·痛快」男性のメンタルを揺さぶる強キャラ···世界は私が救う!









21日の放送内容を紹介した映像の中で「イ·ユミにすっぽり!抱かれて出てきたオン·ソンウ(メンタル崩壊??)」というタイトルが目を引きます。

劇中でマスク工場潜入捜査をしていたオン·ソンウが負傷すると、イ·ユミが胸に抱いて脱出する場面は、「力の強い女カン·ナムスン」の魅力を見せてくれる「ベストシーン」です。










JTBC土日ドラマ「力の強い女カン·ナムスン」は不利な対戦表にもかかわらず、勢いに乗っています。 21日の視聴率は全国7.3%首都圏7.9%で、400億ウォン余りを越える大作「7人の脱出」を早くも追い抜きました。

6年ぶりに帰ってきた「力の強い」シリーズの2番目の「力の強い女カン·ナムスン」は「力の強い女ト·ボンスン」に比べてすべてがはるかに強いです。

カン·ナムスンの力も強くなり、スピードやジャンプ力ともに超能力水準です。 いくらモンゴルに住んでいて視力が良く体力があるとしても、空をシュンシュン飛び回るワンダーウーマン級能力で蓋然性は軽くパスです。

また、ト·ボンスンが自分の怪力を隠そうと、それでも少しだけ悩んだとすれば、カン·ナムスンは堂々と力を発揮します。

この動画がYouTubeに流れても何の問題もないので、リアリティは何の関係があり、B級ユーモアの強度はさらに強くなりました。












この中で初期最弱と評価されていた「力の強い女カン·ナムスン」の人気の1等功臣は母娘ヒーローのイ·ユミ、キム·ジョンウンです。

モンゴルから来たカン·ナムスンは資本主義の真ん中に投げ込まれながらも純粋さを失いません。 金でそびえ立つハン·クムジュも同様です。

彼らは怪力を基に新種麻薬犯罪との熱い相棒を宣言し、話を力強くリードしています。

ここにぱっと見ても平均体重からかなり不足しそうなか弱いカン·ナムスンが年寄りたちに一発を飛ばす場面は愉快爽快痛快そのもの!











この中で21日のエンディングでファン·グムジュがヴィラン·リュシオに注目し始め、以後母娘ヒーローの猛活躍に対する期待を加えました。

秘密慈善団体オプレンティアから彼が出所が不明なお金でドゥーゴーを設立したという情報を入手したファン·グムジュは、その出所が「麻薬」だと確信しました。

カン·ナムスンがドゥーゴーで麻薬を探していることを知ったファン·グムジュは、すべてが運命だと思いました。ファン·グムジュは「お前は普通に生きていけない。 世の中を救おう!」とし、新種麻薬犯罪との戦争を宣言しました。

母娘ヒーローのカン·ナムスンとファン·グムジュ、熱血刑事のカン·ヒシクが世の中を蚕食してくる麻薬の悪党たちとどんな相棒を繰り広げるか期待を高めました。



ひとこと


“断固として決断力がありどんな難関にも屈しない”…そんな「2人の女性の作り出す独歩的な強さに視聴者たちは熱狂!」全く異なる路線のドラマでありながらヒロインに共通する魅力がこの秋視聴者を虜にしていますね〜♪


✳︎写真はMBC,JTBCより記事はsportschosun.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«